GONsanの“気まぐれ独り言”


GONsanがこよなく愛します芦田川には、こんなおばけフナが生息しております(^.-)☆

福山市及び周辺のイベント

大空と大地のカーニバル2018(^.-)☆(1)

01-720
02-720
03-720
04-720
13-720-555

 中国新聞sanの、こんな朝刊記事に誘われて12月02日は、笠岡ふれあい空港で開催の『大空と大地のカーニバル2018』に出掛ける事となりました(^.-)☆
 確か昨年も出掛けたような気も致しますけど、また、この日の様子を画像でご案内致します(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

11/18(日)は応援も兼ねまして「鞆の浦駅伝大会」の観戦でした(^.-)☆(3)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
03-720-555

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

11/18(日)は応援も兼ねまして「鞆の浦駅伝大会」の観戦でした(^.-)☆(2)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
02-720-555

 トップ集団が通過して行きますと、次から次に各チームの選手の皆様が…
 竹ヶ端陸上競技場をスタートしまして、ここまで何キロありますのでしょう?多分、1.4~1.5km程度だと思うのですけど、既にかなりキツそうなお顔の選手もチラホラ。
 日頃の練習不足なのかも分かりませんねぇ~

 とは言いましても、マラソンとは違いまして駅伝はチームワークで戦いますから、責任も伴いますしさぞキツい事でしょうネ(^.-)☆
 それに、マイペースで走る訳にもいきませんし…
 それにしましてもトップ集団で通過して行きました、あのチビッコの女の子。改めて『凄いなぁ~』と感じます。
 後続に、まだこんなにチームがおられますのですから(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

11/18(日)は応援も兼ねまして「鞆の浦駅伝大会」の観戦でした(^.-)☆(1)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
01-720-555

 11/18(日)は「鞆の浦駅伝大会」。今回もまた、応援を兼ねまして、水呑町と田尻町の境界付近の佐須良池脇の県道での観戦となりました(^.-)☆
 出掛ける前に畑の一角に植えています皇帝ダリアを数枚パチリ。毎年、温かくなります4月頃から成長を始め、11月に入りまして花を咲かせ12月下旬に散ってしまいます皇帝ダリア。
 楽しめます期間は決して長くはありませんけど、それなりに楽しめます皇帝ダリア。
 毎年、台風がヤッて来ますと倒れましてその都度補修を強いられますけど、今年は台風の影響がありませんで、まっすぐ伸びてくれました(^_^)v

 一服しながらの皇帝ダリア鑑賞で、時間を見ますとA.M.8:45。竹ヶ端陸上競技場をA.M.9:00のスタートですから、そろそろ出掛けませんと…
 我が家を出まして佐須良池に到着しますと、まだ多少時間がありましたから、暫しゴルフを練習しておられます方々を眺めておりました。
 A.M.9:05となりましても、まだトップ集団の姿が見えませんから、佐須良池周辺を眺望です。

 そうしておりましたら、A.M.9:09にトップ集団の皆様が(^.-)☆
 トップ集団は4名で構成。その中に、小学生のチビッコがひときわ眼を引きました(^.-)☆
 大人に混じってトップ集団の一員ですから感心してしまいます。ユニフォーム姿から、普段はサッカーでもしておられますのでしょうか…

 この地点から上り坂で走りはキツいのでしょうけど、登り切りますと田尻町。そこから下りで暫く行きますと、ローソン辺りが第一中継所なのだと思います。
 最後までこの調子で走りきって貰いたいですネ(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

2018年「水呑学区あれあい文化祭」(^.-)☆(12)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
03-720-555

 数々の作品を拝見致しまして、毎回そぅなんですけど感心します作品も多々ありました。
 皆さん、大変お上手です(^_^)v
 いぃご趣味をお持ちですから、本当に羨ましさを感じながらの鑑賞となりました(^.-)☆

 ソロソロ退散しなくては…と、時間を確認しますと、P.M.0:15。
 嫁さんはこの会場のどちらかにいるのでしょうから、我が家に帰りましてもGONsan独り。昼食の方は、この会場のテントで何か食べて帰る事に致します。
 「ふれあい文化祭2018」のフィナーレは『お楽しみ抽選会』ですけど、その時間までとてもおれません。退散です。

 お楽しみ抽選会の抽選券は、GONsanも名前を記入し提出してはおりますけど、多分、当たりませんでしょうネ(^-^)
 とにかく退散です(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

2018年「水呑学区あれあい文化祭」(^.-)☆(11)

01-720
02-720
03-720
04-720
02-720-555

 体育館内には、皆様の力作が並んでおりまして、それなりに見応えがありました(^_^)v
 嫁さんの作品も並んでおりましたから、暫し注視(^.-)☆
 ですが、何にも言っておりませんでしたから、危うく見落とすところでありました。
 たまたま覗き込みまして、お名前を確認しましたら嫁さんでしたから、少しビックリ(^-^)本当に見落とすところでありました(^-^;

 書道にしても絵画にしましても、こんなに描けますと楽しいでしょうねぇ~
 GONsanなんぞは、こうしたセンスは全く持ち合わせておりませんから、ただただ感心しますのみ。と同時に、羨ましさも生じます(^.-)☆

 皆さん、イィご趣味をお持ちですネ(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

2018年「水呑学区あれあい文化祭」(^.-)☆(10)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
02-720-555

 浜貝塚での説明を聴き終えますと、次は「札場跡」「大法界石」に到着です。
 ここでもまた、岩田sanから詳しいお話が…依然として、大変話し上手な岩田さんであります。
 史跡巡りは、一応、この「大法界石」でオシマイです(^.-)☆

 ここからは、スタート地点の井上記念館に戻りまして、ここで解散。スタート時とは一変し結構賑わっておりました。
 時間を確認しますと、A.M.11:46でしたから、約2時間弱の今回の史跡巡りとなりました。
 それでは今から、水呑小学校校庭に行ってみたいと思います。
 ステージでは歌謡ショーが開催です。

 どなたか存知あげませんのでプログラムを確認しますと『Singer Oto』sanでありました(^_^)v
 『Singer Oto』sanと言われましても、一層、存知あげません。早速、WEB上で検索です。すると、こんな記載が…

 ◆Singer Oto (@oto.nyanko)

 広島県出身。4歳からクラシックピアノ、10歳からフルートを始める。現在福山市を拠点に歌手となる。J-pop、アニソン、歌謡曲、よさこいなど幅広いジャンルを歌う。
 2017.7/29♪1stMCタカラモノ発売2018.2.11♪2ndMCDance on the Beach発売

 ふ~ん、Singer Oto san は福山市のご出身なのでしょうか…
 暫し拝聴の後、今度は体育館内に展示の作品展を拝見しますことに。

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

2018年「水呑学区あれあい文化祭」(^.-)☆(9)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
01-720-555

 豊年橋の次は、一つ上手に存在します安政橋に到着です。創設は「安政元年」ですから「豊年橋」より1年前となりますネ(^.-)☆
 豊年橋の方が古いのかと思っておりましたら、安政橋の方が古いようです。知りませんでした(^-^;
 当時は、この橋が架けられまして豊年橋同様に、地域の皆様にとられましては、大変便利になったものと思います。

 安政橋の一つ上手には、今年、また一つ橋が架かりました。出来たばかりですけど、これは現代人のGONsan達が多少便利となりました。

 次は、水呑郵便局跡。
 そぅでしたネ、ここには、GONsanが小学生時代には郵便局が存在しました。次第に記憶から消えつつありますけど、う~ん、郵便局がありましたねぇ~
 そして、スグ近くに『浜貝塚』が。
 WEB上で「浜貝塚」を検索致しますと、こんな記載が…

 ◆水呑町の洗谷・浜貝塚(縄文早期の可能性はあるか?)

 ①貝塚の説明看板新設計画

 私が住んでいる福山市水呑町には、縄文貝塚遺跡の洗谷貝塚と浜貝塚がある。浜貝塚の東側は現在住宅地となり海から遠ざかっているが、江戸時代までは瀬戸内海と接する海岸線に立地していた。
 浜兩貝塚は昭和八年七月、水呑小学校の橘高武夫先生によって同一時期に発見された。最初の発掘調査は同月の三十日と三十一日、浜貝塚が同日に実施された珍しい貝塚である。
 発掘の成果は、浜貝塚から出土した土器が縄文後期と晩期が多かったことから縄文後期の貝塚と認定されてきた。貝塚の発見が他の遺跡と比較して遅かったためか、話題となる新発見や特徴も見当たらず、文化遺産としての評価が低かったためか史跡としての指定も行われず、説明看板も設置されるに至らなかった。
 説明看板の無いことを打開しようと、水呑町の民俗保存部会では本年度に看板の予算を計上し秋の文化祭までに完成させるよう計画された。そうした経緯から私に対して、貝塚関係記録の収集と分散遺物の調査並びに資料作製の支援要請があった。

 ②浜貝塚の縄文土器鑑定

 平成二十一年六月二十七日・二十八日の両日、東広島市の廣島大学構内文学研究棟において、「中四国縄文研究会二十周年記念大会。第二回西日本縄文文化研究会・環瀬戸内地域の打製石器石材利用」が、中四国縄文研究会。関西縄文文化研究会・九州縄文研究会によって合同開催された。
 大会の準備を進められたのは、洗谷貝塚の「集積遺構」から、中・四国地方の縄文後期の石器製作技術を解明され、洗谷型剥片剥離技術を学界に発表された廣島大学の竹広文明教授である。日本を代表される縄文文化研究の大家の集まりなので、私も大会に参加し浜貝塚の縄文土器の鑑定を行って頂けたら好都合と、願望を秘め竹広教授には無理は承知で大会に参加させていただいた。
 大会二日目の二十八日午後、第二部の合同討論シンポジューム「環瀬戸内地域の打製石器石材利用をめぐって」が開催されシンポジュームの司会を、京都大学の千葉豊教授と小南裕一教授が行われた。
 大会終了後同会場で、私が持参した土器の鑑定を司会された千葉教授にお願いしたところ快く引受けて頂いた。鑑定の結果は縄文時代後期・晩期の土器以外に、「縄文時代前期の磯の森式土器剥片十一個と、縄文時代中期の里木式土器剥片三個」があると鑑定していただいた。私が内心想定していた通り、浜貝塚は約六千年も以前から縄文人が定住していたことが明らかになった。
 浜貝塚の中心部は、江戸時代から鞆福山街道となっていたらしく、周辺地は宅地変更が早くから行われると同時に、江戸時代後期になると宏大な新田開発のため貝塚破壊は進行し貝塚の境域は不詳となった。浜貝塚の周辺地においては洗谷貝塚と同様、縄文早期土器の出土の可能性も夢ではなくなった。 

 …と、こんな記載でありまして、水呑のこの地区には約六千年も以前から縄文人が定住していたことが判明とはチョッと感激ですけど、6,000年も昔とはあまりにも大昔過ぎて想像すら出来ません(^-^;
 ですが、何となく感激しますGONsanなのであります(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

2018年「水呑学区あれあい文化祭」(^.-)☆(8)

01-720
02-720
03-720
04-72006-720
05-720
01-720-555

 鉄橋跡を去りますと、次は中村町内会の集会所横の「豊年橋」に到着です(^.-)☆
 豊年橋は、安政2年の大豊作を祝って創られ「豊年橋」と命名されましたとか…でも、安政2年と言われましても西暦でなくてはよく分かりません(^-^;
 西暦では、安政2年は1855年のようですネ。と言う事は、確かに、今から163年も昔となりますねぇ~

 当時は、この橋が創られますまでは、水呑川を渡りますのに「うつみやストア」sanまで大廻りしなくてはなりませんから、豊年橋の新設は随分便利に感じられたものと思います。
 今では小さな橋としか思えませんけど、当時は大変便利で住民の皆様には有難い存在でしたのでしょうねぇ~
 近いうちに、道路拡幅により橋も架け替えられると聴いていますけど、いつになりますのでしょうネ…

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

2018年「水呑学区あれあい文化祭」(^.-)☆(7)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
01-720-555

 今回の史跡巡りでご案内頂きましたのは、鍛冶屋町内会の岩田san。仲々ご説明・話し方がお上手です。
 どのようにしてこんな話法を身に付けられましたのか、機会がありましたらお尋ねしよう…と思っていましたけど、う~ん、残念ながらそんな機会はありませんでしたネ。
 鍛冶屋公園と「南新田唐樋門の石」の説明が終わりますと、水呑川土手沿いを「鞆鉄道の鉄橋跡」へ。
 鞆鉄道は、GONsanが幼稚園児まで走っていましたのですけどねぇ(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

今日から12/25まで「LUXEATER 2018」の開催ですネ(^.-)☆

01-720
02-720
03

 う~ん、今夜から12/25まで「LUXEATER 2018」の開催ですネ(^.-)☆スッカリ忘れておりました。
 これも、気が向きましたら出掛けてみましょうか(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

明日・日曜日は、笠岡の干拓地で航空ショーの開催ですか…

01-720

 これは、今朝の中国新聞の記事ですけど、ふ~ん、明日・日曜日は笠岡ふれあい空港で『大空と大地のカーニバル』の開催ですか…
 明日の天候はどぅなんでしょうねぇ~
 温かそうで気が向きましたら、出掛けてみましょうか…
 ここ数日、勤務の方で疲労気味のGONsanですから、自宅でノンビリと過ごしたい気持ちもあるのですけど…気晴らしに出掛けてみたい気も致しますし…

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

2018年「水呑学区あれあい文化祭」(^.-)☆(6)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
01-720-555

 松尾神社とお別れしますと、次は「大覚堂」に向かいます。日蓮宗の「大覚大僧正」を慕って明治16年に法塔を、そして大正10年にお堂が建立されましたようですネ(^.-)☆
 窓ガラス越しに見えます法塔が仲々ユニークですネ(^-^)/
 大覚堂を後にしますと、鍛冶屋公園と「南新田唐樋門の石」に向かいます。

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

2018年「水呑学区あれあい文化祭」(^.-)☆(5)

01-720

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

2018年「水呑学区あれあい文化祭」(^.-)☆(4)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
02-720-555

 松尾神社にと到着しますと、まずは眼が向きますのが神社に隣接のこのお宅(^.-)☆
 いゃぁ、凄い状況ですねぇ~障子が破れたまま…と言う事は、ひょっとしたら空き家なのかも…

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

2018年「水呑学区あれあい文化祭」(^.-)☆(3)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
14-720
01-720-555

 井上記念館をスタートしますと、まずは「四ツ堂跡」に到着です。
 そして、井出川沿いを下り「刀鍛冶場跡」へ。それから「松尾神社」へと向かいます(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

2018年「水呑学区あれあい文化祭」(^.-)☆(2)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
02-720-555
15-720
14-720

 歴史民俗資料保存会sanのガイドで、いよいよ『史跡巡り』がスタートです(^.-)☆
 集合場所が「井上記念館」ですから、まずは、この「井上記念館」の歴史から。『井上利八翁』は仲々の人物でしたようですネ(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

2018年「水呑学区あれあい文化祭」(^.-)☆(1)

01-720
02-720
03-720
01-900-555

 11/3(土)~11/4(日)の2日間は、『2018年水呑学区ふれあい文化祭』の開催でありました(^.-)☆
 で、GONsanはいつものように「史跡巡り」に参加となりました。
 史跡巡り参加者は、井上記念館にA.M.9:50に集合ですから、我が家を出まして水呑小学校に向かいましたのがA.M.9:45でありました。

 丁度、定刻・9:50に井上記念館に到着しましたけど、史跡巡りスタートはA.M.10:00。
 まだ暫く時間が有りますので、歴史民俗資料保存会sanが、先月の水呑八幡神社秋季例祭の写真を掲示しておられましたので、暫し拝見しながらのスタート時間待ちとなりました(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

第3回竹ヶ端運動公園ふれあいウォーキングin鞆の浦(18)

02-720
03-720
01-900-555

 水呑川沿いの紅葉のサクラ並木に眼を向けながら我が家近くまで戻って来まして、何気なく土手下に眼を移しますと、いつも気になりますのがこのお宅。
 何年か前に更地でしたこの土地にセカンドハウス的な住居を建てられ、以降は庭を整備しておられました。
 随分凝っておられまして、当初は、風流な方がお住まいなのだろうなぁ~と、こんな感じで時々画像に撮らせて頂いておりました(^-^)

 が、最近、眼を向けます度に何となく気になりまして…
 凝った造りの庭なのに、よくよく拝見しますと、ここ最近はあまり手入れもしておられませんように見えまして…
 どちらか別な場所にお住まいで、この住居にはあまり訪れておられないのだろうか…
 体調でも崩されて入院でもしておられるのだろぅか…
 と、色々勝手に想像していますけど、どぅされましたのでしょうネ…我が家の比較的近くなのではありますけど、町内会の班が異なりますので詳細は分かりません。
 お元気にお過ごしでしたら宜しいのですけど…

 気になりながらもこの場所を通り過ぎますと、今度はコキア(ほうき草)の紅葉が眼を引きました(^.-)☆
 鮮やかなピンク色ですから、ボケッと歩いておりましても眼が向きます(^_^)v

 我が家にと戻って来まして、戴いたお土産を確認しておりますと、「完歩証」も入っておりました。
 今回は初めて参加のGONsanでしたけど、来年も開催がありましたら、次回は嫁さんと参加してみたいと思います(^-^)//"
 それなりに楽しい鞆までのウォーキングでありました(^-^)/

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

第3回竹ヶ端運動公園ふれあいウォーキングin鞆の浦(17)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
02-720-555

 浦歴史民俗資料館から出て来ますと、ソロソロ鞆の町から退散です。鞆鉄バスセンター方向に歩いて行きますと、坂本龍馬の隠れ部屋でありました桝屋清右衛門宅の前には5~6名の観光客の皆様が(^.-)☆

 ◆鞆の浦の観光スポット
 龍馬の隠れ部屋・桝屋清右衛門宅

 1867(慶応3)年4月23日夜、坂本龍馬ら海援隊士が乗った「いろは丸」と紀州藩の「明光丸」とが岡山県六島沖で衝突し、「いろは丸」が沈没するという事件が起きました。この『いろは丸事件』の際、鞆港を訪れた龍馬らが宿泊したのが『桝屋清右衛門宅』。当時、廻船問屋を営んでいた桝屋は土佐藩や薩摩藩、大洲藩などとも取引があったと思われ、それらの縁でいろは丸救出に関わったのです。伝説的な龍馬の隠れ部屋が、今では一般に公開されています。

 ◆朝鮮通信使にも利用された鞆の津の代表的町家

 1764(宝暦14)年、11次朝鮮通信使が鞆を訪れた際に、対馬藩御船奉公輿添役や買物方三使附通詞が、この『桝屋清右衛門宅』に宿泊したと記録されています。当時の鞆の津は海運業で隆盛を極めていて、歓迎提灯の明かりで夜でも昼のようだったといいます。

 ◆商家の粋な見栄っ張り --- 前流れを長くして威容を示す

 「桝屋清右衛門宅」の屋根に注目。外観の側面から見るとよくわかるのですが、屋根の前側(前流れ)を伸ばして、正面から見たときに実際よりも建物を大きく見せかけています。こういった手法は鞆では19世紀以降に流行。

 商家の見栄っ張りな気風がよく現れています。大棟を後方にずらし大きく見せる商家の知恵ですね。

 帰路は、鞆鉄バス利用です。
 降車は我が家近くのバス停より一つ前の「福山高校前バス停」で下車し、ここからはまたノンビリと散策を兼ねましての歩行となりました。
 水呑川沿いの町内の集会所裏の桜並木まで戻って来ますと、予期しました通りサクラの紅葉が大変キレイでありました(^_^)v
 実は、この景観を画像に納めたくてバス停は一つ前となりました。

 春も、そして秋も、楽しめます水呑川沿いの桜並木…大変キレイな紅葉でありました(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

第3回竹ヶ端運動公園ふれあいウォーキングin鞆の浦(16)

01-721
01-722
01-720
01-721-555

 浦歴史民俗資料館からの眺望に暫し眼を止めましてから、館内に入ってみます事に。幸いにこの日は「入館無料日」でありました。ラッキー\(^o^)/

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

第3回竹ヶ端運動公園ふれあいウォーキングin鞆の浦(15)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
01-720-555

 医王寺のご本尊は「木造薬師如来立像」。これは広島県の重要文化財にも指定されています。6年に一度しかご開帳されない、ありがたいご本尊です。
 山門には二体の金剛力士像が。なんとなく愛嬌を感じるお仁王さまが出迎えてくれます。
 医王寺とお別れしますと、帰路は、この山門をくぐり平賀源内生祠方向へ。

 ◆平賀源内生祠

 平賀源内は本草学を志し、薬草・動物・鉱物を研究しました。また、「風来山人」、「天竺浪人」と号し、戯作者として多くの作品を書き、そして俳諧者でもありました。
 さらに、西洋画を指南したり、緑、紫、黄の彩色あでやかな源内焼きも考案しました。
 1752(宝暦2)年、源内は長崎に遊学して蘭学の諸技術を学び、翌年、故郷の讃岐への帰途、鞆の津の溝川家所有地で陶土を発見し、陶器造りを伝授しました。
 源内焼きはオランダ製の釉薬を使ったといわれています。溝川家では、陶器造りには手をつけず、鞆の津の伝統産業である鍛冶の「ホクボ」(火床)や壁土の原料として、その陶土を販売しました。平賀源内生祠の周辺には、今でも多量の土を採取した跡があります。

 平賀源内生祠は、美麗な鞆港を見下ろせる医王寺参道の途中にあります。
 割石を二つ重ねた石があり、3個の丸石を積み重ねた石塔と石造卒塔婆がたっています。1940(昭和1)年に広島県史跡に指定されました。
 卒塔婆の正面には「南無妙法蓮華経平賀源内神儀」、右側には「慶応四戊辰七月廿八日溝川栄介茂助利三郎立之」と刻しています。
 三重の石塔は三宝荒神といって、「土の神、かまどの神、平賀源内神」を祀ったものです。源内は自分の生前中に神として祀る(生祠)ように言い残したので、源内が寄寓していた溝川家は、1764(宝暦14)年に三宝荒神を祀りました。

 医王寺入り口まで降りて来ますと、次は福山市鞆の浦歴史民俗資料館(鞆城跡)へ(^-^)

 ◆福山市鞆の浦歴史民俗資料館(鞆城跡)

 『福山市鞆の浦歴史民俗資料館』は、福山市制70周年を記念して鞆城跡の高台に建設されました。館内では、歴史資料やお祭りなどの民俗資料を常設展示。特別展や企画展なども盛んに開かれています。また、「潮待ちからくり劇場」など、遊びながら“潮の干満”について学べたり、実際に使われていた古い漁船が展示されていたり、さらには観光鯛網や鞆・町並ひな祭りといった季節のイベントや鞆の浦名物・保命酒についてなど、鞆の浦ならではの歴史に触れることができます。

 ・かつての姿を偲ばせる、鞆城の石垣

 鞆の浦歴史民俗資料館に上る途中で見られる石垣は、掘り出された鞆城時代の石材を使って復元されたものです。そのほかにも、斜面の草むらの中などに、当時を偲ばせる石垣の残骸が転がっていたりします。また、資料館前の広場からは、鞆湾が南に見渡せます。城よりの眺望、絶景です。

 ・宮城道雄は、今も鞆の浦から「春の海」を眺めている

 鞆の浦民俗資料館の前庭には、作曲家・箏曲家として名高い宮城道雄の像があります。1929年に発表した「春の海」で世界的にも評価された宮城道雄ですが、この曲は、父親の故郷であり、自身が幼少期を過ごした鞆の浦を思って創作したと言われています。宮城道雄は8歳で失明しており、光を失う以前に見た鞆の浦の海が、永遠の原風景として心に刻み込まれていたのでしょう。

 ・鞆城

 鞆城(ともじょう)は、備後国鞆(現在の広島県福山市鞆町後地)にあった日本の城である。

 ・概略

 鞆は古代から潮待ちの港として栄え、軍事的にも枢要の地であった。そのため南北朝時代には港湾施設の近くに大可島城が築かれていたが、市街部に城は存在しなかった。なお、建武3年(1336年)には多々良浜の戦いに勝利した足利尊氏が京に上る途中、この地で京の光厳天皇より新田義貞追討の院宣を受領しており、足利氏にとって縁起の良い土地であった。

 鞆城の前身となるのが天文22年(1553年)頃に毛利元就の命により備後地方の豪族である渡辺氏が市街中心部の丘陵に築いた「鞆要害」である。鞆要害は尼子氏への抑えとして築かれたもので、その規模・構造はよく分っていないが、城域は発掘調査の結果などから概ね鞆の浦歴史民俗資料館一帯であったと推定されている。天正4年(1576年)には鞆要害に京都を追われた足利義昭が滞在し、毛利氏の庇護の下で「鞆幕府」とされた。このため鞆には足利氏の歴代の近臣である伊勢氏・上野氏・大館氏他多数の名門武家が集ったといわれる。
 安土桃山時代になると福島正則が鞆要害の整備を始め、「鞆城」と呼ばれるようになった。鞆城は丘陵部の本丸を中心に二の丸、三の丸が囲み、その城域は、南は鞆港、東は福禅寺、北は沼名前神社の参道まで達する大規模なものであった。この時、3層3階の天守も建てられたといわれている。築城は慶長14年(1609年)まで続けられたが、あまりに巨大な城郭のため徳川家康の嫌疑がかかり廃城とされ、福島氏の移封後は鞆奉行所が置かれた。

 ・歴史

 鞆城築城以前には鞆市街に城はなく、南北朝時代には鞆の津(現在の鞆港)に隣接する島に築かれた大可島城がその前身といえる役割を果たしていた。康永元年(1342年)に燧灘で勃発した合戦では、鞆も戦場(鞆合戦)となり、大可島城に篭城していた南朝方の将兵達は北朝方の攻撃により全滅したという。また観応の擾乱では貞和5年(1349年)に足利直義派の足利直冬が中国探題としてこの城に滞在したが、幕府の討伐軍に攻められ九州に敗走した。
 戦国時代になると備後地方は大内氏の勢力下となり、鞆の浦は天文13年(1544年)に海賊(村上水軍)の村上吉充に与えられた。鞆には吉充の弟である村上亮康が派遣され本拠は大可島城に置かれた。このため亮康は後に「鞆殿」と呼ばれた。

 元亀4年(1573年)に織田信長によって京都を追われていた室町幕府最後の将軍足利義昭が毛利氏を頼って天正4年(1576年)から鞆に滞在しており(鞆幕府)、後に鞆城となる鞆要害が築かれ義昭の居館があったとされている。なお、義昭の警護は一乗山城の渡辺元と大可島城の村上亮康があたっていたという。
 天正6年(1578年)になると毛利氏は信長と対峙するため鞆を本陣に定め、信長方の尼子氏を滅ぼした際には山中幸盛の首級が鞆に運ばれ義昭と毛利輝元が共に実見を行ったと伝えられる。義昭は6年間鞆に留まり、天正10年(1582年)に津之郷(現在の福山市津之郷町)へ移ったといわれる。

 慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの後、毛利氏に替わり福島正則が備後国を領有すると城郭「鞆城」として大きく整備されることになった。この様子は慶長12年(1607年)に当地を訪問した朝鮮通信使の使節一行の日記に「山上」に新しく石城を築き、将来防禦(防御)する砦のようだが未完成である」との記述があり、当時まだ建設途上であった様子がうかがえる。城代には重臣の大崎玄蕃が置かれた。築城は慶長14年(1609年)まで9年余り続いていたが、徳川家康が鞆城の存在を知って立腹し、これを恐れた福島正則は築城を中止して完成していた施設も取り壊して家康に謝罪することになった。地元では元和元年(1615年)に発布された一国一城令によって取り壊されたと伝わっている。
 天守などは破却されたが、後述のようにある程度残されていたといわれている。元和5年(1619年)に正則が広島城を幕府に無断で修理したとして、武家諸法度によって改易され、備後国の福島氏の支配は終焉を迎えた。

 鞆城の跡地には西日本の長門毛利氏や筑前黒田氏などの外様大名に対する西国の鎮衛として徳川家康の従兄弟である水野勝成が備後福山10万石の領主として移封され、鞆城三の丸跡には鞆奉行所が置かれた。鞆奉行所には勝成の長男勝重(勝俊)(後の2代藩主)が居住し「鞆殿」と呼ばれた。また勝俊が藩主に就任以後は重臣が鞆奉行として配された。なお、江戸期の歴史書「水野記」の記述によれば、宝永8年(1711年)に大手門と矢倉屋敷が焼失したとあり、江戸時代の中ごろまでは元の鞆城の建築物が存置されていたようである。
 また、一国一城令後に備後国で残されたのは鞆から北東約20kmに位置する神辺城であり、水野勝成も「神辺城主」 として移封されたが、西国の鎮衛の拠点として、一国一城令が徹底されていたこの時期としては異例の新規築城が認められ、元和6年(1620年)に福山城を築城し廃城になった。

 …と、WEB上で検索致しますと、こんな「福山市鞆の浦歴史民俗資料館(鞆城跡)」であります(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

第3回竹ヶ端運動公園ふれあいウォーキングin鞆の浦(14)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
03-720-555

 それでは、そろそろ医王寺を退散です。最後に、今一度、常夜灯方向をパチリです(^.-)☆

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

第3回竹ヶ端運動公園ふれあいウォーキングin鞆の浦(11)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
09-720
01-720-555

 圓福寺とお別れ致しますと、常夜灯方向へ(^.-)☆

 途中、雁木の復元工事現場前を通過です。ふ~ん、工事はとっくに終わっているのかと思いましたら、まだ続行中なのですねぇ~予算の関係で段階を追って工事進捗と言ったところなのでしょうか…
 常夜灯の前には、決して多くはありませんけど、それなりに観光客の方々が…

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

第3回竹ヶ端運動公園ふれあいウォーキングin鞆の浦(10)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
01-720-555

 圓福寺の裏手からの仙酔島・弁天島の景観は、何度、眼にしましてもイィものであります(^_^)v
 この日もまたパチリとなりました(^.-)☆

 境内から、今度は医王寺・常夜灯方向を眺望です。この景観も見慣れてはおりますけど、イィですねぇ~今から、常夜灯に向かってみたいと思います(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

第3回竹ヶ端運動公園ふれあいウォーキングin鞆の浦(9)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
01-720-555
07-720

 ゴールに到着しますと受付が(^.-)☆
 ここではまた、お土産を(^_^)v
 そしておまけに、お楽しみクジ引きが\(^o^)/

 何か当たりましたけど、何でしたか…確か、酒粕で作りましたお菓子でしたような(^-^)色々貰いましたから、覚えておりません(^-^;
 後で確認致しましたら、完歩証も入っておりました。

 ウォーキングがおわりますと、せっかく鞆を訪れましたから、今度は散策開始です。まずは、少しお腹が空きましたから、面前の弁天島を眺めながら給水ポイントで戴きましたパンでも囓ります事に。
 いつもでしたら、渡船乗り場に停泊しました「平成いろは丸」を眺める事が出来ますのですけど、不運にも丁度、仙酔島に渡っていますから不在です。残念(^-^;
 パンを食べ終えますと、それでは早速、散策開始です。
 とりあえず、圓福寺に(大可島城跡)向かってみましょうか…

 ◆圓福寺

 圓福寺の始まりは室町時代に遡ります。当時の圓福寺は「釈迦堂」といって、現在の沼名前神社の南、小松寺の東に位置していました。圓福寺と号したのは、1610年末頃(慶長年間末頃)、住職の快音によって大可島城の跡地に移転した後のことです。
 美しい瀬戸内の島々や四国の讃岐山脈が眺望できる景観を有し、江戸時代には朝鮮通信使が来日した際の上官の常宿とされました。
 「山号扁額」は1711(正徳元)年の朝鮮通信使の写字官・花菴が大書した圓福寺の山号を木片扁額にしたものです。幕末のいろは丸沈没事件の談判では紀州藩の宿舎として使用されました。

 大可島は1600(慶長5)年頃に鞆城が築かれたときに陸続きとなるまでは独立した島でした。紀伊水道と豊後水道からの潮流が一目で判る当地は海上交通の要所とされ、南北朝時代に大可島城が築城されました。
 1342(康永元)年、城主の桑原重信一族が足利氏に敗北した後は村上水軍の手に渡り、戦国時代には毛利元就の水軍の軍事拠点になりました。桑原一族の墓所は戦乱の名残を今に留めています。

 ◇過ぎ去りし日の兵たちは海上に何を夢見たのだろうか

 --- 儒学者や風流人が愛した座敷、夾明楼(きょうめいろう) ---

 圓福寺の座敷からの眺めは格別です。江戸時代後期、この景色に感嘆した1人の儒者が座敷を夾明楼(きょうめいろう)と命名しました。
 『日本外史』の著者・頼山陽の叔父である頼杏坪です。頼杏坪は農民の利益になるような政治を目指して藩に進言し、役人の不正を正すなど目覚ましい功績を上げた人物でした。彼が愛した夾明楼は、江戸時代を通して漢詩会や歌会、句会が催され、文化人の感興をそそりました。

 ◆夾明楼(きょうめいろう)

 大可島城跡は、毛利水軍(元就時代)の軍事拠点であり、現在でも当時の「舟隠場」が残されています。
 同史跡内にあります円福寺の座敷「夾明楼」(きょうめいろう)は有料で公開されており、紀伊水道と豊後水道からの潮流が一目で判るなど、水軍根拠地の意味を確認できます。
 慶長年間(1600)年頃陸続きとなり、現在ある円福寺は真言宗でこの時代に建てられました。
 円福寺の夾明楼という呼び名は頼山陽の叔父 頼杏坪が美しい景色に感動して銘々したもの。 江戸時代よりここで句会が盛んに開かれています。

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

第3回竹ヶ端運動公園ふれあいウォーキングin鞆の浦(8)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
01-720-555

 左手に弁天島を、そして釣り人の皆様を眺めながらゴール地点に到着のGONsanです(^.-)☆
 福山市営渡船乗り場がゴールでありました(^_^)v

 GONsanばかりでなく参加者の皆様の大半が熟知されました竹ヶ端運動公園~鞆の浦間のウォーキングコースでありましたけど、車で走行の見慣れました景観とはまた異なりまして、歩きながらの景観は実に新鮮(^_^)v
 それなりに楽しいウォーキングでありました(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

第3回竹ヶ端運動公園ふれあいウォーキングin鞆の浦(7)

01-720
02-720
03-720
04-720
01-720-555

 鞆の街中にと入って来、弁天島も間近に迫って来まして、いよいよゴールも目前です(^.-)☆
 眼に入ります景観を凡て画像に…とカメラを構えますと、実にタイムリーにボンネットバスが正面方向から\(^o^)/
 う~ん、久し振りにボンネットバスと遭遇です(^_^)v

 このボンネットバスは、鞆の浦~福山駅間をノンストップで直行ですから、あまり乗客はおられないかも…と視線を向けますと、案の定、お独りのみ乗客のお姿が…
 GONsanのご幼少時代に見慣れた鞆鉄のバス。色、スタイル…実に懐かしく感じます。
 とにかく、タイミング良く久し振りにボンネットバスを捉えます事が出来まして、実にラッキーでありました(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

第3回竹ヶ端運動公園ふれあいウォーキングin鞆の浦(6)

01-720
02-720
03-720
04-720
01-720-555

 釣りを楽しんでおられます方々を眺めながらの歩行続行。ノンビリとしてイィ景観です(^.-)☆
 でも、何が釣れますのでしょうねぇ~

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

第3回竹ヶ端運動公園ふれあいウォーキングin鞆の浦(5)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
01-720-555

 水呑から田尻町にと入り、最初のコンビニ「LAWSON」の駐車場の一角に、まず最初の給水ポイントが(^.-)☆
 ここでは、飲み物とお土産が(^_^)v
 ふ~ん、鞆のゴールまでの何ヶ所かにこぅした給水ポイントが用意され、お土産を戴けますのですねぇ~
 この「ふれあいウォーキング」の参加費、1,200円は結構高いなと感じていたのですけど、飲み物・お土産を戴くのですから参加費の高さも納得のGONsanなのでありました(^-^)

 給水ポイントを過ぎ暫く進みますと、海岸沿いに。
 穏やかな瀬戸内の景観がまた実に新鮮です。通常は車で走行し車窓から臨みます瀬戸の海。ノンビリと歩きながらの景観はまた格別です。
 前方には、仙酔島・弁天島も視界に入ります。天気は良いし、穏やかな瀬戸の海…こんな景観にカメラを向けます方は、GONsanばかりではありませんでしたネ(^.-)☆

 鞆の鉄工団地にヤッて来ますと、ここでも給水ポイントが\(^o^)/
 またまたお土産をゲットです。
 ここからは鉄工団地の中を抜け、また海岸沿いに。護岸沿いに鞆の浦にと進行です(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

10/21(日)は「水呑学区民運動会」の開催でした(^.-)☆(13)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
03-720-555

 最後の競技の「男子年齢別リレー」では、残念ながら中村町内は最下位でありましたけど、選手の皆様、大変検討されました。誠にお疲れ様でございました(^-^)/
 このまま表彰式までおれば良かったのでしょうけど、GONsanはこの辺で退散です。
 後片付けもしませんで退散は気が引けますのですけど、今回の運動会では身体が何故か気怠くて(^-^;

 競技の様子を楽しみながら、この様子を結構画像にも納めましたけど、ズッと立ったままでいますのがしんどくて(^-^;

 …と言う訳で、男子年齢別リレーが終了と同時に退散となりました。ですから、中村町内がAブロックの何位となりましたのかは分かりません。嫁さんは最後までいますのでしょうから、後で確認しようとは思いますが(^-^)
 選手の皆様、そして、運動会のお世話をされました皆様、大変お疲れ様でございました(^-^)//"

 GONsan のホームページ ↓
 日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

第3回竹ヶ端運動公園ふれあいウォーキングin鞆の浦(4)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
02-720-555

 竹ヶ端運動公園を出ますと、まずは県道・福山-鞆線へ。
 我が町内の見慣れた道ですけど、こぅして歩きます機会はありません。それだけに見慣れました景観にも新鮮な気持ちを抱きます。
 歩きながら、周辺の景観を見廻しながら、つぃつぃカメラを向けてしまいます(^.-)☆

 そぅしていますと、いつの間にか皆さんに遅れを(^-^;
 それで追いつく為に少し小走りに(^-^)
 これではウォーキングと言うよりも、ジョギングになってしまいそうですねぇ~
 とにかく、車で走行時のごく普通の当たり前の景観が、実に新鮮にGONsanの眼には入ってしまいます(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

第3回竹ヶ端運動公園ふれあいウォーキングin鞆の浦(3)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
09-720
01-720-555

 開会までの待ち時間を利用しまして水呑川を覗き込みますと、2匹の鯉がノンビリと…付かず離れず適度な距離で(^.-)☆
 暫く陸上競技場周辺の景観に眼を向けておりましたら、「ふれあいウォーキングに参加の皆様、お集まり下さい」と招集です(^-^)

 フィールドに向かいます際に、「今日の参加者は何人ですか?」と受付で尋ねますと、「募集定員が200名で申込者が102名。そして、本日の参加者は82名です…」との事でありました。
 確か、申込時点で参加費を納入しなければなりませんでしたけど、20名の皆様は参加費の返戻は無しですねぇ~
 何かご事情でも生じて参加不能となられましたのかも…

 定刻に、まずは開会式。そして、大会関係者のご挨拶、注意事項と続きます。
 この間に西方の沼南アルプスに眼を向けますと、本日の暑さを予想されますような雲が(^.-)☆
 ご挨拶、諸注意の伝達が終わりますと、柔軟体操です。
 たかが7km程度のウォーキングとは言いましても、GONsanのようなジジィにはどんなアクシデントが生じますか分かりませんので、入念にしておかなくては(^-^)

 それでは今からウォーキングのスタートです。
 時間を確認しますと、A.M.10:19でありました(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

10/21(日)は「水呑学区民運動会」の開催でした(^.-)☆(11)

01-720
02-720
03-720
04-720
02-720-555

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

第3回竹ヶ端運動公園ふれあいウォーキングin鞆の浦(2)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
01-720-555

 墓地から自宅にと戻りますと、まずは朝食。そして暫し朝刊に眼を通しながらノンビリと(^-^)
 ですが、時間はアッと言う間に経過です。
 ハッと時間を確認しますと、既にA.M.9:15でありました。そろそろ竹ヶ端運動公園にと出掛けなくては…と、我が家を出ましたのが9:30。テクテク歩いての運動公園行きとなりました(^.-)☆

 テニスコート横のウォーキングロードにヤッて来ますと、テニスを楽しんでおられます方…散策しておられます方…と、穏やかな温かい日差しの下で、それぞれ祝日を過ごしておられます。
 こんな方々を横目に通り過ぎようとしています際に眼に入りましたのが、ジュウガツザクラ(^_^)v
 決して華やかではありませんけど、それなりに眼を惹きますジュウガツザクラ…
 ゴンchanが存命中には、日曜・祝日には散歩で頻繁に訪れておりました竹ヶ端運動公園なのですけど、ここ最近は、とんとご無沙汰です。
 何となく懐かしい気持ちにも…

 運動公園内の陸上競技場へ到着が、A.M.9:50。
 既に50~60人ばかりの参加者が集まっておられました。
 早速、GONsanも受付を済ませ、10:00まで暫し待機となりました(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
ギャラリー
  • 大空と大地のカーニバル2018(^.-)☆(2)
  • 大空と大地のカーニバル2018(^.-)☆(2)
  • 大空と大地のカーニバル2018(^.-)☆(2)
  • 大空と大地のカーニバル2018(^.-)☆(2)
  • 大空と大地のカーニバル2018(^.-)☆(2)
  • 大空と大地のカーニバル2018(^.-)☆(2)
  • 大空と大地のカーニバル2018(^.-)☆(2)
  • 大空と大地のカーニバル2018(^.-)☆(2)
  • 大空と大地のカーニバル2018(^.-)☆(1)
プロフィール

 ・名前 GONsan
 ・年齢 大人
 ・性別 男子
 ・地域 広島県福山市
 ・星座 牡牛座


GONsan's ホームページ 「日本全国通過旅」


Since '00/04/19   ブログパーツUL5




↓ 何となく笑えます(^.-)☆

















↓ 今は亡きGON子です



  • ライブドアブログ