GONsanの“気まぐれ独り言”


GONsanがこよなく愛します芦田川には、こんなおばけフナが生息しております(^.-)☆

福山市及び周辺のイベント

11/3(日)は、水呑学区ふれあい文化祭の『史跡巡り』に参加でした(^.-)☆(3)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
02-720-555

 葬斂場を後にしますと、次は「諏訪神社 護法大権現」方向へ向かいます。途中、「平谷川」を通り抜け「小山」へ。そして、「諏訪神社 護法大権現」にと到着です。

 ・平谷川
 髭ノ墓山~宮崎山より集落の中部を流れる谷川。上流は水田の用水路、下流は海へ。

 ・小山
 水呑漁協の北方30mにある高さ10mの岩山。頂上付近に恵比須社があった。麓に『二本竹(力士)』の碑あり。

 ・諏訪神社 護法大権現
 祭神:健御名方神(タテミナカタノカミ)、御利益:勝利祈願・商売繁盛
 文久四年(1864)以前、通称「権現さん」と呼ばれている。鏡・木札を御神体とし旧8月17日祭礼。

 ・恵比須社
 諏訪神社の境内、祭神:事代主命(コトシロヌシノミコト)、古代より猟師が豊漁を願い祀る。他にも御利益として海上安全、商売繁盛、子孫繁栄。以前、子山の上にあった。
 明治20年頃建立の地神石碑あり。
 祭礼:旧9月2日 御神体:石

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

11/24(日)は、「水呑学区自主防災訓練」が実施されますようです(^.-)☆

01-720

 これは、本日、町内会の回覧で廻って来ました案内文ですけど、11/24(日)は、「水呑学区自主防災訓練」が実施されますようです(^.-)☆
 昨日の「住民懇談会」の場でも町内会長sanが触れておられましたけど、うん、うん、この件でしたようですネ。当日は、サイレンも鳴るから驚かないようにとも(^-^)
 当日、何にも予定がありませんようでしたら、孫達と向丘中学校まで歩いて避難してみたい気持ちにも。
 特殊車両と記念撮影も出来るようですし、子供用の防火服着用も可能との事ですから、姉の方はどぅか分かりませんけど、弟の方は「行く、行く!!」と即答してくれますような…
 忘れないよう、孫達に声を掛けてみたいと思います(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

11/3(日)は、水呑学区ふれあい文化祭の『史跡巡り』に参加でした(^.-)☆(2)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
02-720-555

 史跡巡りへの参加者は、A.M.9:50に井上記念館に集合です。
 いつものように、9:50少し前に井上記念館に到着で資料を頂きますと、「はい、これで定員いっぱいです…」との事ですから、「んっ!?」のGONsanです。

 で、よくよく聞いてみますと、何でも今回は参加者が多くて、六方学園san提供のバスの乗車定員をオーバーするとの事のようでありました。
 ですが、GONsanの後から未だ数人来ておられます。
 結局、この人数の問題は、どなたかが車を出されます事で、一応、解決(^.-)☆
 でも、珍しいですねぇ~GONsanは、もぅ10年ばかりこの「史跡巡り」に参加しておりますけど、バスの定員を超えます事はありませんでしたような…チョッと意外でありました(^-^)

 今回の史跡巡りは「日の出丘」「竹ヶ端」方面ですから、まずバスは鞆街道を田尻方向に走行し佐須良池脇に停車です。
 ここでは、バスから下車し佐須良池脇で、「山分坂(さんぷんざか)」「大谷新涯」「新立古墳(しんたちこふん)」の説明です(^-^)
 今回は、実際に「新立古墳」を訪れますのかも…と期待していたのですけど、従来通り説明のみで、う~ん、残念(^-^;

 ここからは、またバスに乗車し竹ヶ端へ。
 鞆鉄バスsanの竹ヶ端バス停の駐車場で下車し、次の訪問地は、資料によりますと「法界碑と葬斂場(そうれんば)」でありました。
 WEB上で「葬斂(そうれん)」を検索してみましたら、「葬斂(そうれん):なきがらを棺に納め、ほうむること。また、その儀式。」との記載が…
 要するに、火葬場ではなくて、ここに、今で言う祭典場が有りましたようですネ。
 この「葬斂(そうれん)」の言葉は、GONsanには結構懐かしさも漂い響きます。GONsanが幼少時には「葬儀(そうぎ)」とは言わず「葬斂(そうれん)」と言っておりましたネ。漢字ではこのように書くのですねぇ~意味も分からず使っていたのですネ(^-^)

 とにかく、ここに葬斂場(そうれんば)が存在しましたようです。
 史跡巡りの講師の方が、当時の写真を皆さんに…ふ~ん、昭和初期までは、ここに存在しましたようですネ。
 今まで「史跡巡り」で3~4回訪れています竹ヶ端なんですけど、「葬斂場(そうれんば)」跡地を訪れましたのは、今回が初めてでしたネ(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

11/3(日)は、水呑学区ふれあい文化祭の『史跡巡り』に参加でした(^.-)☆(1)

01
02
03
04
05
06
07
08
09

 11/2(土)~12/3(日)の2日間は「水呑学区あれあい文化祭2019」の開催で、GONsanは今年もまた『水呑の史跡めぐり(日の出丘・竹ヶ端方面)』への参加となりました(^.-)☆

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

ふ~ん、11/17(日)は「第7回鞆の浦駅伝大会」の開催なんですネ(^.-)☆

01-720
02-720

 これは、11/3(日)開催「水呑学区ふれあい文化祭」の『史跡巡り』に参加し竹ヶ端町内を巡っておりまして、その際に、町内会掲示板に眼が止まり撮りましたものなんです(^.-)☆
 ふ~ん、11/17(日)は「第7回鞆の浦駅伝大会」の開催なんですネ(^-^)
 毎回、何にも予定がありませんと、水呑町と田尻町の境界付近の佐須良池脇の県道で、応援を兼ね観戦していますGONsanですけど、11/17(日)は何か予定がありましたような…
 う~ん、何の予定でしたか思い出せませんけど、今回は観戦が不能かも…

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

9/21(土)~9/23(月)「初代藩主・水野勝成公『備後入封400年祭』」(11)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
01-720-555
08-720

 刈谷城盛上げ隊の皆様は、毎回、仲々威勢が良くてお元気ですねぇ\(^o^)/
 見ていて大変楽しいですし、「初代藩主・水野勝成公『備後入封400年祭』」のイベントにはピッタリですネ(^.-)☆

 この方達のステージが終わりますと、次は皆さんお楽しみの「大BINGO大会」であります(^-^)
 うん、うん、観客の皆様もよくご存知ですネ。いつの間にか観客も少し増えました。
 GONsanなんぞは、まだ二つしか穴は開いていないというのに、始まりまして間もなく、早くも「リーチ」そして「ビンゴ」の声が(^.-)☆
 該当者は、まずは同時にお二人。早速、ステージ上で何やら賞品をゲットしておられましたネ(^_^)v

 BINGOゲームは続いて行きまして、次から次に成立者が賞品を手に。最初はステージ上で貰っておられましたけど、以降は傍らのテントで賞品を受領です。
 次第に賞品も残り少なくなって来まして、最後の数名の皆様は賞品が足りませんでジャンケンで決着となりました。結局、GONsanは七つの穴で、リーチさえ成立しませんでしたねぇ~相変わらずクジ運悪く、う~ん、残念(^-^;
 時間を確認しますと、もぅこんな時間、P.M.04:50でありました。
 18:00からは「福山JAZZナイト」ですけど、GONsanはこの辺で退散です。
 天守前広場から福山駅方向に歩いておりましたら、今から福山JAZZナイトをお楽しみの方々なのでしょうか…福山城公園に向かっておられます方達と擦れ違いです(^-^)

 翌日の中国新聞朝刊には、この日の様子が報じられておりました。
 台風17号の接近で、9月22日(日)、23日(月・祝)の「備後入封400年祭」は台風接近に伴い、開催に支障が生じる雨量等が見込まれるため、中止としますとの主催者の発表も…とにかく、8月以降は、福山市の主要なイベントが次々に中止ですから(^-^;
 天候要因でやむを得ませんけど、こぅいぅ事も珍しいですネ(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

9/21(土)~9/23(月)「初代藩主・水野勝成公『備後入封400年祭』」(9)

02-720
03-720
04-720

 挿入の画像は、「山下雅也サクソフォンカルテット with 富永やよい」と「刈谷城盛上げ隊」の皆様です(^.-)☆

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

9/21(土)~9/23(月)「初代藩主・水野勝成公『備後入封400年祭』」(8)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
03-720-555

 深津時代行列が終わりますと、ステージの方は「ばらのまち福山国際音楽祭 カウントダウンコンサート」です。司会を務められますのは広島FMでお馴染みの「大窪シゲキ」「小竹彩花」のお二人です。が、GONsanは、この方々を存知あげません(^-^;

 ◆司会

 ・大窪シゲキさん
 1979年生まれ。大阪府出身。2007年から広島FMの10代応援番組「大窪シゲキの9ジラジ」を担当。日々、若者と語り合い、朝日新聞にも毎週コラムを掲載。2015年には広島県消費者トラブル防止DJ大使にも就任。
 テレビやイベントMCなど、ラジオを飛び出し、様々な場所から小中高大学生や大人を全力で応援中!

 ・小竹彩花さん
 1993年生まれ。広島県出身。2017年から広島FMの10代応援番組「大窪シゲキの9ジラジ」アシスタントDJを担当。現在はラジオを始め、キャラクターショーやリアル脱出ゲームのMC、テレビリポーターなどマルチに活動中!

 …と、こんな方達のようであります。
 演奏されますのは、「山下雅也サクソフォンカルテット with 富永やよい」の皆様です。

 ◆ばらのまち福山国際音楽祭カウントダウンコンサート

 9月21日(土)15:10~16:00
 出演者:山下雅也サクソフォンカルテット with 富永やよい
 サクソフォン四重奏とピアノの演奏をお楽しみください。
 ・山下雅也サクソフォンカルテット with 富永やよい
 ・出演者:山下雅也、加藤瞳、西川祐太、平井千香子、富永やよい

 サクソフォンカルテットのステージが終わりますと、続いて武将隊の皆様が登場です。
 そぅでした…この方達は、福山ばら祭りでもお馴染みの「刈谷城盛上げ隊」の皆様でした(^-^)

 ◆刈谷城盛上げ隊とは
 刈谷城築城480年を記念して平成25年5月、刈谷城復元の機運を盛り上げるために「刈谷城築城盛上げ隊」が結成されました。そして平成28年度より「刈谷城盛上げ隊」と名を改め活動を継続しています。メンバーは初代刈谷城主と江戸時代に刈谷藩で活躍した藩主から構成されています。

 ◆刈谷城について
 天文2年(1533)水野忠政(ただまさ)が「刈谷城」を築城しました。江戸時代になって刈谷藩が設けられると水野勝成が初代藩主となり、明治維新を迎えるまで水野分家、深溝松平家、久松松平家、稲垣家、阿部家、本多家、三浦家、土井家の9家22人の譜代大名が藩主となり、刈谷は村から城下町として発展しました。

 こんなご縁で「刈谷城盛上げ隊」の皆様は福山でもスッカリお馴染みですネ(^_^)v

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

福山市の大きなイベントが、また台風の影響で中止に…

01-720
02-720
03-720

 8月から、福山市の色んなイベントが中止となっておりますけど、福山市の大きなイベントが、また台風の影響で中止に…
 観戦を楽しみにしておりました『せとうち 福山-鞆の浦 トライアスロン2019』が、台風19号接近で中止となりましたようですネ。う~ん、残念(^-^;

 ◆台風概況

 大型で猛烈な台風19号は、9日(水)午後9時現在、小笠原近海にあって、時速15キロで北北西に進んでいます。中心気圧は915ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は75メートルとなっています。
 北上する台風の影響で、10日(木)の小笠原諸島では猛烈なしけとなり、大東島地方でも大しけとなる見込みです。高波に厳重に警戒してください。
 また、台風はその後も北上を続け、非常に強い勢力を保ったまま、12日(土)から13日(日)にかけて西日本から東日本にかなり接近し、上陸するおそれがあります。
 台風の接近に伴って、12日から13日頃にかけて西日本から北日本では大荒れの天気となる見込みです。また、11日の午後からは、台風の接近に伴って南から暖かくて湿った空気が流れ込むため、西日本の太平洋側と東日本では大雨となるところがあるでしょう。
 今後も最新の台風情報に注意してください。

 …と、10/9(水)21:00時点で、こんな状況のようですけど、安全最優先で、下記経緯により大会主催者は中止を決定されましたようであります。

 ◆選手、関係者の皆様へ

 平素より「福山-鞆の浦トライアスロン大会」開催にご支援ご協力いただき、誠にありがとうございます。
 10月12日、13日に開催を予定しておりました第3回大会は、台風19号の影響のため、開催を中止させていただくこととなりました。皆様のご期待に沿うことが出来ず、またご迷惑をお掛けする事となり、大変申し訳ございませんでした。
 開催の中止決定に至った経緯は下記のとおりです。選手及び関係者の安全を考慮した上で最終決定と致しましたので、何卒ご理解の程よろしくお願い致します。

 ①台風19号は、進路を東寄りに取り始め、直撃は避けられる模様ですが、依然として12日は強風域(風速15m以上)に入っております。
 ②12日には、鞆港~小室浜間を船で選手・バイクを輸送する計画でしたが、強風と波浪により、安全に輸送できる見通しが立ちません。すでに、鞆~仙酔島間の市営渡船は土曜日の運休を決めております。
 ③スイム会場となる小室浜は、平時でも潮の流れが速く、風の影響を受けやすい海岸ですが、時化を想定すると繋船桟橋の設置が大きな課題でした。今回は、海岸から40m沖合に桟橋を設置する予定でしたが、桟橋から海岸まで40mの連絡フロートは、波によって破損の危険があると想定されます。
 ④選手は、荒れる海を船で航行し、また下船して海岸まで40mの揺れるフロート上を、バイクを抱えて移動する事になる為、海への転落の危険が伴います。
 ⑤バイクをラックに設置・預託後も管理が難しく、風の影響を受けて転倒破損の危険があります。

 今回もまた、芦田川土手での観戦を楽しみにしていたのですけど、本当に残念。
 それにしましても、今年は福山市内の主要イベントが、台風接近とよく重なります。天候要因で仕方ないのでありますけど、また台風の影響で中止とは、哀しいですねぇ(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

9/21(土)~9/23(月)「初代藩主・水野勝成公『備後入封400年祭』」(7)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
01-720-555

 深津新田開拓の完成を祝い江戸期に始まりました、この「深津時代行列」。
 途中、1971年から30余年の中断が有りはしましたけど、また復活し現在に至っていますとの事。小規模な時代行列ですけど、長い歴史を感じながら楽しく拝見出来ましたネ(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

9/21(土)~9/23(月)「初代藩主・水野勝成公『備後入封400年祭』」(6)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
09-720
04-720-555

 ステージの方は、今から「深津時代行列」で、司会は広島FM放送等でお馴染みの、大窪シゲキsan・小竹彩花sanのお二人。広島FM放送等でお馴染み…とは言いましても、GONsanは全く存知あげないのではありますが(^-^;
 まずは和太鼓からスタートです。和太鼓のステージが終わりますと、大名行列へ…WEB上で「深津時代行列」を検索致しますと、こんな記載が(^.-)☆

 ◆深津時代行列

 大名行列(深津時代行列)は江戸時代の様式を再現したもので、数十人からなる本格的なもの。
 先導や毛槍、籠など全長100mにわたります。同行列は、深津新田開拓の完成を祝い江戸期にはじまったとされています。1971年以降中断しましたが、2003年に住民でつくる深津時代行列保存会により復活しました。
 なかなか珍しい催しです。続ける事の難しさを感じます。

 …と、こんな、長い歴史のあります「深津時代行列」のようですけど、せっかくスグ近くで拝見できます良い機会だと言いますのに、観客が決して多くありませんのが少々残念。
 台風17号の接近で、出掛けますのを躊躇されました方とか、『備後入封400年祭』が中止と思われました方…と、色んな要因がありますのでしょうけど、とにかく観客が少なくて(^-^;
 例え中止となりましても出掛けてみよう…こんなGONsanのようなヒマ人は、あまりおられませんのかも(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

9/21(土)~9/23(月)「初代藩主・水野勝成公『備後入封400年祭』」(5)

01-720
02-720

 これは、9/21(土)の中国新聞朝刊記事なんですけど、「お城ローラ」が「水野勝成公入封400年祭」でデビューとの事でありましたけど、そぅ言えば、この日のステージでは見掛けませんでしたような…
 ステージには上がられて、GONsanが天守前広場に戻りました時には、既に退散されましたのかも…
 画像に納めようと思っていましたのに、う~ん、残念でしたネ(^-^)/

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

9/21(土)~9/23(月)「初代藩主・水野勝成公『備後入封400年祭』」(4)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
09-720
03-720-555

 子供達には楽しい「ゆるキャラ」の皆さん。子供達ばかりでなくGONsanも癒やされます(^.-)☆
 14:30~の「深津時代行列」には、まだ暫く時間が有りますので、また福山城公園内を散策してみましょうか…
 福山駅北口の石垣脇に眼を向けてみましたら、岡崎武将隊の皆様?…備後福山武将隊の皆様?…何と言う武将隊か分かりませんけど人垣が(^-^)
 この様子をパチリ。そして、散策続行となりましたGONsanです(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

9/21(土)~9/23(月)「初代藩主・水野勝成公『備後入封400年祭』」(3)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
09-720
02-720-555

 福寿会館を後にし天守前広場にと戻って来ますと、「備後圏域PRステージ」が丁度、終わりましたのでしょうねぇ~ステージ横から、ゆるキャラの皆さんが下りておられます。
 う~ん、ナイスタイミング\(^o^)/

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

9/21(土)~9/23(月)「初代藩主・水野勝成公『備後入封400年祭』」(2)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
09-720
02-720-555

 水野勝成公像が存在の広場から北側に眼を向けますと、竹藪の中に「福寿会館」の建物が(^-^)
 そぅですネ、久しく福寿会館を訪れていませんし時間的にも余裕が有りますから、久し振りに福寿会館を散策してみましょうか(^.-)☆
 先日・9/7(土)には、『備陽史探訪の会』主催の「クイズで巡る福山城」に参加しましたけど、その際にクイズの問いに「福寿会館」がありました。

 ★問5
 福寿会館は誰の邸宅として建てられたでしょうか?
 ①森下博--森下仁丹の創設者で広告王と呼ばれる ②林半助--鞆の実業家、鞆軽便鉄道初代社長 ③武田五一--関西建築界の父と呼ばれ、問3の台座は氏の作品 ④安部和助--鰹節王と呼ばれた削り節の考案者
 正解:④

 …と、こんな問題でありました。

 ◆福寿会館

 --- 出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』---

 福寿会館(ふくじゅかいかん)は、広島県福山市丸之内1丁目の福山城公園内にある建物で昭和初期に個人の別荘として建てられ福山市の市史編纂室及び貸会議室や貸茶室として使われている。主に本館、洋館の2つの施設で構成され、両館含めていくつかの建物が国の登録有形文化財に登録されている。

 ・概要

 福寿会館は福山城の旧二の丸下段北側に位置し藩政時代には幕府から預かった兵糧米を収蔵する城米蔵があった場所に建てられている。明治時代にはこの周囲は民間に払い下がられ梨園となっていたが、1930年代、この東半分の場所に海産物商で削り節の考案者といわれ「鰹節王」と呼ばれた安部和助(あんべわすけ)により今日の福寿会館となる大規模な別荘が建設された。
 敷地面積は約7,400平方メートルあり平屋で和式の本館とこれに付随する木造2階建ての洋館(床面積約210平方メートル)、池泉回遊式庭園などで構成されている。また、東側には福山城二の丸の石垣を崩して新たに専用の道路が造られた。なお、この道路により二の丸東側と地続きであった敷地は分断されることになった。

 福山大空襲では隣接する福山城天守が焼失する中で罹災を免れ、その後、所有権は個人に移ったが、福山通運創業者渋谷昇が買い取り、1953年(昭和28年)に福山市に寄贈された。寄贈後は結婚式場として市民に開放され戦災の傷跡の残る福山市街にあって貴重な施設となっていたが、戦後の復興と共に役割を終え1973年(昭和48年)から洋館は市の迎賓館として、本館は貸会議室や貸茶室として用いられた。1992年(平成4年)には新市庁舎完成により洋館の迎賓施設は市庁舎へと移され、市史編纂室が設置された。
 その後、洋館は昭和初期の洋式建築として評価され1997年(平成9年)に国の登録有形文化財(建造物)に登録された。2012年には本館・西茶室・南茶室・西蔵・東蔵も同じく登録された。2008年(平成20年)に洋館の改修工事が行われ、市史編纂室を移転させて空調設備やトイレを整備するなどし、2009年4月1日に一般開放された。利用者は周囲に福山城御湯殿や月見櫓といった類似の施設が多くあることなどから年間5,000人程度と低迷していたが、市は洋館の開放により新たな観光スポットとして利用者の拡大を期待している。

 ・施設 -- ・本館 ・大広間(21畳)・広間(14畳)・西客間(10畳)・北客間(6畳)・西茶室・南茶室・洋館
 ・福寿会館洋館 -- 1935年(昭和10年)-1937年(昭和12年)頃に建てられた建築面積138平方メートル木造一部2階建ての洋風建築。屋根は鋭角の切妻で瓦葺き、外壁はモルタルで柱や窓にはイタリア・ルネサンス風の装飾が施されている。

 ◆安部 和助(アンベ ワスケ) -- 大正・昭和期の実業家

 生年明治19(1886)年10月29日
 没年昭和35(1960)年11月25日
 出身地広島県福山
 経歴家業の海産物商に従事。明治の末頃に鰯を利用した削り節の製造・販売に乗り出す。製造工程の機械化を進め、販路を中国、台湾などに拡大した。

 …と、こんな「福寿会館」「安部和助」なのであります(^.-)☆
 庭園内を一通り廻りまして退散しようとしましたら、外国人観光客の皆様8名ばかりの方々が、入れ替わりに来訪です。
 少し意外で「何で!?」の想いが生じましたGONsanです。ふ~ん、知りませんのはGONsanくらいで、この「福寿会館」は福山市の観光名所の一ヶ所なのかも…まぁ、イィのですけど(^-^)

 それでは、また、天守前広場に戻りましょうか(^-^)/

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

文化の秋ですから色んな行事が続きますネ(^.-)☆

01-720
02-720
03-720
04-720

 文化の秋ですから、町内会の回覧で色んなイベントのご案内が(^.-)☆
 都合が付きましたら、アレもコレも凡て出掛けてみたい…と、こんな気持ちはありますけど、イベントの中には他の予定と重なりますもの多々ありまして、そぅもいきません(^-^;
 10/13(日)は、「福山-鞆の浦トライアスロン2019」の開催ですネ。
 今年はコースが昨年とは異なりまして、ゴールは、新体育館建設地のようであります。
 今年もまた、水呑側の芦田川河川敷のフィニッシュ地点での観戦を予定しておりましたけど、う~ん、今年は何処で観戦しましょうか…

 BIKEもRUNも両方同じ場所で観戦しようと思いますと、芦田川大橋東詰めか、芦田川大橋~小水呑橋間の西新涯側の土手か河川敷…となりますのかも。
 さて、どうしたものでしょう。
 皆さん、どちらで観戦されますのでしょうねぇ(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

9/21(土)~9/23(月)「初代藩主・水野勝成公『備後入封400年祭』」(1)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
09-720
01-400-555

 台風17号の接近で開催が危ぶまれましたけど、墓参り後の午後は「初代藩主・水野勝成公『備後入封400年祭』」に出掛ける事に致しました。
 P.M.1:35頃に我が家を出まして福山城公園に向かいますと、既に天主前の広場では「備後圏域PRステージ」が始まっておりました(^.-)☆
 県内各地のイベントが台風接近で中止となります中、どうやら「備後入封400年祭」の初日は予定通り開催のようですネ(^_^)v

 暫しステージに眼を向けておりましたGONsanですけど、ここを離れ福山城公園内を少し散策です。
 水野勝成公の像付近のテントでは、年末の灯り祭りで使用します竹の穴あけ教室が開催中でありました。
 電気ドリルを手にチビッコ達が、楽しそうに懸命に穴あけ作業を(^-^)

 ふ~ん、竹に貼られた原図にそって大小様々な穴をあけますようですネ。GONsanの職場の倉庫の一角で、毎年、12月に入りますと、商工会議所関係者の皆様が、こんな作業をしておられます。
 オジャマしてもイケませんから、今までスグ近くで拝見した事がありませんでしたが、うん、うん、こぅして竹を加工されますようですネ\(^o^)/
 先日、倉庫内で見掛けましたけど、この日作られましたモノなのでしょうか…一部が保管されてありました(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

9/8(日)は、某協会主催の「福山地区交通安全交流会」の開催でした(^.-)☆(8)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
05-720-555

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

9/8(日)は、某協会主催の「福山地区交通安全交流会」の開催でした(^.-)☆(7)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
02-720-555

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

9/14(土)は「広島県秋季高校野球大会」の観戦でした(^.-)☆(1)

01-720
03-720
02-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
03-720-555

 9/14(土)は、前々から予定しておりました「広島県秋季高校野球大会」の観戦で、福山市民球場行きとなりましたGONsanです(^.-)☆
 早めに言いますと面倒くさいですから、嫁さんには出掛けます直前に「今から、高校野球観戦に…」と言い終えない内に、「他にスル事は無いの?ヒマ人…」と返って来ましたねぇ(^-^)
 予期してはおりましたけど(^.-)☆

 球場到着は、A.M.9:45でしたか…チケットを求め、バックネット裏に上がりますと広島工大高のシートノック中でありました。
 ほどなく練習も終わりまして、グランド整備。そして、定刻少し過ぎのA.M.9:05にプレイボールとなりました。
 第一試合は、「府中東×工大高」ですけど、いつものように、どちらのチームを応援と言う訳でもありませんで、試合自体を楽しみたいと思います(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

9/8(日)は、某協会主催の「福山地区交通安全交流会」の開催でした(^.-)☆(6)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
02-720-555

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

台風17号の接近で「第4回ふくのやまよさこい」は、中止のようですネ(^-^;

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720

 明日・9/22(日)開催の『第4回ふくのやまよさこい』は、台風17号の接近で中止となりましたようですネ(^-^;
 今年は「福山夏まつり」も台風の影響で中止になりましたし、大きなイベントが相次いで中止となりますのは哀しいですねぇ~

 ◆台風17号

 大型で強い台風17号は、21日(土)午後8時現在、東シナ海にあって、時速25キロで北に進んでいます。
 中心気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルとなっています。
 この台風は今後、東シナ海を北上し、22日(日)には九州に接近する見込みです。さらに、23日(月)から24日(火)にかけて日本海を北東に進み、温帯低気圧の性質を帯びつつ勢力を保ったまま、北日本に接近する見込みです。
 南西諸島や西日本では、22日(日)にかけて非常に強い風が吹き、海上は大しけとなる見込みです。とくに九州北部では、22日(日)は猛烈な風や猛烈なしけとなる所があるでしょう。暴風や高波、高潮などに厳重な警戒をしてください。また、大雨による土砂災害や河川の増水などにも警戒が必要です。

 …と、台風17号も大型で勢力も強いようですから、中止の決定はやむを得ないのではありますが…

 ◆《第4回ふくのやまよさこい中止についてのお知らせ》

 天候が心配されております第4回ふくのやまよさこいですが、台風の進路から安全を第一に考え、非常に残念ではございますが、中止の判断をさせていただくことと致しました。
 なんとか開催出来ないかと検討をいたしましたが、昨今の天災での被害を目の当たりにする中で、何よりお集まりいただくみなさまの安全を最優先し、事故や怪我なく楽しんでいただくために苦渋の決断を致しました。
 来年、より楽しんでいただけるお祭りを作れるよう、実行委員会一同尽力して参りますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 --- ふくのやまよさこい実行委員会 実行委員長 木村真弓 ---

 本日・土曜日(9/21)は、孫の幼稚園の運動会が予定されておりましたけど、早々と昨日の段階で9/23(月)に延期が決定。少しばかり決定が早過ぎたのでは…との想いも生じます。
 9/23(月)に延期となりましたけど、台風情報に眼を向けますと、9/23の開催も危ぶまれますのですけど…この日が、またまたダメでしたら9/28(土)に延期とか…
 さて、どぅなりますのでしょうねぇ~

 孫の運動会が中止ですから、午後からは「備後入封400年祭」の開催(9/21~9/23)で福山城行きのGONsanでした。
 幸いにも本日は降雨もなく、予定通り無事開催されましたけど、大道芸の方は、昨日の段階で中止が決定されておりました。
 「備後入封400年祭」も3日間の開催予定が、本日のみで、9/22・9/23は中止となってしまいました(^-^;

 ◆備後入封400年祭

 2019/09/21 更新
 【備後入封400年祭の中止について】
 9月22日(日)、23日(月・祝)の「備後入封400年祭」は台風接近に伴い、開催に支障が生じる雨量等が見込まれるため、中止とします。
 ※ 22日(日)の「福山城南側市道」の車両の規制も行いません。

 2019/09/20 更新
 「備後入封400年祭」の開催について
 明日(21日)の「備後入封400年祭」については、予定通り開催いたします。
 台風17号が接近することが予想される22日(日)及び23日(月)の開催の可否については、明日(21日)の正午に決定いたします。
 ※ 開催を決定した場合でも内容を一部変更することがあります。

 2019/09/20 更新
 石垣お祭り通り/大道芸中止のお知らせ
 石垣お祭り通り/福山城南側市道で行う予定の大道芸は中止になりました。

 2019/09/20 更新
 備後圏域PRタイム/タイムスケジュールを一部変更しました。
 9月21日(土)、本丸華舞台(天守前広場・ステージ)で行われる「備後圏域PRタイム」のステージPR時間が一部変更となりました。

 …と、主催者のホームページには、こんなご案内の掲載が。
 主催者の皆様も大変ですネ。とにかく、今年ばかりは、台風の影響で大きなイベントの中止が続きます。天候要因とは言え、こぅしたイベントを楽しみにしておりました方々には哀しい限り。
 勿論、GONsanもその内の一人なんですけどねぇ(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

秋ですから、色んな行事が…

02-720
01-720
03-720

 あんなに暑かった日々も過ぎ去り、ヤッと凌ぎやすい時候にと向かってきました。秋ですから、今から色んな行事化続きますネ(^.-)☆
 町内会の回覧で廻って来ましたご案内から少し拾ってみますと、
 ・水呑八幡神社 前夜祭 -- 令和元年10月5日(土) 例祭 -- 令和元年10月6日
 ・バラの町福山国際音楽祭 -- 令和元年10月10日(木)~13日(日)
 ・水呑学区民運動会 -- 令和元年10月20日(日)
 ・水呑学区ふれあい文化祭 -- 令和元年11月2日(土)~3日(日)
 ふ~ん、「バラの町福山国際音楽祭」は、昨年は5月の開催でしたけど、今年は秋の開催ですか。いずれの行事も出掛けますと楽しいですから、また時間が許しますと写真撮りに出掛けてみたいですねぇ(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

9/7(土)は、福山城「鐘櫓」特別公開に参加のGONsanでした(^.-)☆(8)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
09-720
10-720

 福山城「鐘櫓」特別公開の様子を綴って来ましたけど、これでオシマイです(^-^)
 それでは、この辺で福山城公園から退散です。
 そぅそぅ、本日(9/20)の中国新聞朝刊に、こんな記事の掲載が…

 福山城天守北側の広場の一角に、伐採の木々が乾燥のため置かれてありました。
 これらの木々は、景観保全のため公園内で伐採されたものなんですけど、この再利用・有効活用についての記事掲載。ふ~ん、市の財産として、これらの木々はイベント・校舎内装材等に活用されますのですねぇ(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

9/7(土)は、福山城「鐘櫓」特別公開に参加のGONsanでした(^.-)☆(7)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
01-720-555

 この日のメンバーの中には、今まで、鐘櫓内に入られました方は何人かおられますようですけど、GONsanは初めて。
 こんな特別公開には、もぅ何年前になりますでしょうか…伏見櫓の中に入って以来。
 ふ~ん、鐘櫓の内部は、こんな感じなんですねぇ(^.-)☆
 結構、狭い。ですから、2階に上がりますには7~8人ずつで。この鐘は、今では電動で定刻に打たれますけど、城地内に鐘櫓が存在しますのは全国的に例がありませんようで、貴重な文化財との事。
 昔は、緊急時に武士を招集しますのに太鼓を叩きますのが頭に浮かんで来ますけど、鐘の方が遠くまで聞こえそうな気もします。
 ですから、城地内に鐘櫓がありましてもおかしくないのですけど、全国的に例が無い…とは、結構意外ですネ(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

9/7(土)は、福山城「鐘櫓」特別公開に参加のGONsanでした(^.-)☆(6)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
09-720
02-720-555

 御湯殿の次は、いよいよ「鐘櫓」へ向かいます。
 筋鉄御門を正面に見ながら、伏見櫓と鐘櫓の間の広場へと移動です。

 ◆御湯殿

 京都伏見城内にあった豊臣秀吉の居館を移した伏見御殿に付随した建築で、国宝に指定されていた。建築の一部は石垣上に張り出し、内部は物見の段と風呂の間に分かれていた。
 昭和20年の戦災により焼失したが、昭和41年秋、天守閣とともに外装、内部ともに復原されたものである。
 現在は貸会場として利用されている。

 ◆筋鉄御門

 福山城本丸の正門で西向きに建っている。元和8年(1622年)伏見櫓と共に伏見城から移築したものといわれている。
 下層の各柱には根巻き金具を付け四隅に筋金具を打ち、鏡柱の見付けと見込みに大小の乳金具を打ち付けている。門扉は内開き二枚建てで12条の筋鉄を鋲打ちし、乳金具を飾っている。
 上層は正面左端に出入口を設け、正面中央・右端と南側にそれぞれ格子窓を設け、内部床は拭(ぬぐい)板敷き、小屋梁天井となっている。
 外部は柱・土台・長押の木地型を出し、たるき・屋根妻・破風板・懸魚にいたるまですべて白亜塗りとしている。

 ◆伏見櫓

 この櫓は元和8年(1622年)城主水野勝成の福山城築城にあたり、将軍徳川秀忠が伏見城の一部移築させたという。昭和29年(1954年)の解体修理の際、梁の陰刻に「松ノ丸ノ東やぐら」とあるのが発見され、移築の伝えが正しいことが明らかになった。
 櫓は初層と二層は同じ平面の柱割で、東西方向に棟を付け、さらにその上に下層よりやや小さい三層を載せ、南北棟の入母屋造りの屋根としている。内部は階段を付け、床板敷き、小屋梁天井とし、外部は東・西・南に多くの窓を開いている。北を正面に建てられている。
 これらの構造や手法は、城郭研究史上初期の様式を残す、慶長年代の建物の典型として貴重である。また、伏見城の確かな遺構としてきわめて価値の高いものである。

 広場では、鐘櫓の見学前に最後のクイズ出題となりました。

 ★問9
 筋鉄御門の規模は次のうちどれでしょう?
 ①9×3間 ②9×4間 ③10×3間 ④10×4間
 正解:③

 ★問10
 廃城後、鐘櫓の裏に建てられた施設は何でしょう?
 ①招魂社--戦後、備後護国神社に合祀される ②遙拝所--鐘櫓の場所にあった ③勇鷹神社--備後護国神社の旧称 ④忠魂碑--黄金水井戸北側にあった日露戦争の祈念碑
 正解:①

 これで凡ての出題が終わりましたけど、実に難解でありました。
 GONsanが分かりましたのは、問1・問6の2問のみ(^-^;
 全問の正解者はおられませんでしたけど、10問の内6問正解までの方々が見事、賞品をゲットしておられましたネ(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

9/7(土)は、福山城「鐘櫓」特別公開に参加のGONsanでした(^.-)☆(5)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
03-720-555

 次は、天守の西側の石崖横へ。ここでは、こんな問題の出題です。

 ★問7
 慶応4年(1868年)、長州軍は福山城を砲撃しました。消失前の天守にはこの時の弾痕が残されていましたが、どこにあったでしょう?
 ①1階北側 ②1階西側 ③2階北側 ④2階西側
 正解:②

 福山城の北側は、福山城全体を通して北側の守りが手薄で、その弱点からの砲撃を防御するために、厚さ3ミリほどの鉄板を張り巡らせていたようですネ。
 それでは、御湯殿に向かいます。御湯殿では、こんな出題が…

 ★問8
 本来の御湯殿は本丸表向、奥向、それぞれに1ヶ所ありました。このうち表向の御湯殿は何処にあったでしょうか?
 ①月見櫓の横 ②鏡櫓の横 ③鐘櫓の前 ④本丸苑池の裏
 正解:②

 う~ん、相変わらず難解な出題が続きます(^-^;

 WEB上で「福山城天守閣」を検索しましたら、こんな記載が…

 ◆現復興天守の問題点

 福山城天守は、いわゆる「城郭復興ブーム」に再建されている。本来の天守は太平洋戦争末期、1945(昭和20)年8月8日の空襲により焼失しており、現在あるのは、1966(昭和41)年秋に市制50周年記念事業として、月見櫓、鏡櫓、御湯殿と共に復元されたものである。しかし、その形状は、焼失前の資料も豊富にあり比較的正確な復元が可能であったにもかかわらず、忠実とはいえない。それは次のような理由によると思われる。

 第一には、鉄筋コンクリート(RC)製であること。これは、当時の建築基準法では天守のような高層建築を木造で造ることができなかったため、そもそも選択肢がなかったからではあるが、これにより、黒塗りの窓枠 が漆喰風(白塗装)に塗られることとなったようで、全体の印象が焼失前とかなり異なることになった。ただ、コンクリート建築であっても、部分的に材質を変えるか、塗装方法を変えるなどすれば、旧状に近い状態を再現することはできたはずだが、そうした方法が採られなかった理由については下記で述べることにしたい。

 第二には、美観の問題、現在の天守は復元の正確さよりも風情が重視され各所が改変されている。具体的には、望楼部の突上戸(雨戸)、北面の鉄板張り、窓の左右非対称や大きさ、壁面の海鼠塀部分、などが異なっている。これらは福山城天守の特徴といえる部分であり、これらが再現されないことで福山城は「らしさ」を失ったといえるが、好意的に捉えれば洗練されたともいえなくはない。

 第三には、当時の文化財に対する意識の違い。上記に示した理由も結局はここに集約される。福山城も含め、太平洋戦争で焼失した天守は全部で7つあるが、水戸城を除き、いずれも1958~1966年の間に鉄筋コンクリートで「復元」されている。これは、ちょうど高度経済成長(1950年代半ば~)への移行期に重なる時期であり、これら天守の復元が戦後の復興を象徴する意図の強いことがわかる。一方で、多くの城郭において開発(破壊)が進むのもこのころからであり、言うまでもなく、時流は保存よりも開発が優先されていて、近世城郭の文化財としての価値はあまり問題にされなかった。

 つまり、この時代の復元天守は、いわば復興記念建造物であり、端的にいえば、城の体を為していれば忠実性はさほど問題とはされていない。実際、下表に示すように、その時期に復元された天守は忠実である方が少数となっている。しかし、その中でも最も 旧状と異なるのが、福山城天守であり、厳密には「復元」ではなく「模擬」の天守に分類される形状となっている(更にいえば、月見櫓、鏡櫓も忠実な復元ではない)。

 ところで、現在はこうした歴史的事実に反する復元はできなくなっている。というのは、文化庁は歴史的建築物の復元にあたり、以下の三要件を課しているからである。
 1.考古学調査などによって、柱の穴そのほかの遺構が確認できること。
 2.歴史的資料として、指図(設計図)が残されていること。
 3.古い写真などによって、かつての外観がわかること。
 この条件に当てはめれば、資料の乏しい福山城天守や櫓の再建は今日では困難なのも、また事実ではある。

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

9/7(土)は、福山城「鐘櫓」特別公開に参加のGONsanでした(^.-)☆(4)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
09-720
01-720-555

 鐘櫓下から天守北側にヤッて来ますと、ここで次のクイズの出題です(^.-)☆

 ★問5
 福寿会館は誰の邸宅として建てられたでしょうか?
 ①森下博--森下仁丹の創設者で広告王と呼ばれる ②林半助--鞆の実業家、鞆軽便鉄道初代社長 ③武田五一--関西建築界の父と呼ばれ、問3の台座は氏の作品 ④安部和助--鰹節王と呼ばれた削り節の考案者
 正解:④

 この後、水野勝成公の像の前に移動し、次のクイズ。

 ★問6
 愛知県刈谷市で2013年に刈谷城築城480年マスコットキャラクターが作成されました。このキャラの名前は何でしょう?
 ①かつなりくん ②かっつん ③ろくざえもん ④かつなり~ん
 正解:①

 ◆水野勝成

 水野 勝成(みずの かつなり)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将・大名。三河刈谷藩主、大和国郡山藩主を経て備後福山藩の初代藩主となる。

 ・郡山藩主

 元和元年(1615年)に行われた大坂の役の論功行賞では「戦功第二」とされ、郡山に3万石加増の6万石で転封される。これは依然政情不安な旧豊臣領に睨みをきかすために、勝成を配置したものであるが、大坂の陣での勝成の戦功に比べて、いかにも過小評価と考える人は多かったらしく、勝成自身は20~30万石の知行を期待していたが、家康の命に反して2度も勝成自身が先頭に立って戦ったため、家康の機嫌を損ねてしまったとも言われる。この処遇に勝成は立腹するが、徳川秀忠は勝成を呼び止めてなだめ、家康隠居後に10万石の知行を約束したという水野氏側の伝承が伝わっている。
 郡山では破壊された城を再整備し刈谷から寺社を移転させるなどし、城下を整備した。元和3年(1617年)11月22日、生母の妙瞬尼が亡くなる。

 ・初代福山藩主

 元和5年(1619年)、福島正則の改易に伴い勝成は秀忠から郡山に替わって備中西南部と備後南部の福山10万石を与えられる。備後国は勝成が放浪時代を過ごした場所であったため地の利に詳しく、受領に当たっては幕府に尾道と笠岡との交換を要求し認めさせたといわれる。入封に際しても海上交通を重視し当時の中心地であった神辺と政庁であった神辺城に代えて瀬戸内海に近い今日の福山市に新たな城(福山城)と城下町(福山)を築いた。福山城は『武家諸法度』で新規築城が禁止された中で例外的に認められた近世城郭で最後の城であり、5重の天守に7基の3重櫓や長大な多聞櫓を持つ10万石の城としては破格の巨城であった。

 福山入封後は藩政に尽力し、放浪時代に臣従し後に没落していた三村親成を高禄で家老職に迎えるなど、放浪時代の人脈を生かし、在地領主・郷士を積極的に登用した。城下町の建設に当たっては、江戸の神田上水に次ぐ規模を持つ上水道網(福山旧水道)を整備し、瀬戸内海から運河を城まで引き入れると共に大船団を組織し城下に係留させた。産業育成では土地を無償で与え地子を免除するなどして城下の振興を図り、寛永7年(1630年)には全国初ともいわれる藩札を発行した。また、イグサの生産を統制し、福山藩で生産される畳表は「備後表」と呼ばれ全国に最高級品として知られた。治水工事や新田開発や鉱山開発、タバコの栽培も積極的に行い、現在の福山市の礎を築いた。特に新田開発は後の水野勝岑死去に伴う改易の際の検地では約5万石分の新たな石高を有していた。この他、備後国一宮である素盞嗚神社、吉備津神社を始めとする備後国内各地の寺社を復興し、旧領である郡山や刈谷からも寺社を移転させるなど、宗教の保護にも積極的であった。

 家臣の統制には目付などの監視役を置かず、法度の発布や誓詞を取ることもなかったが、問題は生じず、この噂を耳にした隣国の備前岡山藩藩主・池田光政は「良将の中の良将」と評したという。
 水野時代の福山では、一度の農民一揆も起こっていない。
 寛永元年(1624年)、浅野家の亀田高綱出奔騒動を調停する。寛永3年(1626年)には第3代将軍・徳川家光の上洛に従い、従四位下に昇進し、相模国愛甲郡厚木村(現在の神奈川県厚木市)の1,000石を加増される。寛永10年(1633年)、家光の不興をかった酒井重澄を預かる。寛永14年(1637年)、江戸城本丸天守の建設に功があり、水野家の江戸屋敷の奉行は銀、時服等を賜った。

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

先日の折り込みチラシの中に「備後入封400年祭」の案内が(^.-)☆

01-720
02-720

 数日前の新聞折り込みチラシの中に入っていましたのが、この「備後入封400年祭」のご案内。
 初代福山藩主・水野勝成公の入封400年を記念しましての『備後入封400年祭』が、9/21~9/23の3日間開催されますようですネ(^_^)v
 ところで、この「入封」ですけど、タマに「にゅうふう」と読まれる方がおられます。
 正しくは、「入封(にゅうほう)」ですし「転封」は「てんぽう」ですネ。お互い、正しい読み方をしたいものですネ(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

9/7(土)は、福山城「鐘櫓」特別公開に参加のGONsanでした(^.-)☆(3)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
02-720-555

 「鐘櫓」に向かいます前に、まずは福山城公園内をグルッと一周です。そして、その合間合間にクイズが出されますから、皆さん筆記用具持参で解答を記入しますけど、その問題がGONsanには結構難解(^-^;
 難しいのなんの(^-^)最初の問題が、伏見櫓の下でした。

 ★問1
 現在の月見櫓周辺には戦前まで貸座敷が建てられていました。この貸座敷の名前は何でしょう?
 ①葦陽館 ②清風楼--御湯殿を改築して造られた料亭 ③晩翠舎--阿部家の資産管理組織 ④仙酔館--下魚屋町にあた料亭
 正解:①

 ★問2
 伏見櫓が伏見城から移築された証拠となっている梁の陰刻は正確には何と書かれているのでしょう?
 ①松の丸の東やく□ ②松の丸の東ヤク□ ③松ノ丸ノ東やく□ ④松ノ丸ノ東ヤク□
 正解:③

 続いて、鐘櫓下・阿部正弘公像の前まで移動です。そして、第3問・4問が…

 ★問3
 戦前の阿部正弘像は現在とは異なる場所に建てられていました。それは、何処でしょう?
 ①天守前 ②御湯殿前 ③鏡櫓前 ④黄金水井戸前
 正解:②

 ★問4
 二の丸北西にあった門の名称は次のうちどれでしょう?
 ①棗門--本丸北西にあった門 ②水の手門 ③蔵口門--二の丸北側にあった門 ④四ツ足門--鉄門脇にあった門
 正解:②

 …と、こんな感じで仲々難解な問題であります。正解は「鐘櫓」の見学を終えた最後に発表との事でありました(^.-)☆

 ◆福山城(備後国)

 福山城(ふくやまじょう)は、広島県福山市丸之内1丁目にあった日本の城で、城跡は国の史跡に指定されている。久松城(ひさまつじょう)、葦陽城(いようじょう)とも呼ばれる。日本における近世城郭円熟期の代表的な遺構であり、2006年2月13日、日本100名城に選定された。2018年7月30日には福山城跡の天守閣部分に対し、広島県内では初の事例となる景観重要建造物の指定がされた。

 ・概要

 福山城は1615年(慶長20年)の一国一城令発布後の元和8年(1622年)に竣工した城である。大規模な新規築城による近世城郭では最後の例となった。備後福山藩の藩庁かつ藩主の居城であった。形式は輪郭式の平山城だが、2重の堀や瀬戸内海へ抜ける運河を持つために海城としても知られる。五重の天守と7基の三重櫓を有していた。

 1873年(明治6年)の廃城令によって、大蔵省の所管となり、建物の払い下げ、取り壊しが実施されていたが、翌1874年(明治7年)に所在自治体の福山町などの請願によって、本丸の天守(付櫓を含む)・筋鉄御門・伏見櫓・御湯殿・鐘櫓の5棟の建築物が残されることとなった。その内鐘櫓を除く4棟について、国宝保存法の国宝に指定された。天守以外のこれらの現存建築は、福山城の築城時に伏見城から移築されたものであったが、昭和20年(1945年)の福山大空襲によって、伏見櫓、筋鉄御門(ともに、国の重要文化財)を残して焼失している。
 一方、本丸以外の城郭遺構については、昭和初期までに城北側にある堀をかねた吉津川以外のすべての堀が埋められ、三の丸は大半が市街地と化すなど遺構の破壊が進んだ。石垣も概ね本丸と二の丸の大部分と三の丸のごく一部に残る。

 現在の天守(付櫓含む)、月見櫓、御湯殿は1966(昭和41年)に鉄筋コンクリート構造で復興されたのものである。再建された天守内部は福山市立福山城博物館として利用され、天守最上階の回縁からは市街を360度見渡せ、晴れた日には瀬戸内海を望むこともできる。三の丸南側はJR福山駅が東西に貫き、新幹線や福塩線のホームからは、天守や伏見櫓が聳立する本丸跡を間近に望むことができる。

 ・築城以前の備後南部

 福山城築城まで福山と呼ばれる街はなかった。福山城周辺は「杉原保」と呼ばれ古代から荘園として栄えていた。安土桃山時代には「野上村」と改称され、福山城の建つ丘陵は北側から連なる山並みの先端部で「常興寺」と呼ばれる寺が建てられていた。常興寺は築城に際して城下北部に隣接する吉津村に移され、野上村は城下南西の新開地に移された(現在の市内野上町周辺)。南側は海が間近に迫る芦田川のデルタ地帯で大部分は湿地帯や田畑となっていたようである。この時の備後南部の中心地は福山城から北東約6キロメートルに位置する西国街道沿いの神辺で、ここに備後国の政庁である「神辺城」があった。また、海においては福山城から南約12キロメートルにある沼隈半島南端の鞆の浦が海上交通の要衝となっていた。

 ・福山藩の成立と築城

 福山城は江戸時代初期、元和偃武の後に建造された近世城郭で最も新しい城である(厳密には赤穂城や松前城など福山城より後に築かれたものもあるが、慶長期から続く近世城郭の体系に含まれる大規模な新規築城では最後としてよいだろう)。元和5年(1619年)、関ヶ原の戦い以降備後国・安芸国の2国を治めていた福島正則が武家諸法度違反により改易されたことから、徳川家康の従兄弟である水野勝成が毛利氏など西日本の有力外様大名に対する抑え(西国の鎮衛)として備後国東南部と備中国西南部の計10万石を与えられ、大和国の郡山藩から転封する。入封時の領地目録上は備後神辺城主であったが、神辺城はやや内陸にあり過去に何度も落城した歴史があったことなどから、一国一城令が徹底されていたこの時期としては異例の新規築城が行われることになったといわれる。

 城地は瀬戸内海との往来や西国街道との距離が考慮され深津郡野上村の常興寺山(常興寺)一帯が選定された。なお、江戸時代後期の地誌によると現在の福山城から北西約12キロメートルにある桜山(市内新市町)や南東約7キロメートルにある箕島(市内箕島町)も城地の候補として検討されたとされ、書籍等にはこの記述を採用するものも多くあるが、これ以前の資料にはそうした記述は全く確認できず、また、地理的にも桜山はあまりに内陸であり箕島は沼隈半島に隣接する完全な島(現在は埋め立てにより半島となっている)であるなど、信憑性に疑問が指摘されている。築城に際し城地に含まれた常興寺は近郊の吉津村(現在の市内吉津町)に移転され、北側は東西方向に切り開き総構えの堀を兼ねた川(吉津川)が通された。干潟であった南側は干拓されて城下町が開かれ、この町は福山と名づけられた。

 築城は低湿地な場所での工事も多くあったため、元和6年(1620年)に芦田川の流れを城の北側にある吉津川に分流しようとする工事が大水害により中断されるなど、困難を極めたといわれる。城の用材には福山城の築城に伴い廃城となった神辺城はもとより、江戸幕府より下賜された伏見城の遺材も多く用いられた。この時、伏見城から移築された建造物としては伏見櫓や月見櫓、御殿(伏見御殿)、御風呂屋(御湯殿)、鉄御門、追手御門、多聞櫓などがある。また、幕府から石垣奉行2名が派遣されている(俗説では小幡景憲の名も挙げられているが、創作だと思われる)。そして、築城開始から3年近くの歳月を要した元和8年(1622年)に福山城は完成する。2重の付櫓が取り付く複合式の五重天守や三重櫓7基、二重櫓16基、総延長291間(約570メートル)の多聞櫓と、10万石の大名の城としてこの規模は特筆に値する。さらに築城後には幕府公金から金12,600両・銀380貫が貸与されるなど、天下普請に準じる扱いを受けており、福山城が西国街道と瀬戸内海の要衝を護る城として幕府に期待されていたことが伺える。なお、築城時の縄張りは若干の改修はあったものの基本的に廃城まで維持されている。

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

9/7(土)は、福山城「鐘櫓」特別公開に参加のGONsanでした(^.-)☆(2)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
09-720
03-720.-555jpg

 定刻となりましたので、まずは、会長 田口義之sanがご挨拶。

 ◆備陽史探訪の会

 ・会概要

 備陽史探訪(びようしたんぼう)の会は、昭和55年9月、「備後を中心とした地域の歴史を研究し、愛郷の精神を涵養する」ことを目的に創立されました。
 「古代史部会」「中世史部会」「近世近代史部会」の3つの部会を柱として、古代・中世・近世・近代にわたる、地元備後の歴史について調査・研究・学習を重ねています。

 ・目的

 備後を中心とした地域の歴史を研究し、愛郷の精神を涵養する。
 「山間の渓流集まって滔々たる大川となり、一村一邑の小歴史集まって、浩瀚なる国史は構成せられる」これは大正14年1月15日に創刊された備後郷土史会機関誌「備後史談」発刊の辞である。日本史といい世界史といい、地域の歴史の集合体に過ぎない。本会は、昭和55年9月、こうした先人たちの遺志を継ぎ、備後を中心とした地域の歴史を明らかにすることを目的に結成された歴史研究の集いである。

 ・活動内容

 ★現地を訪れて歴史を学びます
 徒歩・バス・一泊旅行など、実際に現地を訪れて、担当者の案内の下、歴史の見聞を広めます。年に7回程度開催。その他に、現在、一番人気の毎月第一土曜日に開催する「ぶら探訪」。市中を午前中のみ散策し、地元の歴史を再発見するコースです。

 ★毎月学習会を開催し、知識を深めます
 「古代史部会」「中世史部会」「近世近代史部会」および会事務局がそれぞれ多様な学習会を開催しています。古墳や山城、福山の歴史など、文献資料などを基にテーマを決め、学習します。

 ★刊行物の発行により、情報の発信・意識啓発を行います
 年6回の会報『備陽史探訪』、年1回の研究誌『備陽史研究』の発行により、各会員の論文や研究レポートを発表すると共に、エッセイやクイズなど柔らかい表現で、地元の歴史を広く発信します。
 また、創立記念事業として、これまで『古墳探訪』『山城探訪』『ふるさと探訪』『続・山城探訪』『福山の遺跡100選』などの書籍を発刊してきました。

 ★講演会の開催で、地域文化に貢献します
 年4回の歴史講演会(内2回は「広島県県立歴史博物館と共催」)には、内外の著名な歴史家や研究者を招き、地元の歴史について語っていただきます。

 ★フィールドワークを行い、実際的な調査の手法を学びます
 不定期で、「古墳分布・測量調査」「山城測量調査」「発掘体験会」など開催。初心者でも測量器具を使用した調査に参加したり、実際の発掘現場にお邪魔して発掘体験ができます。調査報告は研究部会担当者がきちんとした報告書にまとめ、当会にて発表します。

 ★地域と共に歩んだ35年の軌跡
 毎年5月5日子どもの日に開催する 「親と子の歴史ウォーク(旧・親と子の古墳めぐり)」は今年で33年目となりました。地域の子どもたちに地元の歴史に親しんでもらい、地元への愛着を高めることを目的としています。「福山古墳ロード」整備事業もその一環です。

 ★「福山古墳ロード」整備事業
 平成18年度・19年度の「ふくやまの魅力づくり事業」に対して、備陽史探訪の会が提案し採用された事業です。近田駅を基点に神辺平野北部に位置する駅家町から加茂町にかけて数多く存在する古墳、その他史跡を「古代散策の小道」として設定。各ポイントの案内標識、看板、パンフレットなどを作成し、Aコース・Bコース・Cコースの整備事業を実施しました。現在も、史跡めぐりのモデルコースとして、多くの市民に利用されています。

 2019年現在、会員数は約320名です。会員は各自のペースや興味のある範囲で、気軽に参加できます。
 備陽史探訪の会会長: 田口義之

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

9/15(日)は、「第26回ゲタリンピック2019」の開催ですネ(^.-)☆

01-720
02

 本日の新聞折り込みチラシの中に「第26回ゲタリンピック2019」の開催案内が…
 毎年、ゲタリンピックの開催日は町内一斉清掃と重なりますのですけど、昨年は町内一斉清掃を終えて出掛けましたような(^-^)
 今年も、そのつもりでしたけど、当日は午後何か予定がありましたような…う~ん、残念。今回はゲタリンピック行きは断念のGONsanなのであります(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

9/7(土)は、福山城「鐘櫓」特別公開に参加のGONsanでした(^.-)☆(1)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
09-720
10-720

 9/7(土)には、『備陽史探訪の会』主催の「クイズで巡る福山城」に参加のGONsanでありました(^.-)☆
 当日は、A.M.9:00にJR福山駅北口の噴水広場に集合。この日の様子をまた、画像でご案内致します(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

10/13(日)に笠岡湾干拓地でウォーキング大会の開催ですか…

03-720

 これは、昨日の中国新聞朝刊記事なんですけど、笠岡湾干拓地でのファミリーウォーキング大会開催の案内が掲載されておりました。
 10/13をカレンダーで確認してみますと、日曜日で、翌日は祭日のようですネ。
 いつでしたか…職場の同僚が「毎回、母と一緒に参加している…」と言っていましたような(^.-)☆

 沿道の満開のコスモスを眺めながらのウォーキング…楽しそうですねぇ~
 早速、嫁さんに「10/13(日)に笠岡の干拓地でウォーキング大会があるけど、どぅする?」と尋ねますと、「行ってもイィけど…」との事でした。ですが、10月はまた親戚の結婚式がありますねぇ~日取りはいつでしたか…
 重なりませんようでしたら、ウォーキング大会への参加を検討してみたいと思います(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

台風10号の動向…大変気になりますネ(^-^;(4)

01-720

 本日の朝刊にも、備後地区各市町のイベント中止が報じられておりました。
 こぅしたイベントを随分前から準備して来られました方々、そして、イベントの開催を楽しみに待っておられました方々…大変残念でしょうネ…
 勿論、GONsanも相次ぐイベントの中止発表を残念がっています者の一人でありますけど、安全優先ですから仕方ありません。後はただ、台風10号が大きな被害をもたらします事も無く、無事に通り過ぎてくれますのを祈るのみ。
 明日、広島県に最接近との事ですけど、どぅなりますか…

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
ギャラリー
  • 挙式列席で、10/19~20の2日間は京都行きとなりました(^.-)☆(21)
  • 挙式列席で、10/19~20の2日間は京都行きとなりました(^.-)☆(21)
  • 挙式列席で、10/19~20の2日間は京都行きとなりました(^.-)☆(21)
  • 挙式列席で、10/19~20の2日間は京都行きとなりました(^.-)☆(21)
  • 挙式列席で、10/19~20の2日間は京都行きとなりました(^.-)☆(21)
  • 挙式列席で、10/19~20の2日間は京都行きとなりました(^.-)☆(21)
  • 挙式列席で、10/19~20の2日間は京都行きとなりました(^.-)☆(21)
  • 挙式列席で、10/19~20の2日間は京都行きとなりました(^.-)☆(21)
  • 挙式列席で、10/19~20の2日間は京都行きとなりました(^.-)☆(21)
プロフィール

 ・名前 GONsan
 ・年齢 大人
 ・性別 男子
 ・地域 広島県福山市
 ・星座 牡牛座


GONsan's ホームページ 「日本全国通過旅」


Since '00/04/19  ブログパーツUL5




↓ 何となく笑えます(^.-)☆








↓ 落書きですけど、お上手ですネ(^_^)v









↓ 今は亡きGON子です

お天気ノート


  • ライブドアブログ