GONsanの“気まぐれ独り言”


GONsanがこよなく愛します芦田川には、こんなおばけフナが生息しております(^.-)☆

福山市内の何でもない景観

我が家近隣では、中村集会所裏の水呑川沿い土手の桜並木がキレイなんです(^.-)☆(2)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720

 中村集会所脇の豊年橋…この橋を境に北側は満開なのですけど、豊年橋の南側は少し遅れた開花状況で、七分咲きと言ったところでしょうか(^-^)
 何故か、毎年こぅなんです(^-^)
 豊年橋以北よりも、豊年橋以南の方が位置的に暖かいように思いますから、満開は豊年橋以南の方が早そうに思えますけど、毎季、そうでは有りませんで、北側の方の満開が先に訪れますから不思議と言えば不思議です。
 きっと、サクラの種類が異なりますのかも…
 こぅして画像に納めながら、今から豊年橋の南側に進みますけど、開花状況はどぅでしょうねぇ~

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

3/14(日)は、田尻町の高台から見下ろす「杏ロード」をノンビリと散策でした(4)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-72006-720
07-720
02-720-555

 ◆円明寺(田尻杏発祥の地)
 ・由来
 天和元年(1661)豊後国(大分県)から円明寺住職 阿闍梨尊意(あじゃりそんい)種子を持参しこの地に植える。花もきれいで実もなり健康によく、風邪・セキ止めによいので次第に植える人が多くなり、村一円に広がった歴史があります。
 入植300年を記念しこの碑を建てる。

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

我が家近隣では、中村集会所裏の水呑川沿い土手の桜並木がキレイなんです\(^o^)/

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
02-720-555

 昨日・3/27(土)は、昼食後、まだ満開ではないだろうなぁ~と思いながらも、スグ近くの中村集会所裏の水呑川沿い土手のサクラ並木を散策してみます事に(^.-)☆
 出掛けてみますと、一番北側に位置しますこのサクラから、南方向にズラッとサクラ並木が続きますけど、毎年、満開が最初に訪れますのがこのサクラなんであります(^_^)v
 昨日は、タイミング良く満開状態。
 丁度、4名ばかりの先客がおられまして、雑談にも花を咲かせておられます。この方々も含めて撮りまくりスタートです。
 それでは、ここから集会所裏方向に南下しながらサクラ見物を(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

3/14(日)は、田尻町の高台から見下ろす「杏ロード」をノンビリと散策でした(3)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
03-720-555

 「杏品種比較試験地」にヤッて来ますと、ここが一番規模の大きい杏畑ですから、満開のピークは過ぎてはおりましても大変キレイでありました(^.-)☆
 暫く穏やかな瀬戸内を眺望…杏の花の撮りまくり…で過ごしておりまして、それでは田尻のあんず発祥の地「円明寺」に向かおうと進んでおりますと、前方からワンchan連れのご夫婦が…
 ワンchanの散歩も兼ねまして杏畑巡り…微笑ましい光景です(^.-)☆

 円明寺の境内から仙酔島の眺望も、毎回、見慣れた景観ではありますけど、何度眼にしましてもイィものでありました。
 それでは、十三仏方向に向かってみましょうか(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

3/20(土)は、春彼岸会施餓鬼法要で参詣でした(^.-)☆(5)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720

 彼岸会の法要を終えますと、お接待のお菓子を頂き、塔婆を手にお墓参りとなりました。
 病み上がりのGONsanは、昨年の11月下旬以降は、お寺は勿論、墓地にも上がっておりませんで、4ヶ月振りのお寺・墓参りで、今ではスッカリ元通り元気に歩けてはいますけど、転けてもイケないからと慎重に歩んでいますと言うのに…こんなGONsanを気にもせず、嫁さんはサッサと先行です(^.-)☆
 まぁイィのですけど…

 塔婆を取替え、ご先祖様に手を合わせ、軽く読経。嫁さんは延々とヤッておりますが、GONsanは宙で唱えられるところまで(^-^;
 そして、いつものように墓地から我が町を眺望です。
 4ヶ月振りに眼にします眼下の景観ですけど、やはり、こうして我が故郷を眺望していますと、心が和らぎますネ。
 何度眼にしましても、イィ景観でありました(^_^)v

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

3/14(日)は、田尻町の高台から見下ろす「杏ロード」をノンビリと散策でした(2)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
09-720

 「杏品種比較試験地」の少し下辺りまで上って来まして、後方を振り返りますと、JFEスチール・箕沖工業団地、そして、南方向には仙酔島・走島を眺望です。
 穏やかな春の海の瀬戸内…実にのどかなイィ景観です(^_^)v
 廻りの杏に眼を向けますと、満開を少し過ぎた段階でしょうか…散り始めた木…随分散ってしまいました杏の木…と、色々ですけど、まだまだ充分、杏の花が楽しめます。
 JFEスチールの白煙が、真っ直ぐに上空に伸びています。本当に穏やかな春日和であります(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

んっ!?…この信号機、通常の点灯に戻っておりましたけど…

03-720
04-720
05-720
06-720

 ここ最近、我が家から福山コロナシネマワールド方面に出掛けます際には、この信号機を通りますルートで車を走らせます事が多いGONsanなんです(^.-)☆
 この信号機が設置されています場所の防犯灯と言うか街路灯の下部には、赤い標示幕が立て掛けられております。
 そして、この赤い標示幕をよくよく見つめますと、『信号機撤去反対!』と記載されております。

 確か、もぅ随分前からこの標示幕は設置されていますように思います。
 この信号機が存在します交差点は、1日何便か乗り合いバスも走行しますのですけど、車輌の走行数が少ないのでしょうねぇ~で、近年、「信号機廃止」の声が上がっていますのでしょうねぇ~
 それに反対し、地域住民の皆様が、こんな『信号機撤去反対!』の赤い標示幕を設置しておられますのかも分かりません。

 それが、今月のいつからでしたか…終日、点滅信号となっておりました。GONsanが走行します方向は赤の点滅信号で、バスの走行方向は黄色の点滅信号に…
 先週の夕方でしたか…この信号を走行時、赤の点滅ですからGONsanは一旦停止。そこへバスがヤッて来まして、黄色信号ですから徐行されれば宜しいのでしょうけど、一旦停止。
 GONsanは、そのまま停止しておりますと、バスの運転手さん、GONsanに直進するよう合図。でもバスの方も直進ですから、GONsanはそのまま停止。
 暫くGONsanを見つめられたバスの運転手さん、結局、バスを直進で運行されました。

 …と、こんな事がありまして、突然、点滅信号で運用されますと戸惑いますねぇ~
 これは、多分、信号廃止に向け、とりあえず点滅信号に変更され、最終的に信号廃止とされるのかも…と、勝手に想像しておりました。
 ら、多分、今週辺りからまた点滅信号を止め、通常の信号機に戻されましたのでしょうねぇ~
 何故、元に戻されましたのか、GONsanには知る由もありませんけど、GONsanとバスの遭遇のように戸惑うケースが多発しましたのかも…それで、信号機を撤去すると、交差点事故急増への懸念から、従来通り存続への方向に向かおうとしておられますのかも分かりませんねぇ(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

3/14(日)は、田尻町の高台から見下ろす「杏ロード」をノンビリと散策でした(^.-)☆(1)


01-720
01-721
01-722
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720

 中国新聞sanのこんな記事に誘われて、3/14(日)は、「杏の花・菜の花」を求めて田尻町の高台から見下ろす「杏ロード」をノンビリと散策となりました(^.-)☆
 「杏まつり」でWEB上を検索しておりますと、こんな記載が…

 ◆菜の花畑に来られる方へのご案内(2021年春)

 【田尻菜の花畑の周辺の駐車スペースには20台程度しか駐車できません。通り抜けはできませんので、無理な進入はお控えください。】
 花を見にこられる方に向け「あんず広場(田尻町2870)」を臨時駐車場として開放しています。こちらをご利用ください。(菜の花畑まで徒歩10分)

 【今年も感染症流行の状況を鑑み、毎年3月に行っている菜の花まつり・あんずまつりは開催を見送りしています。】
 しかし田尻の菜の花畑の菜の花は満開、見頃を迎えています。瀬戸内の島々を背景に抱く花畑の景色をお楽しみください。

 …との事でありました。
 昨年も中止となりましたけど「杏まつり」が開催されますと、高島小学校校庭が駐車場として開放されますけど、本年も「杏まつり」は中止ですから、臨時駐車場の「あんず広場」へ車は駐めます事に(^-^)
 この「あんず広場」からは、バス通りを渡り、真っ直ぐ山側の「杏品種比較試験地」にと向かいます。
 こぅして海岸沿いから山側を臨みますと、杏はほぼ満開状態ですねぇ~既に、いくらか散り始めていますのかも分かりません。
 中国新聞sanの記事では、3月初めに咲き始めたようですから、今が見頃のようですね(^_^)v

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

3/20(土)は、春彼岸会施餓鬼法要で参詣でした(^.-)☆(3)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

3/20(土)は、春彼岸会施餓鬼法要で参詣でした(^.-)☆(1)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720

 昨年の春・秋、そして今回と、新型コロナの影響もありまして、参詣者は少ない感じでしたけど、3/20(土)は、春彼岸会施餓鬼法要でお寺詣りとなりました。
 あいにくの曇天で、正午過ぎ頃から降雨も予想されておりましたけど、多分、大丈夫だろう…と、傘は持たずにお寺行き。
 この日の様子を、また画像で少しご案内です(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

本日は4ヶ月振りに、安全パトロールで児童の皆様の出迎えでした(^.-)☆

01-720
02-720

 本日は、昨年の11月下旬から約4ヶ月振りに、下校時の安全パトロールで児童の皆様の出迎えとなりましたGONsanです(^.-)☆
 「腰部脊柱管狭窄症」の症状で、毎週月曜日の、児童の皆様の下校時の安全パトロールは、嫁さんに代行して貰っておりましたけど、本日は、4ヶ月振りにGONsanが任務遂行復帰となりました(^_^)v
 昨年までは、毎週月曜日は、一斉下校ですから一度で済みますけど、年明けからは、低学年・高学年と分かれての下校ですから、本日は、P.M.2:00と3:00の二度の出迎えとなりました。
 挿入の画像は、GONsanの担当場所であります水呑交番所脇の安政橋東詰めなんです。
 児童の皆様は、信号を渡り、この安政橋を渡って、GONsanの町内の児童は左方向へ…そして、孫達の町内の児童は右方向へ…
 児童の皆さんがヤッて来ます少し前に撮りましたのが、この画像(^-^)

 まず、P.M.2:00の定刻にヤッて来ましたのが、1~2年生の皆さんです。
 GONsanの孫の弟の方がヤッて来まして、「お帰りぃ~」と声を掛けますと、ニコッと笑って手を振ってくれますから、嬉しいですネ。
 問題は、毎回、姉の方なんです(^-^;

 P.M.3:00前に、二度目の出迎えで待機です。
 定刻に、3年生以上の皆さんがヤッて来まして、全員に「お帰りぃ~」と声掛けをしますけど、昨年同様に姉の方は分かりません。
 ジッと眼を凝らして注視するのですけど、やっぱり分かりません。
 大概、児童の皆さんは、大きな声で「ただいまぁ~」と返してくれるのですけど、きっと、姉の方は「あのむさ苦しいジジィは、私とは関係ないぞぉ~」と、無視して通って行きますのでしょうねぇ~
 まぁ、いつもこぅですから、構わないのでありますけど…
 我が家にヤッて来ました際には、「安全パトロールで声を掛けるのに、何で無視するの…」と尋ねますと、気付いているくせに「おじいちゃんに気付かなかった」ですから、苦笑してしまいます。
 嫁さんには、「何で自分の孫が分からないの…」と責められますけど、女子の場合は、みんな同じように見えまして、結構、分からないものであります(^-^;

 それはともかく、足も治りまして、また毎週月曜日は孫達の出迎えが出来ますのが嬉しいですねぇ(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

今まで、新涯小学校脇の市道を走行の都度、困惑していたのですけど…

01-720
02-720

 ハローズ新涯店に立ち寄りますと、タマに、福山市立新涯小学校脇の市道を走行して帰りますGONsanなんですけど、この市道を走行します度に、大変困惑してしまいますGONsanなんです。
 この市道は、新涯幼稚園~新涯公民館間の路面に白ペンキで、色々交通標識らしきモノが描かれておりまして、ここを走行しますGONsanには毎回、意味不明(^-^;
 「どうしろと言うのだ(^-^;…」と、毎回、困惑顔で走行でした。

 で、本日の、A.M.9:30。
 ハローズ新涯店からの帰路、久し振りにこのルートで帰りましたら、なんと、今回は、赤い三角コーンとか赤いポールが数多く設置ですから、また困惑。
 それで、途中で車を駐め繁々と拝見です。
 ふ~ん、そぅいぅ事でしたか…
 今回はポールが設置されていますから、よく理解できます。こぅしたゾーンには、進入するな!!…と言う事なんですねぇ~
 やっと理解のGONsanです。

 自動車免許更新時に貰います交通法規のテキストの交通標識には、路面上のこんな標識はありませんでしたし…何を意味するのだろう?…と、実に不思議でありました。
 きっと、こぅいぅ想いを抱いておられます方は、GONsanばかりでなく大勢おられましたのかも分かりませんねぇ~
 で、分かり易く三角コーン・ポールを設置。
 これでしたら、車も進入できませんから、そぅいぅ意味なんだろうと理解です(^.-)☆

 現在は、交通法規の交通標識に、こんな路面標示の標識がありますのかも分かりませんけど、最初からこぅして赤いポールで規制しておられましたら、悩まなくても良かったのに…とも思ってしまいます。
 きっと、GONsanのように意味が分かりません方からの苦情でもありましたのでしょうねぇ~
 何となくスッキリしましたネ\(^o^)/

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

本日、通りすがりにハローズ東福山店に立ち寄りましたら…

01-720
02-720

 本日、通りすがりにハローズ福山店に立ち寄り、チョッとした物を求め、駐車場を出ようとしますと、丁度、真正面にダンプがバックで入っておられました。
 で、暫し、待機となりましたけど、んっ!?…もぅ忘れ去ろうとしておりましたけど、ここは、先月・2/5に火災が発生しました場所ですネ…
 全焼の建物は解体除去ですけど、もぅ少し残骸が残っておりますようです。
 この残骸を取り除きますと、更地にと変貌です。
 この跡地に、また住居を再建されますのか否か、私には分かりませんけど、お隣りのお宅は、延焼しないかと、さぞ気が気で無かったものとお察し致します。
 ここ最近、全国各地で火災が発生していますようですけど、何もかも瞬時に失ってしまいます火災…本当に怖いですネ…

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

未だ退院し2日目だと言うのに、医療センターの建物を眼にしますと懐かしさが…

01-720
02-720

 昨日・3/7(日)は、所用でA.M.10:00頃に外出のGONsan。
 途中、郵便物の投函で水呑郵便局に立ち寄りの積もりが、つぃ素通り。入院ボケなのかも…通過した途端に思い出しましたけど、引き返すのも面倒で、帰宅後に歩いて出掛けます事に(^.-)☆
 所用を済ませ、駅前大通りを南下しています際に、郵便物投函を思い出し沖野上郵便局に立ち寄りとなりました。
 沖野上郵便局駐車場からですと、目前に福山医療センターの建物が(^
 うん、うん、GONsanはつぃ先日まで、あの建物で暮らしておりましたのですねぇ~未だ退院し2日目だと言いますのに、実に懐かしさが…で、早速、1枚パチリとなりました(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

生まれて初めて、福山市内で沖縄ナンバーの車を眼にしました(^_^)v

01-720
02-720

 本日、午前中の11:00過ぎでしたか…所用で芦田川大橋を渡り西新涯方面へ走行しておりましたら、いつの間にかGONsanの前に沖縄ナンバーの車が…
 最初、何気なく先行車を眺めながら接近しておりまして、「んっ!?」と眼が止まりましたのが『沖縄581』。
 いゃぁ、生まれて初めて、福山市内で沖縄ナンバーの車を眼にしてしまいました\(^o^)/
 これには大感激で、急いでスマホを取り出しパチリ。今まで眼にします機会がありませんでしただけに、実に嬉しい気持ちでありました(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

本日午前中は、春真っ只中の陽気でありました\(^o^)/

01-720

 これは、本日午前中の10:00頃に撮りました我が家周辺の景観なんです(^.-)☆
 今から散髪屋sanに出掛けよう…と、外に出ました途端に、春真っ只中を感じさせますムッとした空気に包まれてしまいました。この時の気温は、何度でしたのでしょうねぇ~とにかく、4月中旬の暖かさですからもぅビックリ。
 思わず周辺を見廻してみますと、「暑いなぁ~」と会話されながら、公園の片隅で何やら作業中の水呑消防団の皆様が…
 何しておられるのだろう?…と、よくよく見ておりますと、公園に設置の防火水槽の点検を兼ね、新人の団員さんへの消火作業講習の一コマでしたのかも(^.-)☆
 ここ最近、福山市内でも民家の火災が多発していますようですネ。
 新聞記事で拝見しますと、大概、一戸建て住宅の全焼火災で、お住まいのご高齢の方がお亡くなりに…
 何もかも失ってしまいます火災…本当に怖さを感じてしまいます。
 我が家も嫁さんとの二人暮らしで、そろそろ二人とも痴呆老人にと向かっているようですから、充分留意しませんと(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

本日午前中の10時頃、引野町で激しい火災がありましたようですネ…

01-720
02-720
03-720
04-720

 本日の、A.M.10:00頃でしたか…友人がLINEで火災現場の画像を届けてくれました。
 空に舞い上がります黒煙…建物1階部分からの激しい炎…画像を拝見しますだけでも怖さが伝わってしまいます。
 最初は、引野町の何処なんだろう?…と思いましたけど、う~ん、場所はスグにGONsanにも分かりましたネ。
 ハローズ東福山店sanのスグ近くに「御菓子司 風流庵 引野店」sanが存在しますけど、このお店のようですネ。
 1時間もしない内にWEB上には、この火災を伝えます色んな画像が…大きな爆発音が…と綴っておられます方も…
 火災の原因が何でしたのか分かりませんけど、何もかも一瞬のうちに無くしてしまいます火災は大変怖いですし、このお店の関係者の皆様に取られましては、誠にお気の毒でございます。
 TVニュースに眼を向けておりますと、全国各地で火災の報道が続いております。今冬は冷たい気温が続きますから火の取り扱いも多いでしょうし、空気も乾燥しておりますようですから、火の元には充分留意したいものであります(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

1/18(月)には、また気晴らしに鞆・常石方面を走行でした(^.-)☆(12)

01-720
02-720
03-720
04-720

 「阿伏兎山森林自然公園」案内表示板まで戻って来ましたので、それではグリーラインを走行し退散です。
 この案内表示板付近には、数台の車の駐車が可能ですけど、この場所を通ります際に車が駐まっていますのを眼にします事は、あまりなかったような…
 ここ近年は、阿伏兎山森林自然公園を訪れます方は少ないのかも…かく言うGONsanも久し振りに訪れましたけど…ですけど、10年ばかり昔と比べますと、遊歩道は随分キレイに整備されておりました。
 温かくなりました春頃に、また訪れてみたいものであります(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

1/18(月)には、また気晴らしに鞆・常石方面を走行でした(^.-)☆(11)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720

 バラ霊園を横目に暫く下って行きますと、なんと、樹木が倒れて遊歩道を遮っています(^-^;
 遮っています樹木を踏み付けて越えて行きますのもチョッと無理。かと行って、右側斜面に下りて迂回しますのも、身体障害者のGONsanには、これまた難しそう(^-^;
 結局、三叉路まで引き返し、霊園の舗装道を進みます事に…
 登山時に、バラ霊園まで上がりました際に下山の男性に遭遇しましたけど、遊歩道を下山されなかった理由が、この時に初めて分かりましたネ(^.-)☆
 次回、「阿伏兎山森林自然公園」を訪れます機会がありましたら、GONsanは迷わずバラ霊園にと直進ですネ(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

1/18(月)には、また気晴らしに鞆・常石方面を走行でした(^.-)☆(10)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720

 何年振りかで「高射砲陣地跡 砲座」を訪れましたので、それではこの辺で退散です。が、せっかく訪れましたので、もぅ少し散策を続けまして「阿伏兎展望台」まで行ってみたい気持ちにも…
 そぅは言いましても決して右足の調子は良くありませんGONsanですから、無理も出来ません。
 阿伏兎展望台行きは次回の機会に…やっぱり退散です。
 穏やかな瀬戸内に眼を向けながら下山して来ますと、バラ霊園手前の三叉路に…来た道をそのまま戻ればイィのですけど、右方向の正規の遊歩道を下山します事に(^.-)☆

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

1/18(月)には、また気晴らしに鞆・常石方面を走行でした(^.-)☆(10)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
09-720

 WEB上で、「高射砲陣地跡 砲座 福山市鞆町」と検索してみましたら、こんな記載がありました(^.-)☆

 ◆横島(福山市内海町)のタンク・鞆の高射砲

 --- しろみ茂平の話(郷土史を中心にした雑記) ---
 (https://blog.goo.ne.jp/mobira/e/19ef27958a913c75109e0362aefaef43)

 横島(福山市内海町)のタンク・鞆の高射砲
 2019年08月12日 市町村史
 岡山の記憶 第9号・2007年より転記する。

 ・「鞆後山高射砲陣地」探査記

 昭和17年ドーリットル機の空襲で、呉鎮守府は初の空襲警報を発令した。
 当時、高射砲陣地とする鞆・後山からすく近郊の横島(福山市内海町)に岩国陸軍燃料廠貯油槽を設置していた。タンクは航空燃施設では国内最大規模で11基(円型・直径30m、高さ10m)を誇った。
 のち計画される高射砲陣地はこの要地防空が主任務だったのは明白である。
 8月8日夜、四国、荘内半島で福山へ針路をとったB29、91機は洋上4.000mの高度を保持し、福山に焼夷弾を投下した。福山空襲時に対空発砲が行われた事実はつかめなかった。
 一方、B29飛行58連隊の航空日誌には、対空砲火のあった記録が残っているが、反撃された砲台位置の記録はなられなかった。

 ・武装解除

 高射砲陣地の高射砲・付属機器はGHQの命令で解体されたり爆破された。室浜廠舎は外地引揚者が入居した。解体放置された鉄材は、朝鮮戦争の金ヘンブームで小片まで持ち去られ姿を消した。
 それから高射砲陣地跡は放置され、まったく忘れられてしまった。
 高射砲台座へは阿伏兎自然遊歩道東口から山林にはいればよい。砲座跡は保護のため粘土と土で覆っている。

 ・証言 能登原

 この村落に住む人は高射砲陣地や海後山(監視所)は日常的に望見することができた。発射訓練は昭和11年11月ごろから。風船(気球)を揚げ、それに向けて発射する砲煙を見た。
 国民学校児童は慰問にいった。昭和20年になると暁部隊が学校に泊まり松根油作業をしていた。
 岩国陸軍燃料廠横島出張所・陸軍燃料廠航空燃料貯油所
 昭和15年燃料廠が発足。同時に陸軍により航空燃料貯油建設を開始する。今もタンク防護壁と桟橋が残り、付近山間部には機銃座も最近確認された。朝鮮戦争時には米軍が接収した。

 …と、こんな記載がありました。
 そのほか、2015年8月6日付け中国新聞sanの朝刊記事、広報ふくやま・2016年7月号等で『海後山高射砲陣地跡』が取り上げられておりましたネ(^-^)
 「砲座」に掛けられましたビニールシートは捲られ、枯れ木・枯れ葉に覆われて、この砲座を訪れられます方々は決して多くない様子が伺われましたネ(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

1/18(月)には、また気晴らしに鞆・常石方面を走行でした(^.-)☆(9)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720

 遊歩道の左側は海側の崖ですから、別に右側を注視しながらと言う訳でもなくノンビリと進んでおりましたら、程なく「高射砲陣地跡 砲座 →」の案内標識が樹木に…
 このまま直進しますと「阿伏兎展望台」ですけど、この標識を右に向かいますと「砲座」なのでしょうネ…

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

1/18(月)には、また気晴らしに鞆・常石方面を走行でした(^.-)☆(8)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720

 それでは、この辺で「沖の観音」とお別れです。来た道をそのまま能登原経由で鞆のグリーンライン方向へ。
 ベラビスタマリーナを通過時に海辺に眼を向けましたら、運行中なのでしょうネ…「ガンツウ(guntû)」の姿はありませんでした(^.-)☆
 能登原を抜けグーリーンラインに入りますと、スグに「阿伏兎山森林自然公園 遊歩道東口」が眼に入りますので、これまた久し振りに遊歩道をノンビリ歩きまして「高射砲陣地跡 砲座」を訪れてみます事に(^.-)☆

 「遊歩道東口」入口は整備され舗装されておりますけど、チェーンが張られ「関係者以外立入禁止」の表示が…
 関係者以外と言われましても「阿伏兎山森林自然公園」に入るのですから…

 構わずチェーンを跨いで進んでいきますと、間もなく「阿伏兎山森林自然公園 東入口」の標識が。この標識に従い左方向に進んでも良いのですけど、舗装されました直進道をGONsanは選択です。
 以前は、こんな道なんぞありませんでしたけど、進んで行きますと霊園らしき造成地に…ふ~ん、今から本格的に分譲開始されますのかも…入口の「関係者以外立入禁止」は、この『ばら霊園』の関係者と言う意味でしたのでしょうねぇ~
 なら、引き返して先ほどの「阿伏兎山森林自然公園 東入口」の標識まで戻らなくてはならないのかも…と思案しておりましたら、前方から登山者がお一人下りて来られましてラッキー(^_^)v
 「砲座跡に行きたいのですけど、このまま上れますか?」と、お尋ねしますと、「あぁ、この霊園の横を抜けて、右側を見ながら200mばかり進んだら小さい『砲座 →』の標識があるから、スグ分かりますよ(^-^)」との事でありました。
 きっと、地元の方で、毎日、このルートを歩いておられますのかも…

 それでは、教えて頂いた通り、右側を見ながら前進です(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

1/18(月)には、また気晴らしに鞆・常石方面を走行でした(^.-)☆(7)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

1/18(月)には、また気晴らしに鞆・常石方面を走行でした(^.-)☆(6)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
05-721
05-722
06-720
07-720
08-720

 ノンビリと尾道市浦崎・厳島神社を拝見しましたので、ソロソロこの辺で退散です。
 ここから島の北側に向かい、海岸沿いの「ハートSPOT」を抜け、浦崎~向島間を結びます「歌フェリー」の桟橋に向かって見たい気持ちもあるのですけど…

 ◆ハートSPOT
 潮の流れでハートが浮かび上がって来ますようで、これを見ますと恋愛成就しますとか…
 WEB上で捜してみますと、ふん、ふん、こんな画像がありました。う~ん、確かにハート形に見えますネ(^_^)v

 ◆歌フェリー(歌戸運航)

 ・歌フェリー(歌戸運航)の概要
 尾道市向島の歌港から対岸にある尾道市浦崎町の戸崎港を結ぶ歌戸運航のフェリーは地元の皆さんから「歌フェリー」とか「歌渡し」と呼ばれています。尾道市の浦崎町は、隣接する広島県福山市の飛び地です。

 ・歌フェリーの時刻表 始発と最終
 歌フェリーの始発は平日 朝6:30~最終は19:30です。日祝は 朝7:00~最終は18:00となっていますのでご注意下さい。
 時刻表は存在しませんが、始発から最終までひんぱんに往復運航しています。朝夕の通勤ラッシュには乗客の乗り込みを待って出航し、約5分で対岸のフェリーのりばに到着します。
 閑散時間帯はお客さんが乗ったら対岸へ向かうシステムです。このためタイミングによって対岸で客待ちしているフェリーをずっと待ち続けることになるため、画期的なフェリー呼び出しボタンが最近登場しました。

 ・対岸の歌フェリーを呼出すボタン
 お客さんの少ない閑散時間帯は歌港側、戸崎港側それぞれのフェリーのりばに設置されている押しボタンを押すと、港に備え付けられた回転灯が点灯し対岸で待機中のフェリーがすぐに迎えに来てくれます。

 ・戸崎港のフェリー呼出しボタン
 回転灯が点灯したのを確認したら、徒歩客やサイクリング自転車の乗船客は浮き桟橋で待機、車輌は港の待機レーンで停車してお待ち下さい。
 フェリーは下船優先、つまり対岸から乗船してきた車輌や自転車、徒歩の乗船客が下船してから乗り込むのがルールです。降りる方が優先ですので順序よくお待ち下さい。くれぐれも、ピンポンダッシュなどはなさらぬようお願いしますぞ。

 ・自転車込みで片道200円
 片道運賃は大人170円、小児90円です。手荷物運賃として自転車30円、原付バイク60円、自動二輪90円が加算されます。大人ひとり200円でサイクリング自転車に乗ったまま乗船できます。原付バイクならば230円です。
 車輌は普通車が310円です。車の長さによって微妙に課金が変わりますが40円とか50円という差額です。運転手1名の運賃を含んでいますが、同乗者の運賃は別途加算されます。
 チケットを購入する必要はありません。船内で料金が徴収されます。スイカやイコカなど交通系電子マネー、Edy、クレジットカードは利用できませんので小銭を用意して乗船して下さい。

 …と、こんな「歌フェリー」なんですけど、結構ユニークなフェリーですので、機会が有りましたら乗船してみたいですネ。
 今回は、「フェリー呼び出しボタン」を画像に納めたい気持ちも生じましたが、これもまたの機会に(^-^)/
 それでは、訪れましたルートで引き返しです(^.-)☆

 「沖の観音」まで戻って来ますと、車を駐め、またパチリ。
 後方には常石造船、そしてズッと後方には「横島」と「田島」を繋ぎます『睦橋』が…画像の左側が田島、右側が横島ですねぇ~

 ◆二つの島を結ぶラブパワースポット「睦橋」

 広島県の南東部、沼隈半島の沖合に浮かぶ内海町は、田島・横島の二つの島からなり、温暖な気候と自然環境に恵まれたのどかな町である。
 田島・横島は幅50mほどの防地瀬戸により隔てられ、人々は渡船により往来していたが、両島の共同施設の大部分が田島側にあったため、交通や物流に著しい支障を来たしていた。
 このため、両島を結ぶ橋の建設が議論される一方で、防地瀬戸は内海と外海を結ぶ重要な航路でもあることから、架橋による航行船舶への影響も考慮しなければならなかった。
 様々な技術的検討を行なった結果、後に「土木学会田中賞」創設のきっかけともなった田中豊博士の指導のもと、最新式開閉橋を採用し昭和26年に「初代・睦橋」は完成した。
 この橋は、規模としては小さいながらも、観光地・瀬戸内海の小さな島と島を結ぶ意義と、博士による跳開方式の特殊性が遺憾なく発揮された橋梁として注目を集めた。
 時は流れ、生活様式や交通環境の変化により、交通制限がかかる開閉式橋梁はその役目を終え、昭和54年には防地瀬戸を跨ぐ「二代目・睦橋」が完成し、のちに架けられる内海大橋によって内海町も本土化を達成するのであった。
 初代・睦橋は、本体こそ撤去されてしまったが、田中博士の偉業を称えるかのように、「睦橋」と彫られた親柱だけが今もひっそりと往時の名残をとどめている。
 そして現在の睦橋は、田島・横島の形が、まるで2匹の魚がキスしている様子に似ていることから、その唇部分にあたり島同士を結ぶ橋として、「睦橋」の名のごとく、恋人同士の愛を結ぶ新たなラブパワースポットとして注目されている。

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

1/18(月)には、また気晴らしに鞆・常石方面を走行でした(^.-)☆(5)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
09-720

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

1/18(月)には、また気晴らしに鞆・常石方面を走行でした(^.-)☆(4)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
09-720

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

1/18(月)には、また気晴らしに鞆・常石方面を走行でした(^.-)☆(2)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

1/18(月)には、また気晴らしに鞆・常石方面を走行でした(^.-)☆(1)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720

 天気もイィし温かいし、1/18(月)午前中は、また気晴らしに鞆・常石方面を走行となりました(^.-)☆
 1/4(月)には、常石の「眺洋山」に上がりますのを断念し、海岸沿いを走行し「浦崎沖の観音」が臨めます辺りで引き返しておりました。
 で、今回は「浦崎沖の観音」近くまで出掛けてみます事に(^-^)

 初めて間近で「浦崎沖の観音」を眼にしましたけど、そぅですネ、確かに干潮時には歩いて渡れそうですネ(^_^)v
 この日は無理でしたけど(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

1/4(月)には、気晴らしに鞆・常石方面を走行でした(^.-)☆(7)

01-720
02-720
03-720
04-720

 ベラビスタマリーナの駐車場を移動し、もぅ少し「ガンツウ(guntû)」に近付いてみます事に…いつの日か機会がありましたら、今度は運航中の「ガンツウ(guntû)」を画像に納めてみたいですネ。
 それでは、これで、我が家にと帰る事に致します(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

1/4(月)には、気晴らしに鞆・常石方面を走行でした(^.-)☆(6)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720

 暫く「浦崎沖の観音」に眼を向けておりましたけど、ここでもズッと立ってはおれませんGONsanですから、この辺りで引き返しとなりました。
 帰路では、ベラビスタマリーナに立ち寄り「ガンツウ(guntû)」見物を(^.-)☆
 で、ベラビスタマリーナの駐車場からガンツウに眼を向けましたけど、う~ん、残念(^-^; 乗り場に遮られまして「ガンツウ」の全容を画像に納めますことは叶いませんでしたねぇ~

 ◆ベラビスタマリーナ(Bella Vista Marina)とは

 瀬戸内の島々と穏やかな海と空、豊かな自然を満喫するホテル所有のベラビスタ マリーナ。
 しまなみ海道の島々や尾道、かつては鞆幕府とも云われた、潮待ちの港、広島・鞆の浦までは約7マイル。瀬戸内の島々の間を縫い、季節・時間とともに移りゆく変わる景色の中でのクルージングは、ほかでは味わえないロケーションです。
 マリーナ内にはCAFEやランチ、BBQも楽しめる「SOFU パスタ&カフェ」、また近接するリゾートホテル「ベラビスタ スパ&マリーナ尾道」で、宿泊やレストランの利用も可能です。
 クルーザーやヨットの保管・メンテナンスを行っており、船舶免許・ボート免許の取得プログラムもご用意しております。
 ベラビスタマリーナでリゾート感あふれるマリーナライフを。

 ◆ガンツウ

 --- 出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』---

 ガンツウ(guntû)は、ツネイシホールディングス傘下のせとうちクルーズ(代表・神原秀明)が運航するクルーズ客船。船名はイシガニの尾道地方における方言に由来する。

 ・概要

 常石造船で建造され、2017年10月17日に就航した。
 尾道市のベラビスタマリーナを発着港として、瀬戸内海沿岸の景勝地を周遊。宮島、大三島、丸亀市などに寄港する宿泊型クルーズを行っている。振動を抑えるため電動モーターにより10ノットで航行する。夜は港に接岸せず、入江に投錨することが多い。
 常石造船は1989年から1999年まで本船と同様にマリンパーク境ガ浜を拠点に元・宇高連絡船「土佐丸」を改造したクルーズ客船「サウンズ・オブ・セト」を運航していた。
 建造資金は、地元地方銀行および日本政策投資銀行の出資による「せとうち観光活性化ファンド」を通じて調達。事業開発を地域の金融機関など40社超が出資する瀬戸内ブランドコーポレーションが、プロモーション・旅行商品開発を一般社団法人 せとうち観光推進機構が支援するなど、地元企業の協力を受けて事業が進められている。

 ・設計

 船内では地元食材を中心とした食事が提供され、室内の調度品、アメニティなども瀬戸内海沿岸の生産品が厳選されて使用されている。船内で提供される和食は原宿の老舗割烹「重よし」の大将である佐藤憲三が監修。鮨は淡路島「亙(のぶ)」の坂本亙生が監修する。その他、ラウンジでは奈良の「樫舎(かしや)」の喜多誠一郎監修の和菓子も楽しめる。

 DECK3:オープンデッキ、カフェ&バー、ダイニング、鮨カウンター、縁側、ショップ、ラウンジ
 DECK2:ザ ガンツウスイート、グランドスイート、テラススイート(露天風呂付き)、テラススイート、浴場、ジム、トリートメントルーム、湯上り処
 DECK1:グランドスイート、テラススイート(露天風呂付き)、テラススイート、エントランス、アクティビティデッキ(テンダーボート)

 …と、WEB上で検索しますと、こんな「ベラビスタマリーナ(Bella Vista Marina)」「ガンツウ(guntû)」なんであります(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

今朝起床しますと、周辺は今冬初めての積雪でした(^.-)☆

01-720

 今朝、起床しましたのは、A.M.7:00少し過ぎ。
 外に出ますと、バケツの氷は、いつもでしたら固定されているのですけど、今朝はプカプカと浮いた状態ですから、ふ~ん、今日は暖かいのだ…と想いながら周辺に眼を向けますと、我が家の畑はうっすらと雪化粧。
 うん、うん、今冬初めての降雪でしたネ(^_^)v
 「今冬初めての降雪」と言いますよりも「今冬初めての雪景色・雪化粧」と言った方が良いのかも…
 朝食を終え、再度、外に出てみましたら、ミゾレから降雨に変わっておりまして、せっかくカメラを手にしましたのですけど、う~ん、残念。雪景色を画像に納めます事は叶いませんでしたネ(^-^;
 で、西方の山側、沼南アルプスに向かって一枚パチリ(^.-)☆
 どぅにか、今冬初めての雪景色が撮れました。
 バケツの氷から考えますと、雪が降ります時は、意外と気温は低くありませんのかも(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

1/4(月)には、気晴らしに鞆・常石方面を走行でした(^.-)☆(5)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720

 景色がイィので暫く瀬戸内を見下ろしていましたら、う~ん、もぅ限界かなぁ…立っておれなくなりそうです(^-^;
 この調子では、「眺洋山」には歩いて上がる事は難しいようです。とは言いましても、せっかく来ましたのですから、内海大橋下の海岸沿いを走ってみます事に…
 内海大橋、常石造船を、まずパチリ。常石造船の後方が「眺洋山」ですねぇ~
 暫し内海大橋下の景観を楽しみましてからは、海岸沿いを常石造船を通り抜け、尾道市浦崎方向に走行です。
 そして、「浦崎沖の観音」が臨めます駐車可能な場所で小休止(^-^)

 ◆浦崎沖の観音(Mont Saint Michel on Onomichi)

 ・乗り越えたい試練を叶えてくれる沖の観音さま
 尾道市の東部、浦崎町の沖に浮かぶ観音堂です。普段は海の中にありますが、干潮になると歩いて渡ることができます。近年、尾道のモンサンミッシェルと呼ばれるようになってきました。

 ・町の由来にもなった観音堂
 その昔、浦崎町が複数の島だった頃、このお堂のある島が「浦の崎」にある島ということから「浦崎島」と呼ばれており、現在の町名の由来となりました。

 ・長靴があるととっても便利
 大潮の時期、干潮の時間を狙って浦崎の沖の観音へたどり着くと、歩いて渡れる砂浜が出現します。足元を濡らすのがイヤな方は長靴持参でお詣りすることをオススメします。

 ・ゆっくり落ち着いて歩こう
 小島の観音堂の小島には石の階段がありますが、海草類が生えているため滑りやすいので落ち着いてゆっくり昇りましょう。

 ・観音さまへのお詣りについて
 観音堂を拝観するときには心を落ち着けて祈りましょう。
 「こういう壁を乗り越えたいのでヨロシクお願いします」といきなり祈るのもよろしいですが…「私は△△に住む、□□と申します。ただいまこういう試練に立ち向かっています。乗り越えられるように▽▽しています。どうか、見守って下さい」。
 まずは自己紹介をして、乗り越えたい試練の内容と打破するための施策を公言してから祈りを捧げることにより、自分の目標も再認識することができるので、筆者は後者でお祈りするようにしています。

 ・干潮時には景色が変わります
 干潮時と満潮時ではまったく違う景色になります。沖の観音さまの背景になっているのは福山市の常石造船さんです。

 …と、WEB上には、このような記載が(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

1/4(月)には、気晴らしに鞆・常石方面を走行でした(^.-)☆(4)

01-720
02-720

 暫く眺望し、何気なく駐車場方向に眼を向けますと、DAIHATSU COPEN Cero(コペン・セロ)が(^.-)☆
 GONsanは、初年度登録から17~8年が来ようかと言う旧型コペン号に乗っていますけど、うん、うん、コペン・セロ号は仲々カッコ良い車ですねぇ~さりげなくオープンにしていますのが、またイィですネ(^-^)
 そして、これまた凄そうなバイクを駐めておられる方も…
 バイクの事は、よく分かりませんGONsanなのですけど、きっとハーレーダビッドソンなんでしょうねぇ~ドライバーもおられましたので、一緒にパチリとなりました(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

1/4(月)には、気晴らしに鞆・常石方面を走行でした(^.-)☆(3)

01-720
01-721
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720

 スカイラインを上りきりグリーンラインにと出て来ますと、左折し南方に走行です。そして、グリーンライン展望台で道端に停止し暫し眺望となりました(^.-)☆
 天気もイィし比較的温かいし、GONsanと同じように気晴らしにグリーンラインを楽しんでおられます方々なのでしょうねぇ~先客が5~6名おられましたネ。

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)
QRコード
QRコード
ジャンル(絵日記)
日常生活を通じて眼にしたこと、感じたこと、出掛けた先の景観…等を、備忘録代わりに絵日記として綴っております(^-^)/"
ギャラリー
  • 「福山港工事見学会」への応募、当選しましたようでラッキー(^.-)☆
  • 「福山港工事見学会」への応募、当選しましたようでラッキー(^.-)☆
  • 「福山港工事見学会」への応募、当選しましたようでラッキー(^.-)☆
  • 「福山港工事見学会」への応募、当選しましたようでラッキー(^.-)☆
  • 福山市では連日のコロナ感染者の発生で、気が重くなりますネ…
  • 福山市では連日のコロナ感染者の発生で、気が重くなりますネ…
  • 福山市では連日のコロナ感染者の発生で、気が重くなりますネ…
  • 福山市では連日のコロナ感染者の発生で、気が重くなりますネ…
  • 福山市では連日のコロナ感染者の発生で、気が重くなりますネ…
  • 福山市では連日のコロナ感染者の発生で、気が重くなりますネ…
  • 3/29(月)・3/30(火)は、芦田川河川敷-白萩団地を散策でした(^.-)☆(1)
  • 3/29(月)・3/30(火)は、芦田川河川敷-白萩団地を散策でした(^.-)☆(1)
  • 3/29(月)・3/30(火)は、芦田川河川敷-白萩団地を散策でした(^.-)☆(1)
  • 3/29(月)・3/30(火)は、芦田川河川敷-白萩団地を散策でした(^.-)☆(1)
  • 3/29(月)・3/30(火)は、芦田川河川敷-白萩団地を散策でした(^.-)☆(1)
プロフィール

 ・名前 GONsan
 ・年齢 大人
 ・性別 男子
 ・地域 広島県福山市
 ・星座 牡牛座


GONsan's ホームページ 「日本全国通過旅」


Since '00/04/19  ブログパーツUL5




GONsanの「気まぐれ独り言」 - にほんブログ村

↓ 何となく笑えます(^.-)☆








↓ 落書きですけど、お上手ですネ(^_^)v









↓ 今は亡きGON子です



  • ライブドアブログ