GONsanの“気まぐれ独り言”


GONsanがこよなく愛します芦田川には、こんなおばけフナが生息しております(^.-)☆

福山市内の何でもない景観

11/24(日)は「水呑学区・自主防災訓練」の実施でした(^.-)☆(4)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
09-720
01-720-555

 向丘中学校からの我が家までの帰路は、往路同様にノンビリと我が町の紅葉の景観を楽しみながら(^.-)☆
 水呑川沿いの紅葉は、春のサクラ同様に大変イィ景観であります\(^o^)/
 川底を覗き、往路に見掛けたカモsanを捜してみましたけど、もぅ居ませんでしたねぇ~もし居ましたら、これでもか、これでもか…と、カモsanが嫌がるまで画像に納めようと思ったのですけど…う~ん、残念(^-^;
 我が家近くの畑にも、皇帝ダリアがキレイでしたネ(^-^)/

 そぅそぅ、数日前にはWEB上にこんなニュースが…

 ◆鹿児島県警、放火容疑で消防団員逮捕「手当欲しかった」

 --- 時事ドットコムニュース 2019年11月25日20時47分 ---

 鹿児島県の奄美大島で昨年7月、空き家に放火したなどとして、県警捜査1課などは25日、現住建造物等放火容疑などで、同県龍郷町嘉渡の建設作業員松元裕太容疑者(30)=窃盗罪などで起訴=を逮捕した。同容疑者は地元の消防団に所属し、「出動手当が欲しかった」などと容疑を認めているという。
 逮捕容疑は2018年7月19日午前2時ごろ、同県龍郷町嘉渡の木造平屋建ての空き家に侵入して放火し、近隣の民家など計11棟(計約470平方メートル)と軽乗用車1台を全半焼させるなどした疑い。
 同課などによると、松元容疑者は放火後、自ら119番した上で消火活動に参加し、5,000円の出動手当を受け取っていた。同町では2日前にも住宅など7棟が燃える火災が発生。同容疑者は調べに対し、関与をほのめかしているという。いずれの火災もけが人はいなかった。
 大島地区消防組合龍郷消防分署によると、松元容疑者は08年から消防団に所属。同署は「事実関係を確認中で、事実であれば被災者の方におわびしなければいけない」とコメントした。

 …と、こんなニュースでありましたけど、身の危険を冒してまで人命救助に注力しておられます方がおられる一方で、こんなとんでもない輩が…
 やるせない気持ちになってしまいますネ…

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

11/24(日)は「水呑学区・自主防災訓練」の実施でした(^.-)☆(3)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
09-720
02-720-555

 中国電力sanによる「停電復旧訓練」が終わりますと、本日の自主防災訓練はオシマイです(^.-)☆
 いつの日か、津波来襲で、向丘中学校に避難して来ます事があるのかどぅか分かりませんけど…出来る事なら、極力、こぅした機会がありません事を、ただただ祈るばかりのGONsanなのであります(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

11/24(日)は「水呑学区・自主防災訓練」の実施でした(^.-)☆(2)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
09-720
04-720-555

 消防局高度救助隊の皆様の、建物崩壊による瓦礫に埋まった中の生存者救出は、実戦さながらの訓練なのでしょうネ…
 生存者を一刻も早く救出しなければなりませんが、隊員ご自身の身も守らなければなりません。それだけに、日々のこぅした訓練は大変なものとお察し致します。
 毎年1月に、芦田川河川敷で行われます出初め式では、閉じ込められました車輌の中の生存者救出訓練を拝見しますけど、瓦礫の中からの救出も、こぅして訓練しておられますのですねぇ~
 今回初めて拝見しましたけど、改めて隊員の皆様の大変さを痛感してしまいました。

 この訓練が終わりますと、次は中国電力sanによる「停電復旧訓練」です。先の台風の災害復旧では、この方々も支援で車輌と共に千葉に向かわれましたとの事でありました。

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

11/24(日)は「水呑学区・自主防災訓練」の実施でした(^.-)☆(1)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
03-720-555

 11/24(日)は、「水呑学区・自主防災訓練」が行われまして、エリアメールで、A.M.9:06に福山市に津波警報発令を受信です。
 訓練開始はA.M.10:00なんですけど、意外と真面目な嫁さんは、近所の方と9:15には避難場所であります向丘中学校へ(^-^)
 まだ早過ぎる…と思いながらも、GONsanも9:35には我が家を出まして向丘中学校に向かいます事に。

 水呑川の土手を歩いて向かっておりますと、中村集会所裏辺りの紅葉が仲々キレイ(^_^)v
 で、この景観を画像に納めながらノンビリと。水呑川では石垣の雑草を取り除いておられます方が…そして、1羽のカモsanが…
 こうした景観に眼を向けながらノンビリと中学校へ。でも、中学校に向かって避難しておられます方々の姿は見えません(^-^;
 えっ、集合時間を間違えたのだろうか…と、少し不安な気持ちも抱きましたけど、いぇいぇ、確かに10:00集合だったと思います。

 途中から早足に変わり中学校にと到着しますと、まだ10:00少し前だと言いますのに、皆さん、集合し整列しておられます(^-^;
 こんな状況ですから、バツ悪そうにGONsanは集合しておられます皆さんの後方辺りへ(^-^)
 そして、ほどなく「訓練式典」が始まりましたネ。
 開会ご挨拶が終わりますと、早速、消防局高度救助隊・福山市消防団水呑分団の皆様による訓練が開始となりました。

 この日の様子を、また画像でご案内致します(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

皇帝ダリア…もぅ少しで満開ですネ(^.-)☆

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720

 少し前までは蕾の方が多かったのですけど、2日前の11/22(金)に眼を向けますと、もぅ少しで満開を迎えそうですねぇ~
 我が家のみでなく、周辺の畑に眼を向けましても皇帝ダリアが賑やかに開花。いずれもキレイな状況です(^_^)v
 11月上旬に周辺の畑を見廻しました際には、いずれも開花がありませんから、台風で倒れたのだろぅ…と思っていたのですけど、我が家同様に倒れなかったのもありまして、それが今では美しく開花です(^.-)☆
 例年より開花が遅かったのかも分かりませんねぇ~12月中旬頃までは楽しめそうであります(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

「浜あおむし公園」の遊具の修理…本日ヤッと完了ですネ\(^o^)/

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
09-720
07-720-555

 11月も中旬に向かおうとしていますのに、今日もまた実に穏やかな小春日和で、少し動いておりますと汗ばんでしまいます(^.-)☆
 午前中に草取りでもしようか…と、一服しながら「浜あおむし公園」に視線を向けておりますと、眼の前にタカオ㈱sanの車が停車。そして、車から降りられました社員sanが公園入口の車止めの施錠を解除。そして車で公園内に…

 この公園内の遊具は老朽で3~4年前に使用禁止となりまして、ブルーシートが被せてありました。
 いずれ、修繕工事が始まるものと思っておりましたが、滑り台部分の修繕が終わり、使用再開となりましたのが去年のいつ頃でしたか…とにかく、滑り台の方は昨年に使用可能となりました(^.-)☆
 が、丸太吊り橋の遊具の方は、依然として使用禁止で、ブルーシートは被ったままで現在に至っておりました。
 孫達が我が家にヤッて来ます度に「じいちゃん、あの吊り橋は、いつ治るん?」と問われますので返事に窮しておりましたけど、これでヤッと一安心(^_^)v
 福山市の予算の関係もありますのでしょうけど、いゃぁ、使用禁止となりましてから完全修復まで実に長い期間でありました(^-^)

 福山市内には、こうした公園内の遊具の老朽化で、一部遊具の取替えが急がれます箇所は随分多いのでしょうから、市も大変だとは思います。
 工事風景を何枚か画像に納めますと、そろそろ草取りを始めなくては…
 その前に、畑の一角の皇帝ダリアをパチリです。
 台風で5~6本倒れてしまいまして、残りましたのがこの2本。本来なら10月末頃には大きなダリアが楽しめますけど、今回は数日前にヤッと開花。小さな2本が倒れずに生き残りましたけど、その2本が遅ればせながら成長し開花。それから一週間ばかり経まして、ヤッとこの状態に\(^o^)/
 まだ蕾状態のものが、今から次々に開花するものと思います。

 我が家周辺でも、この皇帝ダリアを植えておられますお宅は多いのですけど、近隣のお宅は、どちらも凡て台風で倒れましたとか…
 手入れが悪いですから、毎年、台風で倒れますのは我が家のみかと思っておりましたら、周辺のお宅でも同様のご様子。棒杭を打ち込み支えておりましても倒れると言うか折れてしまいますので、世話しますのもそれなりに大変ですけど、こうして開花してくれますと嬉しいものであります。
 今から12月までの2ヶ月間楽しめます皇帝ダリア…眺めておりますと、結構、イィものであります(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

昨日・11/10(日)は「住民懇談会」の開催でした(^.-)☆(2)

01
02
03
04
05
06
07
08

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

昨日・11/10(日)は「住民懇談会」の開催でした(^.-)☆(1)

01
02
03
04
05
06
07
08
09
10

 昨日・11/10(日)は、GONsanの所属します中村町内会(今は中村自治会と言うのでしょうけど…)の『住民懇談会』の開催でした(^.-)☆
 テーマは『防災から身を守ろう』で、参加者は40~50名程度の方々でしたでしょうか…多分、通常より多い参加者でしたような…
 近年は、全国的に地震・台風・豪雨…等の災害発生が多発しています状況より、住民の皆様の関心は身近な問題として大変高いですから、参加者が多かったのは当然なのかも分かりません。
 広島県内も決して例外ではありませんで、昨年の広島県豪雨災害、平成26年の広島市の土砂災害…と、大きな災害が続いています。

 ◆平成26年8月豪雨による広島市の土砂災害

 平成26年8月豪雨による広島市の土砂災害とは、2014年(平成26年)8月20日に広島県広島市北部の安佐北区や安佐南区の住宅地等で発生した大規模な土砂災害。「広島土砂災害」、「平成26年8.20広島市豪雨土砂災害」、「8.20土砂災害」などとも呼ばれる。
 この災害の素因となった豪雨は、気象庁により「平成26年8月豪雨」と命名されている。

 ・概要

 2014年8月19日夜から20日明け方にかけて、広島市安佐南区八木・緑井・山本および安佐北区可部を中心としたごく狭い範囲に集中豪雨が発生した。「数百年に1回程度より遥かに少ない確率」で発生した記録的集中豪雨であった。線状降水帯が発生し、3時間降水量は200ミリを超え、同時多発的に大規模な土石流が発生した。広島市災害対策本部のまとめでは、土砂災害166ヶ所(うち土石流107ヶ所、がけ崩れ59ヶ所)が発生している。

 1.記録的集中豪雨が、2.午前1時半から午前4時の真っ暗で対応の難しい時間帯に、3.新興住宅地など人家が密集する住宅地後背の山々を襲った、の3つの悪条件が重なったことで甚大な被害を出した「都市型土砂災害」。この土砂災害はそれ以前のものと一線を画し、単に砂防だけの問題でなく都市計画・地域計画・防災計画の様々な問題点が浮かび上がった。

 行方不明者の捜索は約1か月間におよび、災害における直接死は74人(最終報)、これに2016年現在で災害関連死3人が加わり、死者77人となった。この災害死の数は、国土交通省の発表によると土砂災害による人的被害としては過去30年間の日本で最多であり、1983年7月に島根県西部で87人が死亡・行方不明となった豪雨(昭和58年7月豪雨)による土砂災害以来の大きな人的被害となった。広島市に限れば、1999年6.29豪雨災害における土砂災害被害を上回った。近年まれに見る死者数の多さから、社会問題として大きく扱われた。住宅被害、電気・水道・ガスなどに加えて交通網が集散する場所であったことからライフライン・インフラ全てにおいて大きな被害を受けた。避難勧告の対象範囲は大きく、避難所へはピーク時で904世帯・2,354人が避難したものの、安全が確認されるまで長期にわたり避難所での生活を余儀なくされた。

 ただ不幸中の幸いであったのが河川(洪水)災害は限定的であったことである。災害が起きた付近は古くから河川災害が頻発した地であったが、20日4時20分頃可部三丁目付近で根谷川が氾濫した以外は大きく被災しなかった。
 行政対応の不手際から、1999年災害の教訓が生かせなかったと指摘された。特に、広島市からの避難勧告発令の遅さが批難された。土砂災害防止法の問題点が浮き彫りとなり、改正が行われた。
 東日本大震災(2011年)を機に作られた災害派遣精神医療チーム(DPAT)の初出動事例となった。

 …と、こんな「平成26年の広島市の土砂災害」を教訓に、広島市安佐地区の自治会の皆様の、以降の取り組みの現況を、まずはDVD鑑賞で学習です。
 そして、その後で、水呑学区の現状・取り組み・今後の課題…等が、中村自治会長・水呑交流館館長・防災リーダーの皆様から発表です。
 当日は、資料として「2017年に全戸配布済(黄色表紙)をご持参下さい」との事でしたから持参しましたけど、黄色表紙の資料に記載の「市指定避難場所」が「洪水・津波・地震→水呑小学校」⇒「洪水・津波・地震→向丘中学校」に変更されていましたのは知りませんでしたネ(^-^;
 「いつから変更になったのだろぅか…」と呟きますと、隣りにおられました方が『つい最近の「水呑交流館だより」に記載されてました』との事ですから、う~ん、絶句のGONsanでした(^-^;
 後で、家に帰りまして、嫁さんに「避難場所の変更を知ってた?」と尋ねますと、「うん、知ってる。みんな知ってると思う(^-^)」との事ですから、知らなかったのはGONsanくらいでしたのかも(^-^;
 まぁ、それをGONsanに教えない嫁さんも嫁さんですけど…我が家は「防災無関心派」の部類に属しますのでしょうねぇ~

 この日貰った資料を添付しますけど、『警戒レベル4で全員避難です!!』は、命は惜しいですから絶対厳守が必要ですネ。
 我が自治会の市指定避難場所では「土砂災害→水上スポーツセンター」ですから、何ヶ月か前の台風来襲時の避難場所として警戒情報の「避難場所:水上スポーツセンター」の指示に従い、安全確保のため念のためにと「水上スポーツセンター」に向かわれました方がおられましたようですけど、避難指示に従って訪れましたのに、水上スポーツセンターの建物は施錠され、建物内には入れませんでしたとか…
 質疑応答時に、この状況を確認しておられます方がお一人。
 何とも笑えない現況のようで…でも、確か、水上スポーツセンターには警備員さんが常駐と聞いていますのですけど…
 それにしましても、この事例に対しまして主催者・参加者のどなたからも問題視の発言はありませんで…少し不思議な気持ちも生じますGONsanなのでありました。

 そのほか添付資料の内容で「住民懇談会」は進行でした。
 主催者・参加者の皆様、大変お疲れ様でございました(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

今朝、眼を向けましたら、皇帝ダリアが開花しておりました(^.-)☆

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720

 我が家の畑の一角に皇帝ダリアを植えていますけど、毎年、台風がヤッて来ます度に何本か倒れます。
 今年も7本の内、大きいのが5本倒れまして生き残ったのが小さい2本。通常ですと10月下旬頃までには開花するのですけど、昨日までは未だ蕾状態でありました。
 台風以降、生き残りの2本の内の1本が順調に成長しましてこの高さに…今年は、皇帝ダリアを楽しめないのかも…と思っておりましただけに、チョッと嬉しい気持ちに(^.-)☆
 今から12月中旬頃まで開花が楽しめますけど、短期間と言えば短期間。
 この皇帝ダリアは、何年か前に当時の町内会長sanから球根状態で貰ったものなんですけど、今はお亡くなりに…こんな経緯もありまして、皇帝ダリアの開花を眼にします度に、当時の町内会長さんの面影が…

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

11/1(金)は、墓地の草取りでお墓詣りとなりました(^.-)☆

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720

 11/1(金)は、珍しく早朝でなく、A.M.10:00前から、月初の墓地の草取りでお墓詣りとなりました。
 月に一度、欠かさず草取りを行っていますから、多分、草も生えてはいないだろう…こんな予測通り、墓地はキレイなものでありました(^.-)☆
 ただ、仏花は、どぅしたものか…と。一部枯れ始めてはいますけど、まだ大丈夫のようにも思えますし…嫁さんからは「枯れていたら撤去」とも言われていますし…
 毎回、草取りで墓参りしますと悩みますのが、この仏花。まぁ大丈夫だろう…と、今回は現状維持で帰りましたけど(^-^)

 いつものように、墓前に手を合わせました後は、眼下を眺望です。
 いつもながら、イィ景観です。我が町を見下ろしておりますと、心が和みます。この日も芦田川の川面が大変穏やかでありました(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

9/23(日)は、「秋彼岸会施餓鬼法要」でお寺参りとなりました(^.-)☆(3)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
01-720-555

 法要が終わりますと、お上人の法話と続きます。
 そして、その後で、お接待のお土産を戴き、塔婆を手に墓前へと…
 またまた、ご先祖様に手を合わせましてから、眼下を眺望です。この日は、暑さもさほどでもありませんで、空気も澄んでおりまして、竹林寺天文台もクッキリと(^_^)v
 ヤッと秋らしくなりましたネ\(^o^)/
 この日は、一週間延期となりました孫の運動会開催予定でしたけど、今度は台風17号の接近で、またまた9/29(土)に延期となってしまいました(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

9/23(日)は、「秋彼岸会施餓鬼法要」でお寺参りとなりました(^.-)☆(1)

01-720
02-720
03-720
06-900-555

 9/23(日)・秋分の日は、「秋彼岸会施餓鬼法要」でお寺・お墓参りとなりました(^.-)☆
 法要は、A.M.9:30に開始です。
 いつもでしたら、家事に追われてお寺参り直前までバタバタしております嫁さんですから、ノンビリと出掛ける準備をしておりましたGONsan。
 ですが、まだ20分も前なのに「モタモタしてるから先に行くよぉ~」と嫁さんですから、もぅビックリ(^-^;
 サッサと先にお寺行きですから、苦笑してしまいます(^-^)

 GONsanは10分後に我が家を出まして、ノンビリと写真撮りながらのお寺行きとなりました。
 嫁さんと一緒ですと、せわしさがありますから、まぁ独りでのお寺参りの方が嬉しいのではありますが(^.-)☆

 参道脇のこのお宅。もぅ随分前の昨年でしたか…老朽の建物を解体され、キレイに更地にしておられました。
 以降は、スグに新築工事が始まるものと思っておりましたら、いつまでもその気配がありませんでした。が、ヤッと基礎工事が始まりましたネ(^_^)v
 年内には竣工し、新居で新しい年をお迎えに(^-^)後方の建物は、水呑小学校の校舎です。

 玉泉寺境内に到着しまして下駄箱に眼を向けますと、う~ん、珍しく、皆さん結構早めのお寺参り。施餓鬼法要の内容は、いつも通りなのでしょうけど、何故か皆さん今回は早めの集合のようですねぇ~
 本堂に入ります前に、境内から竹林寺天文台をパチリのGONsanでした(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

お彼岸前の9/21(土)は、嫁さんと墓参りでありました(^.-)☆

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720

 9/21(土)は、お彼岸も近付き、A.M.11:00過ぎから嫁さんと墓参りとなりました。
 毎月月初に草取りで出掛けておりますから、墓地は草も生えていないものと思いますけど、花のお供えをしなくては…
 墓地に到着しますと、予想通りキレイなもの。多少、細かい草は散見です。

 花を御供え後、読経です。が、曇り空で直射日光もなく涼しそうに感じましたけど、やはりまだまだ蒸し暑い。ジトッとしました暑さでしたネ(^-^;

 読経を終えますと、いつものように眼下の我が町を眺望です。こぅして見下ろす度に農地の減少が眼についてしまいます。
 我が家も周辺のお宅に囲まれてしまいました。畑が消えて行きますのは、やっぱり寂しいですねぇ(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

9/15(日)は、「町内一斉清掃日」でありました(^.-)☆

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
02-720-555

 ここ最近は、町内の皆様と顔を合わせます機会がありませんで、久し振りに皆様のお顔に再会出来ましたのが、9/15(日)の「町内一斉清掃日」でありました(^.-)☆
 GONsanの班は、いつものように豊年橋以北の水呑川土手の草刈り・収集です。
 既に町内の有志の皆様が土手の草刈りをしておられますから、刈られた草をかき集め、運搬車輌への積み込みが主な作業となります。

 GONsanは、堤下・斜面の刈られた草を土手上に移します作業。
 数年前までは何ともない作業なんですけど、さすがに70歳を越えますと結構キツく感じてしまいます(^-^;
 昨年も同様に感じましたけど、昨年は暑さのせいと思っておりましたけど、そぅでもないようです。やっぱり歳のせいなんでしょうねぇ(^.-)☆

 ですけど、今回は何故か刈られました草の量が多くなかったような…
 毎回、豊年橋以北の方が早く終わりますから、豊年橋以南に応援に廻りますけど、GONsanが応援に向かいました時には、既に刈草の収集は済んでいまして、あと少しを運搬車輌に積み込む程度でしたから…
 町内会の役員sanから、手空きの者は水呑川の方に応援を…との事で、水呑川に下りましたけど、ここもほぼ終わっておりましたネ。
 水呑川・土手のいずれも、例年よりは今回の作業量は少なかったようですネ。理由は分かりませんけど(^-^)

 そのうち凡て完了で、後は、集会所前の駐車場に集合で、町内会長samaより今後の行事予定、諸注意事項の伝達です。
 今から、水呑八幡神社例祭・前夜祭、学区民運動会、学区民文化祭…と、色んな行事が続きます。この諸行事への協力要請もありましたネ(^.-)☆
 この日は曇天かも…と思いましたら、途中から日が差して来まして、暑い中での町内一斉清掃となりました。皆さん、大変お疲れ様でございました(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

8/27(月)は、神辺町上御領の「八丈岩」への散策でした(^.-)☆(16)

01-720
02-720
03-720
01-720-555

 この辺一帯には、まだまだ未発見の石室が多数存在しますのかも分かりませんけど、地元の方々による整備も大変ですネ。
 それではこの辺で、帰路につくことに致します(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

8/27(月)は、神辺町上御領の「八丈岩」への散策でした(^.-)☆(15)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
06-721
07-720
08-720
03-720-555

 堂々公園での散策を終えましての帰路には、せっかくだから…と、ついでに「御領古墳群」と「古墳の丘」に立ち寄ります事に(^-^)
 御領古墳群を通り過ぎ、先に古墳の丘へ。
 ほどなく古墳の丘に到着ですけど、古墳の丘へ上がりますのはチョッと躊躇(^-^;
 WEB上で見つけましたこの画像…多分、5~6年前の画像なんでしょうけど…こんな感じでしたら難なく古墳の丘を散策可能ですけど、今では草木が生い茂りまして、足を踏み入れようものならヘビでも出て来そうですねぇ(^-^;
 で、今回は、周辺から古墳の丘を見上げ済ます事に(^-^)

 古墳の丘とお別れし、次は先ほど通り過ぎました「下御領古墳群(J支群)」へと向かってみます。
 ここには、狭いのですけど駐車場もありますから、5~6台の車でしたら駐車可能(^_^)v
 到着しますと、早速、古墳巡りです。

 WEB上で「神辺町古墳群」「古墳の丘」を検索してみましたら、こんな記載が…

 ◆神辺町古墳群

 福山市神辺町上御領・下御領、福山カントリークラブの南東の山地に整備保存されてる古墳群。ここ数年で発見・整備された古墳群で、総数200基を越える古墳が整備保存されています。
 そのほとんどが横穴式石室を持つ後期古墳で、地元の有志の方々によって整備が進められています。
 一部ですが見学路が整備されている古墳もあるので、ぜひ訪問していただきたい古墳群です。(2015年12月訪問)

 ◆見渡す限り古墳!古代日本の謎がいまも眠る「御領古墳群」。全国にこのスゴさを伝えたい!
  公開日:2017年11月10日文化・伝統・産業振興

 「草刈りをしていたら山城跡が見つかった」「それがきっかけで次々と古墳が見つかる」。日常のように歴史の重大発見ができる。そんな可能性を秘める広島県福山市の「御領古墳群」。
 西日本最大級の古墳群で、市民の有志団体「御領の古代ロマンを蘇らせる会」が維持活動を行っています。
 歴史の新たな扉を開ける鍵が眠っているかもしれないこの古墳群を、より多くの方々に知ってもらうため、PR映像の制作にご支援お願いします。

 「ウチの裏山、かなり古代です!?」「市民が発見した古墳!?」「市民の手で守る古墳!?」

 重厚な古墳のイメージとかけ離れた気軽なフレーズに一瞬目を疑いますが、広島県福山市には市民の手で発見され守られてきた西日本最大級の古墳群があります。
 福山市神辺町にある「御領古墳群」。古墳周辺の清掃や探索活動に参加するもよし、ハイキングコースとして御領の山を巡り古代の風を感じるのもよし、そんな新感覚のワクワク体感型古墳です!
 神辺の平野には、吉野ヶ里遺跡の約4倍もの規模をもつ御領遺跡が広がります。山頂にはあまりにも大きな磐座が、それはまるで自らの末裔たちを見守るかのように悠然と佇みます。

 ・草刈りをしていたら、古墳時代の山城跡が見つかった

 これらの古墳群を何年も時間をかけて守ってきたのは「御領の古代ロマンを蘇らせる会」の皆さん。
 この御領の古墳群をはじめ古代人たちの遺跡と出会ったのは本当に偶然のことだったそうです。最初に古墳を発見した佐藤さんは、発見時の様子をこう語ります。
 佐藤さん「家の裏山の草刈りをしていて、山城の跡を発見したんです。それから山の中の探索を始めました。墳丘らしき盛り上がりや、石室らしきものを見つけて、専門家に聞いてみるとれっきとした古墳と言われ驚きました。それもひとつやふたつじゃない。みんなで山に入るとどんどん石室を見つけるようになったんです。

 これは只事ではないと、町に残る古い記録を探したり、地元の詳しい人に話を聞いてみたり…知れば知るほどに、だんだんとこの土地に隠れているものの大きさが尋常ではないのではないかと思いはじめました。
 まずは御領古墳の素晴らしさと楽しさを知ってもらうために道を整えて簡単なスタンプラリーを開催。これが好評で、会の活動が本格化していきました。今は高校生から40代後半の広い世代で活動を行っており、小学生のときからずっと継続して活動に参加している子もいます。
 古代の香りに魅了され、御領山の場所としての素晴らしさ、そして歴史をこの手で掘り起こすという感動をより多くの人と共有していきたいという想いが芽生えていき、「御領の古代ロマンを蘇らせる会」は人生をかけた大きなプロジェクトとなっていったのです…

 …と、こんな記載が(^.-)☆
 ふ~ん、そぅだったんですねぇ~これらの古墳群が発見されましたのは、ごく最近のようですネ\(^o^)/

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

8/27(月)は、神辺町上御領の「八丈岩」への散策でした(^.-)☆(14)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
01-720-555

 ◆堂々川(どうどうがわ)

 堂々川は福山市神辺町中条東山を起源として高屋川に合流する約4kmの渓流。江戸時代に渓流砂防工事が実施されました。
 1673年、堂々川の氾濫で国分寺が流失し、下御領村(現在の神辺町下御領)では63人もの犠牲者を出しました。こういった災害から村を守るため、堂々川では1730年頃から砂留(砂防ダム)が建設されました。

 現在でも16基が現存し、その中で最も大きな6番砂留は、堤高13.3m、堤長55.8mもあり、「大砂留」とも呼ばれ、国の登録有形文化財に登録されています。
 川の上流部には、堆砂敷きを利用して造られた堂々公園があり、四季を彩る樹々や、石組みの水路などが整備されています。
 毎年5月下旬から6月上旬にかけてはホタルが飛び交い、多くの観光客で賑わいます。

 ◆堂々川砂留群

 --- 出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』---

 堂々川砂留群(どうどうがわすなどめぐん)は、広島県福山市神辺町にある、芦田川水系堂々川流域に建設された複数の砂防堰堤である。
 江戸時代中期から後期にかけて当地を治める備後福山藩により建設され、その後増改築および修復を重ね現在でも砂防ダムとして機能している。2006年国の登録有形文化財に登録。流域は県により整備されている。
 地元住民による任意団体「堂々川ホタル同好会」により周辺美化が行われている。

 ・背景

 堂々川は、福山市中心部から北にある神辺町東中条東山を源流とし、南下した後、神辺中心部を流れる芦田川支川・高屋川に合流する、芦田川の二次支流である。延長約4km、流域面積約2㎢、いわゆる天井川である。古くは百瀬川と言われ、砂留からとうとうと流れ落ちる水を見て菅茶山が書に残したことから堂々川の名が定着したという。

 堂々川の北側上流には大原池・淀ガ池といったため池が数ヶ所ある。堂々川下流域は「下御領」と呼ばれ、御領遺跡という縄文時代後期から中世にかけての集落遺跡が点在しており、つまり古くから人が住んでいた。古代には備後国の国分寺である備後国分寺が創建される。更にこの地は古代から交通の要所となり、古代山陽道の駅家安那駅が置かれ、中世には神辺城の城下町、近世以降は近世山陽道(西国街道)と石州銀山道/笠岡道が交わう宿場神辺宿として発展した。

 気候は瀬戸内海式気候で梅雨台風を除けば降水量は少なく温暖な気候が続く。芦田川は流域のほとんどを花崗岩で占められ、下流は風化した花崗岩が堆積し平野を形成した沖積平野となっている。この風化した花崗岩が堆積した砂状の土を西日本では特に「マサ土」と呼ばれる。この土は崩れやすく広島県における土砂災害の主因である。この地で起こった江戸期の土砂災害で亡くなった人たちの墓が現存している。

 ・発端

 延宝元年(1673年)5月14日、梅雨の大雨により堂々川最上層部にある大原池が決壊し土石流が発生、下流の農地・住居に加えて国分寺を全壊、当時の住民150人弱のうち63人の死者がでてしまった。
 福山藩主水野勝種は元禄7年(1675年)、国分寺を再建する。更に、藩政として農業に重点を置いていた勝種は、農民および田畑保護のため砂留普請を計画した。この勝種藩主時代の元禄10年(1697年)、あるいは翌年水野勝岑が藩主となった元禄11年(1698年)、堂々川に砂留普請を実施する計画が立てられていた。ただし、この計画は享保7年(1722年)まで進められなかった。

 元禄13年(1700年)元禄検地の記録『下御領御検地水帳』に「とうとう砂畑三ヶ所」という記載がある。砂畑とは収穫の見込めそうもない砂地の畑を意味するが、とうとう砂畑は検地帳に記載されるほどの石高評価された畑であったとして、砂留の背後地を利用していた可能性が高いと考えられている。なお、とうとう砂畑は現在の4番砂留上流側の狸ヶ原であるとされている。以上より、現段階では堂々川砂留普請の開始年をこの1700年としている。

 ・近代以降

 明治30年(1897年)砂防法施行に伴い山地そのものの防護を重視し、明治35年(1902年)からの積苗工・谷留石積などの山腹工事を施工していった。こうして、江戸時代の砂留と近代以降の砂防施策が複合的に機能することでこの地域の砂防対策が実現した。江戸期に造られた砂留も嵩上・増築を繰り返して現在でも機能している。
 なお、その存在は戦前まで全国的に知られておらず、砂防学会で紹介されたのは戦後のことになる。1990年代に広島県により砂留整備および親水護岸・堂々公園と周辺環境整備の計画が立てられ、あわせて発掘調査も行われた。
 2006年(平成18年)、国の登録有形文化財に登録される。

 ◆広島県の文化財 -- 堂々川六番砂留

 芦田川水系堂々川に建設された江戸時代の砂留の中で最大のものである。五番砂留の約200m上流に位置する。ほぼ1割の勾配で大型のを階段状に積み、その上部を等によりげする。藩政時代に築かれた堂々川筋の砂留の内最大規模で、地域のランドマークとして親しまれている。

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

8/27(月)は、神辺町上御領の「八丈岩」への散策でした(^.-)☆(13)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
01-720-555

 淀ヶ池駐車場からの帰路には、堂々公園に立ち寄りです。

 ◆堂々公園

 日本最大級の六番砂留(国の登録有形文化財)上流部の堆砂敷を利用して作られた公園で、四季を彩る木々や刈り込まれた低木、野面石の石組み水路などで整備され、緑と石と水辺の調和のとれた日本庭園風の公園です。

 ここには、涼を求めてご家族連れが楽しそうに過ごしておられました(^.-)☆
 この日もまた厳しい日差しでありましたから、眺めていますだけでGONsanまで涼しくなってしまいましたネ。キレイな流れですから、一層、涼しそうな気持ちに(^_^)v
 砂留近くの岸辺の石の上に、どなたかが忘れて行かれましたのでしょうネ…ツッカケの片方が…もぅ一つは、どぅされましたのでしょうねぇ(^-^)/

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

8/27(月)は、神辺町上御領の「八丈岩」への散策でした(^.-)☆(12)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
01-720-555

 それでは、往路と同じルートで下山です。
 復路もまた往路同様に、ヘビに要注意。もし出くわそうものなら、テンション急下降ですから速歩で下山となりました(^-^)

 無事に駐車場まで下りて来まして、ヤッと一安心(^_^)v
 駐車場には、立派な砂留が存在しますけど、この砂留の向こう側は、どんなになっていますのでしょうねぇ~
 この駐車場には、何台か車が駐められていますけど、八丈岩までの行き帰りには、どなたにも遭遇しませんでしたから、この砂留の向こうに何かありますのでしょうねぇ~チョッと覗いてみます事に(^.-)☆

 ふ~ん、砂留の反対側にはグランドゴルフのコースが…
 車を駐めておられます方々は、このグランドゴルフコースでプレイを楽しんでおられますようですねぇ(^_^)v
 奥まで入っては行きませんでしたけど、9ホールばかりありまして、仲々立派なコースのようでありました(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

8/27(月)は、神辺町上御領の「八丈岩」への散策でした(^.-)☆(11)

01-721
01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
01-721-555

 八丈岩周辺の景観を画像に納めておりますと、キレイに舗装されました下り道が…そして、その道には二輪車のタイヤの跡のような形跡が…
 ふ~ん、多分、八丈岩への正規の参詣ルートは、この道なのでしょうねぇ~次回、八丈岩を訪れます機会がありましたら、その際には、このルートで上ってみたいものであります(^.-)☆

 大きな岩が散在しています景観を充分堪能しましたので、ソロソロここから退散です(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

8/27(月)は、神辺町上御領の「八丈岩」への散策でした(^.-)☆(10)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
02-720-555

 う~ん、眼を惹来ましたのが、この松の木。
 岩から枝を出していますのですけど、仲々逞しいですネ。イヤでもカメラを向けたくなりますねぇ\(^o^)/

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

8/27(月)は、神辺町上御領の「八丈岩」への散策でした(^.-)☆(9)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
01-720-555

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

8/27(月)は、神辺町上御領の「八丈岩」への散策でした(^.-)☆(8)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
09-720
02-720-555

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

8/27(月)は、神辺町上御領の「八丈岩」への散策でした(^.-)☆(7)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
03-720-555

 それでは今から、ハシゴを利用し八丈岩の上に立ってみたいと思います(^.-)☆
 廻りの木々に遮られ眺望はさほどでもありませんけど、広さはそこそこありますネ(^_^)v
 この八丈岩の真上から見下ろしますと、岩全体が見廻せまして、広さも実感できますのでしょうけど、いざ八丈岩の上に立ちますと、さほどの広さとも…
 岩の表面には、いくつかの窪みが存在します。これが、鬼san達の足跡なんでしょうネ(^.-)☆
 確かに、八丈岩と言われますだけに大きな岩ではありました\(^o^)/八丈岩から降りますと、また周辺を確認です(^-^)/"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

8/27(月)は、神辺町上御領の「八丈岩」への散策でした(^.-)☆(6)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
04-720-555

 鳥居をくぐり少し進みますと、左手方向にハシゴの掛かりました岩が…
 うん、うん、これが八丈岩ですネ。ヤッと到着です(^.-)☆
 想像しておりましたほどの大きさではありませんけど、少し周辺の巨岩を画像に納めながら、後で八丈岩に上がってみたいと思います(^-^)/

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

8/27(月)は、神辺町上御領の「八丈岩」への散策でした(^.-)☆(5)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
09-720
04-720-555

 鳥居の向き・案内ルートの標識…等から考えてみますと、今、GONsanが進んでいます方向から八丈岩にと上がって来ますのが、八丈岩への正規の参詣ルートなのでしょうネ(^-^)
 GONsanは逆ルートで八丈岩にと向かっていますようですねぇ~
 まぁとにかく、眼に入ります景観を次から次にパチリです。あれが、先ほど眺望しました「小八丈」ですネ。

 山の頂にこんな巨岩と言うか巨石がゴロゴロしていますのは、日本各地にありまして決して珍しくもありませんけど、こぅした巨石はどんな経緯を経まして形成されますのでしょうネ…
 地学の先生にお尋ねしますと、いとも簡単に答えが返って来ますのでしょうけど(^-^)
 まぁGONsanは、難しい事はさて置き景観を楽しむ派ですから、巨石の形成の経緯はどぅでもイィのでありますが(^.-)☆

 そろそろ八丈岩に到達なのでしょうから、足を速めたいと思います(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

8/27(月)は、神辺町上御領の「八丈岩」への散策でした(^.-)☆(4)

01-721
01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
05-721
06-720
02-720-555

 それでは、「第28番霊場小八丈」から八丈岩に向かってみます。と、ほどなく鳥居が…鳥居をくぐって振り返り、よくよく見てみますと「正一位巖大明神」と読めますネ。
 WEB上で『正一位巖大明神』を検索してみますと、こんな記載が…

 八丈岩を少し登ると、石の鳥居が見えます。鳥居には「正一位巖大明神」「弘化五戊申歳二月吉日」と書かれています。ちなみに弘化五年は1848年で明治維新の20年前です。
 鳥居をくぐって進むと三つの岩に囲まれた祠がありました。いかにも古代から続く信仰の山を感じさせます。左の奥に行くと「三角点234m」と書かれた看板があり、高い岩があります。
 又そばには「第28番霊場小八丈」と書かれた場所があり、約6畳程の平らな岩や、石仏があります。

 …と、こんな記載が(^.-)☆
 ふ~ん、この鳥居、1848年に設置されたのですねぇ~

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

う~ん、また住宅建設で畑が減りますねぇ~(2)

01-720
02-720
03-720
04-720

 「工事のお知らせ」の案内板には、工期「R1年8月30日迄」の記載ですから、いつ工事をされるのだろう?本日が期日最終日なのに…と思っておりましたGONsan。そぅしましたら、案内通り本日(8/30)施工となりました(^.-)☆
 A.M.8:40頃でしたか…所用で出掛けますので、その際には、今から工事開始の準備中でありました。
 そして、P.M.0:40頃に我が家にと戻って来ますと、工事の真っ最中。

 で、お邪魔しないように、チョッと覗かせて頂きました。
 現場には4名の方が…そのお一人に「写真を撮らせて頂いたら、怒られますかねぇ…」と尋ねますと「怒りはせんが…」のご返答が終わらない内に、サッサと3枚ばかりパチリです(^.-)☆
 まぁ、例えダメ!!と言われましても、「まぁまぁ」と素早く撮りますGONsanではありますが(^-^)

 覗いてみますと、結構、湧き水が…
 「湧き水が結構ありますネ」と呟きますと、「福山市内は、何処もみな湧き水が多い」と工事関係者のお言葉。
 ふ~ん、そぅなんですか…15~6年前の我が家の下水道工事の時には、湧き水はありませんでしたが…この現場と我が家では、さほどの距離もありませんけど、場所によりまして随分異なりますから、不思議ではありますネ。
 夕方近くに再度、現場に眼を向けますと、既に工事は完了でした。
 ですが、まだ、仮舗装の措置ですから、また後日、再度、掘り起こしとなりますのでしょうネ(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

8/27(月)は、神辺町上御領の「八丈岩」への散策でした(^.-)☆(3)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
02-720-555

 頂上は未だかなぁ~と思いながら歩行続行しておりますと、ヤッと巨岩が眼の前に…どぅやら到着しましたようです(^.-)☆
 駐車場からの所要時間は25分も要しませんでしたネ。
 ですが、ここは「八丈岩」ではなくて「小八丈」の表示板が…とりあえず、この「小八丈」からの眺望で一服となりました。

 スグ眼の前に巨岩が見えますから、この辺りが「八丈岩」なのかも分かりません。その後方に工場が…
 カメラのズームを効かせて見てみますと、建物の壁面に「TOPPAN」の文字が…
 うん、うん、これは神辺工業団地ですねぇ~で、建物は、㈱トッパンコミュニケーションプロダクツ福山工場のようであります。と言う事は、その手前がシーピー化成㈱神辺工場、そして㈱石井表記本社なのでしょうねぇ~
 違うかも(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

これは、何と言う花なのでしょうねぇ~

01-720
02-720

 ここにはイチジクの木がありましたのですけど、年老いてきましたので、切り倒しましたのが数年前になりますでしょうか…
 その翌年、すぐ傍から新しくイチジクが…
 これをそのまま放っておりますけど、仲々成長しませんネ。年老いた老木から生まれました子供は成長が著しく遅いのかも(^-^)

 この時期には毎年2個くらいの実を付けますので、美味しそうに見えますし獲って食べてみるのですけど、これがまた不味くはないのですけど美味しくはありません。
 老木の子供のイチジクは、実まで不味いのかも分かりません。

 ところで、イチジクの根元廻りのこの花は、何と言う花なのでしょう?
 毎年、春先から芽を出しますので、邪魔くさいし、雑草と思い除去するのですけど、実に逞しく、取り除いても取り除いても何度でも芽を出してくれます。
 で、根負けし放っておきましたら、夏にはキレイな花が(^.-)☆
 彩りのありません夏の畑にはヤケに新鮮で、この花を眼にしておりますと、何となく和やかな気持ちにも(^_^)v

 嫁さんに、「イチジクの根元の花は何と言うの?」と尋ねますと、「近所で貰って植えてるのに、芽が出て来たら取り除くから(^-^;名前は知らないけど、雑草並みに強くて、いくらでも生えてくる…」との事でありました。
 鳥が種でも運んで来て自然に生えたのだろう…程度に思っておりましたら、ふ~ん、嫁さんが…
 なら、言ってくれればイィものを…黙っていれば、GONsanですから何もかも抜き去りますので…

 まぁ、貰います時に、花の名前を聞いてはいますのでしょうけど、GONsan夫婦も既にボケ夫婦の仲間入りですから、キッと聴いていますのに忘れているのでしょうねぇ(^-^)
 花の名前は分かりませんけど、結構、キレイですから、今後は除去しないようにしませんと(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

8/27(月)は、神辺町上御領の「八丈岩」への散策でした(^.-)☆(2)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
01-720-555

 八丈岩への登山口付近は整備され、仲々歩き易い登山道。足取りも軽快に登って行きますと、道が陥没の箇所が…そしてまた暫く進んで行きますと、路肩が要注意の箇所も…
 昨年の西日本豪雨の際の傷跡なのかも分かりませんねぇ~
 そぅしていますと、茂みで覆われ登山道が見えない箇所に到達です(^-^;
 こんな時期に山道を歩いていまして「ガサッガサッ」と音がしようものなら、もぅ飛び上がってしまいますGONsanです(^-^;

 蛇でもいるのじゃぁないかと冷や汗タラタラ。
 一応、念のために登山用スティクを手にしてはいますが、音がする度にドキドキです。
 蛇でも眼にしようものならテンションも急下降、軽快な足取りも失せてしまいます。それほどまでに、GONsanは蛇が昔から大嫌いなのであります(^-^;

 こんな箇所も無事通過。また登山道が見え始めますと、とりあえず一安心。下山時にまたここを通らなければ…と考えますと、チョッとイヤな感じもしてしまいます。
 登山口から八丈岩までは、そんなに距離もありませんから、30分程度で到着のハズなんですけど…
 いつの場合もそぅなんですけど、目的地に到着までは、随分長く感じられるもののようですネ(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

8/27(月)は、神辺町上御領の「八丈岩」への散策でした(^.-)☆(1)

01-722
01-721
01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
03-720-555

 もぅ随分前の事となりますけど、どなたかのホームページのこんな画像に眼が止まりましたGONsan。
 神辺町上御領の「八丈岩」の画像ですけど、「八丈岩」をWEB上に検索してみましたら、こんな記載が…

 ◆八丈岩(はちじょういわ)

 神辺町御領山の巨岩。東西約10m、南北約13.5m、高さ約4.5mの平らな岩。その上部には「鬼の足跡」と呼ばれるくぼみがあり、これが民話「八丈岩の鬼伝説」を生むきっかけになっています。

 ・「八丈岩の鬼伝説」

 その昔、栗の木がたくさんある御領山に赤鬼の八(ハチ)が、向かいの岩山の権現山に青鬼の権(ゴン)が、住んでいました。ある時、どちらの山が高いかで、御領山の鬼は栗を、権現山の鬼は岩を投げ合ってけんかをしたのです。その結果、御領山は岩だらけの山に、権現山は栗だらけの山になり、岩の高さだけ御領山の方が少し高くなったのだとか。
 そんな御領山山頂にある「八丈岩」という大岩。上の面が八畳の広さがあることから名付けられたこの岩には、けんかした鬼が岩を投げつける時に踏ん張ってできたと伝えられる足跡が残っています。
 八丈岩には、はしごがかけてあり、岩の上に登ることができます。このほかに、大蛇が棲むという「くぐり岩」や、岩穴の中に千人も入れるという「千人かくれ岩」など、大きくて珍しい岩が密集しています。

 …と、こんな記載でありまして、いつの日か機会がありましたら登ってみたいと思いながら、そんな機会も訪れませんで現在に至っておりました。
 天気予報によりますと、今週はズッとスッキリしない雨模様の天候で、晴天は昨日・月曜日のみとの事でありました。
 で、8月の最終週でもありますし、急遽、出掛けてみたい衝動に駆られまして「八丈岩」行きとなりましたGONsanなのであります(^.-)☆

 我が家を出ましたのは、正午過ぎ。一路、神辺町の福山カントリークラブ方向への走行です。
 堂々公園の「堂々川砂留」を横目に、神辺町の福山カントリークラブ手前を右に入り、淀ヶ池側へと進入し駐車場に到着です。
 ここへ車を駐めまして、早速、散策開始です。
 この時期の山歩きは、蛇なんぞも出て来ましてビックリする事も多々ありますけど、とにかく、八丈岩に向かってスタートです(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

う~ん、また住宅建設で畑が減りますねぇ~

01-720
01-720-555

 これは数日前に撮りましたのですけど、用水路のガードに下水道取付管設置工事の案内板が…でも、工事場所は何処なのでしょうねぇ~
 通常は、こぅした案内板設置の前に「工事のお知らせ」の戸別配布がありますのですけど…
 暫し周辺を見廻しますと、そぅそぅ、先月か先々月に、整地しキレイな更地にしています畑がありました。
 畑の所有者の方は、高齢に向かい畑の世話をします者もいないから…と、もぅ随分前に言っておられましたような…で、とぅとぅ畑を手放す事にされましたのでしょうねぇ~

 キレイになりました畑に眼を向けますと、2区画に整地されましたようであります。と言う事は、近々また2棟の住宅が建築となりますのでしょうねぇ~
 我が家周辺も賑やかになるのですけど、農地がまた一つ、そしてまた一つ…と減って行きますのは寂しいような気も致します。
 農地の世話・管理も若い内はイィのですけど、高齢に向かいますと、それもまた次第に難しく…
 GONsanなんぞも、今はまだセッセと草取りもしておりますけど、その内、身体が思うように動かず出来なくなりますのかも…

 この工事の件ですけど、今朝、朝刊を取り出しますと、郵便受けに工事についてのお知らせが入っておりました。
 下水道管設置工事は8/28~8/30の3日間ですけど、工期は8/7~10/15の約2ヶ月間のようであります。
 それにしましても、このゼンリン地図…随分古い地図をコピーしておられますネ(^-^)
 ゼンリン地図も買えば結構高価ですから、そぅ頻繁には最新版を買えないのかも分かりませんねぇ(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

お盆前の墓参り時の一コマです(^.-)☆

01
02
03
04
05
06
07
08
09

 これは、お盆前の8/11(日)・8/12(月)のお寺・墓参り時の一コマです。暑い日差しを避けて、いずれも夕方5:00少し前からのお寺行きとなりました(^.-)☆
 お寺・墓前へのお詣り後、いつものように眼下の我が町を眺望です。台風接近で、8/15の「芦田川花火大会」が予定通り開催されますのか否か大変危惧されましたけど、この時点ではまだ中止の発表はありませんでした。
 ですから、眼下の眺望を画像に納めながら、「今回は納得のいく花火を撮るぞぉ~」と意気込んでおりましたGONsanなのでありました。

 が、8/13には花火大会中止の発表。
 今まで、順延はありましても中止となりましたのは記憶にありませんから、実に残念。
 ここ近年は、開催強行で何か事故でも発生しますと、大きな問題にと発展してしまいますので、広島県を台風直撃の予報では、とても開催は出来ませんですよねぇ~
 まぁ、中止もやむなし…と、福山市民の皆様も納得せざるを得ませんでしたネ。

 まだ今から1年も先の事ですけど、来年の花火大会を楽しみに待っていたいと思います(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

我が家横の市道…作業しますには何かと便利なのかも…

01-720
02-720
03-720
04-720

 我が家の横に存在します市道…先月から、山側の新築現場への建築資材の搬送で、道が狭くて侵入できないのでしょうネ…この場所で資材を積み替え小型車で搬入しておられますのでしょうねぇ~
 先週も、ここからピストン輸送しておられました。
 今日も、A.M.9:00前に生コン車がヤッて来まして、ここに停車。
 何されるのだろう?…と眼を向けますと、運転手さんが生コンの流し口付近を水洗い。
 そぅですネ、早い内に水洗いしておきませんと、スグに固まるでしょうから(^-^)
 ですが、ナイロン袋に受けました生コンと水の処分はどぅされるのだろう…と眺めておりますと、うん、うん、またタンクの中に返戻です(^.-)☆
 まぁそぅですネ、捨てる訳にはいきませんから(^-^)

 それにしましても、こぅした処理は現場でされても良いのでは…とも思うのですけど、この現場もまた進入路が狭いのかも分かりませんねぇ~
 ここ最近、我が家横のこの市道でこぅした作業をしておられます光景をよく見掛けます。何故なんだろう?…とも思うのですけど、我が家周辺も住宅が建て込んで来まして、車を駐めても比較的ジャマにならない場所としましたら、ここが最適なのかも…
 GONsanは、こぅした作業風景を眺めますのは好きですから、ノンビリと画像に納めながら拝見しておりますけど、当の運転手sanは責められている…とでも思われますのかも(^-^)
 GONsanに気を遣いながらの作業となりますから、もぅお気の毒で。ですから、「暑い中、大変ですねぇ~」と声を掛けさせて頂きますけど、それでも気兼ねされますのでしょうねぇ~サッサと処理され去って行かれますから…

 それにしましても、連日の暑さで疲れますねぇ~昨日夕方近くの5km程度のウォーキングですら、我が家に戻ってきますと全身ドボドボでしたネ(^-^;
 たまたま擦れ違いました知人に、「芦田川で泳いできたのか(^-^)」と声掛けられましたけど、それほどまでのヒドい流れ落ちる汗でありました(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
ギャラリー
  • 11/22(金)は、紅葉を求めて「三郎の滝」を散策でした(^.-)☆(1)
  • 11/22(金)は、紅葉を求めて「三郎の滝」を散策でした(^.-)☆(1)
  • 11/22(金)は、紅葉を求めて「三郎の滝」を散策でした(^.-)☆(1)
  • 11/22(金)は、紅葉を求めて「三郎の滝」を散策でした(^.-)☆(1)
  • 11/22(金)は、紅葉を求めて「三郎の滝」を散策でした(^.-)☆(1)
  • 11/22(金)は、紅葉を求めて「三郎の滝」を散策でした(^.-)☆(1)
  • 11/22(金)は、紅葉を求めて「三郎の滝」を散策でした(^.-)☆(1)
  • 11/22(金)は、紅葉を求めて「三郎の滝」を散策でした(^.-)☆(1)
  • 11/22(金)は、紅葉を求めて「三郎の滝」を散策でした(^.-)☆(1)
プロフィール

 ・名前 GONsan
 ・年齢 大人
 ・性別 男子
 ・地域 広島県福山市
 ・星座 牡牛座


GONsan's ホームページ 「日本全国通過旅」


Since '00/04/19  ブログパーツUL5




↓ 何となく笑えます(^.-)☆








↓ 落書きですけど、お上手ですネ(^_^)v









↓ 今は亡きGON子です

お天気ノート


  • ライブドアブログ