GONsanの“気まぐれ独り言”


GONsanがこよなく愛します芦田川には、こんなおばけフナが生息しております(^.-)☆

2018年01月

本日は所用で草戸稲荷神社に出掛ける事となりました(^.-)☆(1)

01-720
02-720
02-720-555

 本日が仕事始めのGONsanで、午前中は所用で草戸稲荷神社に出掛ける事となりました(^.-)☆
 1/5の平日午前中ですから、もぅ初詣の参拝者は少なく明王院前の駐車場には容易に車を駐められるものと思っておりましたら、なんのなんの(^-^;
 結構お詣りしておられます方々は多くて、対岸の河川敷には相応の車が駐車です(^-^)

 で、GONsanも無理せず河川敷に駐車となりました。

 法音寺橋を渡り神社までの道中は、時折り眼に入ります景観を画像に納めながらの歩行です。
 そぅしておりますと、まだ車輌走行禁止の土手を1台の救急車が急行です。急病者を搬送しておられますのかも…

 元旦にお寺・お墓、初日の出詣りは済ませていますけど、神社への初詣は未済のGONsan。初詣のいぃ機会となりました(^_^)v
 所要と言いましても大した事でもありませんで、交通安全のお守りを求めての草戸稲荷神社行き。
 昨年末に1個あたりの単価を尋ねてはおりましたけど、新しい年を迎えました途端に100円値上がりです。
 結構な個数で求めますから、たかが100円と言いましても、う~ん、哀しい。

 神社のお守りに「負けて下さい」とも言えませんし…ですが、控えめに「昨年お尋ねした際の単価でお願い出来ませんでしょうか?」に、巫女sanと言いますか売場の若い女性、「お待ち下さい、チョッと確認して来ますから…」に、「んっ!?」のGONsan。
 お願いすれば、勉強してもらえるのだろうか…と、一応、不安顔で待機。
 こんなGONsanを、「なんちゅぅ厚かましいジジィなんだ!!」と怪訝顔でGONsanを見つめます、同様にお守りを物色中のおばちゃん(^-^)
 GONsanへのキツい視線に「速く戻って来て巫女san」と、ひたすら絶えますGONsanなのでありました(^-^;

 ヤッと戻って来られました巫女san。結果は「聴いてみましたけど、ダメでした」には納得しますものの、なにも参拝客の一番多い時期に合わせて値上げされなくてもイィものを…
 大晦日までに求めておけば良かった…の気持ちもありますけど、昨年求めたお守りを本年に使用するのもどぅかと…まぁ複雑な心境のGONsanなのでありました。
 ハッと気が付きますと、GONsanのこのお願いへの回答を、隣りでズッと待っておられましたようなおばちゃん。
 回答を耳にされました途端に、サッサとお守りを求めておられましたネ(^.-)☆

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

12/24(日)は、墓参りを終えて妙性滝への散策となりました(^.-)☆(2)

01-720
02-720
03-720
01-720-555

 砂防ダム下から右側側道を少し上がりましたら、スグに「白一神社」が存在です。昔から存在します神社なのですけど、この神社の由緒は残念ながらGONsanは知りません(^-^;
 後でまたジックリ拝見致しますけど、とりあえず数枚パチリ(^-^)
 今はもぅお参りされます方とか、お世話なさる方はおられませんのでしょうねぇ~
 神社の建物は、荒れ放題ですから…

 とりあえず、妙性滝にと向かいます。
 昔からの山道は存在しますけど、夏でしたら蛇でも出て来そうで怖いかも(^-^;
 数ヶ所、イノシシが掘り返しました形跡が…今では、イノシシと遭遇の方が怖いかも分かりません(^-^)

 色んな想いを巡らしながら歩行しておりましたら、ヤッと妙性滝にと到着です。でも滝への降り口が…いゃぁ、少し荒れておりますけど降り口はありましたネ(^.-)☆

 ■妙性滝

 水呑町は沼隈半島の背骨である沼南アルプスの東側に位置していて、標高438mの熊ヶ峰をピークとする山々から流れ下る川はいずれも急流である。
 妙性滝は水呑町の中央部を流れる平木川の上流にある。落差は、9m、普段の水量は少ないが、雨が続くと豪快な落水を見る事が出来る。
 歴史書には1357年年(延文2年)に編纂された妙顕寺由緒之記に登場して、当時の住職がここで修行したと伝えられている。
 「妙性」という名は妙顕寺の山号と同じであるが、滝と寺とどちらが先に名乗ったのか不明である。背後にそびえる山の名前とも異なっている。
 場所は、平木貴船神社から平木川を300mほどさかのぼった地点にあり、歩道が整備されている。

 --- 水呑町歴史民俗資料保存会 宇田賢吉 ---

 …と、こんな「妙性滝」のようであります(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

元旦早朝の火災…実にお気の毒であります…

01-720
02-720-555

 妙見神社からの初日の出を撮り終えようとしていました頃でしたか…眼下で数台の消防車が急行のサイレン音。ふ~ん、元旦早々から火災発生なのだろうか…と、消防車の進行方向を気にする事も無く、芦田川河口方向の景観を画像に納めておりましたGONsanです。
 そして、そろそろ退散しようか…と、鐘楼下から妙見神社に上がって行きますと、どなたかの「まだよく燃えている…」の声に「んっ!?」と振り返り、元・競馬場方向に眼を向けますと、うん、うん、随分煙が上がっておりました。
 方角的には、川口町か曙町方向です。
 つぃ先ほどの消防車のサイレン音は、この火災現場に向かっていましたのでしょうねぇ~

 元旦早々の火災とは、実にお気の毒な事であります。
 事業所なのでしょうか…民家なのでしょうか…この時点では、詳細を知る由もありませんGONsanですから、火災の事はそのまま忘れ去っておりました。
 ですが、今朝の朝刊の記事で、改めて初日の出詣り時の火災発生を想い出します事に…

 1階の仏間がよく燃えていた…との事ですけど、元旦ですから、ご先祖様に手を合わしておられましたのでしょうねぇ~
 その際の、線香かローソクが何かの拍子に燃え移りましたのかも分かりませんネ。
 お独り暮らしのご高齢の方のようですけど、新年早々から実にお気の毒。朝刊記事を、胸に痛みを感じながら見つめるGONsanなのでありました。

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

12/24(日)は、墓参りを終えて妙性滝への散策となりました(^.-)☆(1)

01-720
02-720
01-720-555

 12/24(日)の午後は、ヒマと言うか時間的余裕も有りますし、お正月も近いという事もありまして、またまた墓参りとなりました(^.-)☆
 業者の方にお願いし墓地に土を入れて頂いておりましたからキレイなもの。
 墓地の清掃と言いましても、枯れ葉を拾う程度。

 ご先祖様に手を合わせ、この日はサッサと退散です。
 が、時間もありますので、急に「妙性滝」に上がってみようか…との、こんな気持ちに(^-^)
 ですが、滝までの道が整備されていますか否か、チョッと不安な気持ちにも(^-^;

 とにかく、いざ出発となりました(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

正月2日目は、年に一度の旧友との再会でした(^.-)☆

01-720
02-720
マップ
01-720-555

 GONsanには、中学生時代からの旧友がおりまして、この友人とは年に一度しか会いません(^-^)
 GONsanは福山に、彼は横浜に在住ですから、当然と言えば当然なのではありますが…
 その彼から、昨年の12/24でしたか…届きました短文メール。

 久し振りです。寒い毎日。
 ところで、やっと帰省日が決まりました。
 12/27・福山着、1/3・福山発。
 また、いつものように1/2・13:30。
 いつものところで会いましょう。

 久し振りの連絡と言いますのに、近況の記載はありません味も素っ気ない、実に短文メールですから苦笑してしまいます。
 ですけど、これが却って、元気に日々を過ごしているのだ…と伝えていますように感じられますから、不思議ですネ(^.-)☆
 これも昨年のこの絵日記に綴りましたかも分かりませんけど、彼とは在籍した中学校が同じのみで、別段、同じクラスになりました訳でもありません。

 社会人となりましても、勿論、会えます機会は正月三が日のみ。
 ですけど、長い社会人時代を振り返ってみますと、東京千代田区・世田谷区・歌舞伎町・横浜駅前・広島中区…と、要所要所で会ってはいますのです。
 きっと、多分、どちらかが会いたいなあ~と連絡取りました際には、お互いが決して「都合が悪い」と決して断らなかったからなのかも分かりませんねぇ~
 ですから、節目、節目では正月以外にも会えていますのかも(^-^)

 まぁそのような事はさて置きまして、定刻に元・野上交番署脇のコンビニ駐車場で再会し、向かいましたのは曙町の「炭火珈房 ピトン」。
 ここでコーヒー一杯で4~5時間ばかり延々と会話が続きますのは例年通り。
 本日も、ハッと気が付き時間を見ますと、既にP.M.5:30でありました(^-^;

 なんでも明日・1/3には、当初の予定通り横浜に戻りますとか…
 7日間の福山への帰省でしょうけど、「母がいつまで元気におれるだろう…自分の事を『どちら様でしたか?』には哀しさも…」とも言っておりましたけど、これも、誰もが通ります定めでありますのかも…
 仕方ない事なのかも分かりませんねぇ~

 挿入画像の女性像…これはコーヒー豆での創作ですけど、店内に入りますと1組先客が空席待ち。
 この方達に続きGONsan達が待機となりましたけど、この待機中の合間にパチパチと(^_^)v
 ウィンドゥケースに納められて触れられませんけど、豆だけで上手く創っておられますから眼が止まってしまいました(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

12/23(土)には「福山城あかつまつり」に出掛けて来ました(^.-)☆(7)

01-720
02-720
03-720
01-720-555

 「福山城あかつまつり」とお別れですから、最後にコンテナの中に入ってみますことに(^.-)☆
 3ヶ所ばかり入り口がありましたけど、中に入りますと仲々キレイ(^_^)v
 で、数枚パチリ。
 そのまま反対側に出ようとしますと、お子様を連れたご家族が(^-^)

 そして、入り際に「お母さん、こっちは出口!」に「んっ!?」のGONsan。「何でこっちが出口なの!?」と、お母さんです。
 「みんな、こっちに出ているから出口なの!!」と女の子\(^o^)/
 うん、うん、なるほど。そぅいぅ事なんですねぇ~
 「でも、出口から入りたい!」と女の子。

 仲々微笑ましい一コマでしたけど、この辺でGONsanは『福山城あかつまつり』とお別れとなりました(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

初日の出詣り…心身共に引き締まります(^.-)☆

02-720

 元旦の今朝は、A.M.5:30に起床のGONsan。
 いつもでしたら、目覚ましをセットしておりましても仲々起きれませんGONsanですけど、休日でありますと、アラーム音が鳴り始めますと同時に眼が醒めますから実に不思議(^-^)

 サッサと洗顔を済ませますと、カメラ・三脚・リモートコードの再チェック。そして、よく忘れますのが手袋です(^.-)☆
 何年に一度かはつぃ忘れますのが手袋なんです(^-^)
 暫くモタモタ過ごしておりましてハッと気が付きますと、早やA.M.6:30。ソロソロ出掛けなくては…で、我が家を出ましたのはA.M.6:35でありました。

 5分も経ませんうちに水呑町洗谷の松尾神社下の駐車場にと到着です。
 この駐車場は、福山電子㈱sanの社員用駐車場だと思いますけど、お正月ですから多分お休み。無断駐車も許して貰えるのでは…と勝手に駐車。
 いざ、妙見神社の参道へ。
 時間はタップリ有るのですけど、東南方向の空が明るくなって来ますと、早く石段を上がり妙見神神社に向かわないと、間に合わないのでは…と錯覚しますのも、いつもの事なんであります。
 ユックリ、ノンビリと上がって行きましても、時間的には充分間に合うのですけど…

 それにしましても、妙見神社までの石段上がりのキツいこと!!中腹近くまで上がりますと、もぅゼーゼーです(^-^;
 ヤッとの想いで神社境内に到達ですけど、本殿には軽く会釈し素通りで、今度は石段を下り鐘楼方向へ。それから、鐘楼南側の崖方向の斜面にと向かい、斜面に積み重なりました落ち葉群を足で取り払いと言いますか、分かり易く言いますと足で蹴散らかしまして、この斜面に三脚をセット。それから、カメラ・リモートコード接続で、セッティングは一応完了。
 時間を確認しますと、A.M.6:58でありました。う~ん、今から未だ20分ばかり待機となりますねぇ~
 この時なんです、毎回、思いますのが…「もっとユックリと時間を要して神社までの石段を上がって来れば良かった…」と。

 とは言いましても、この後、5分ばかり経ますと、数人の方々が来訪です。内心「少し遅かったか…先客が居る…」と思っておられますハズですから(^.-)☆
 …と、こんな経緯もありましたけど、本日、ゲット致しました初日の出がこれなんです(^_^)v
 昨日までの天気予報では、今年の初日の出は拝めないのかも…と危惧しておりましただけに、大変嬉しい気持ちを抱きます。
 初日の出詣り…心身共に引き締まりまして、実に清々しくイィものであります(^.-)☆

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

謹賀新年(^.-)☆

干支(犬)Dog2これを使用する01-720

GONsanのホームページ ↓
日本全国通過旅 http://gon.mbsrv.net/index.html
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
ギャラリー
  • 2/18(火)は、箕島の「みろく大霊園」から瀬戸内を眺望でした(^.-)☆(3)
  • 2/18(火)は、箕島の「みろく大霊園」から瀬戸内を眺望でした(^.-)☆(3)
  • 2/18(火)は、箕島の「みろく大霊園」から瀬戸内を眺望でした(^.-)☆(3)
  • 2/18(火)は、箕島の「みろく大霊園」から瀬戸内を眺望でした(^.-)☆(3)
  • 2/18(火)は、箕島の「みろく大霊園」から瀬戸内を眺望でした(^.-)☆(3)
  • 2/18(火)は、箕島の「みろく大霊園」から瀬戸内を眺望でした(^.-)☆(3)
  • 2/18(火)は、箕島の「みろく大霊園」から瀬戸内を眺望でした(^.-)☆(3)
  • 2/18(火)は、箕島の「みろく大霊園」から瀬戸内を眺望でした(^.-)☆(3)
  • 2/18(火)は、箕島の「みろく大霊園」から瀬戸内を眺望でした(^.-)☆(3)
プロフィール

 ・名前 GONsan
 ・年齢 大人
 ・性別 男子
 ・地域 広島県福山市
 ・星座 牡牛座


GONsan's ホームページ 「日本全国通過旅」


Since '00/04/19  ブログパーツUL5




↓ 何となく笑えます(^.-)☆








↓ 落書きですけど、お上手ですネ(^_^)v









↓ 今は亡きGON子です

お天気ノート


  • ライブドアブログ