GONsanの“気まぐれ独り言”


GONsanがこよなく愛します芦田川には、こんなおばけフナが生息しております(^.-)☆



 これは、夕方、ゴンchanと散策時の芦田川河川敷の一コマなんです。
 何でもない景観ですけど、芦田川近くに暮らしていますGONsanですから、こんな景観に心は癒やされます。
 これでもか、これでもかと、芦田川の景観を飽きもせず撮り続けておりますが、今からも、これからも、ズッと撮り続けて行きます事でしょうネ(^-^)/

初日の出参拝は、今年もまた洗谷の妙見神社からでした(^.-)☆(1)

01-720
02-720
03-720
01-720-55555

 元旦の朝は、A.M.5:30の起床でありました(^-^)
 大晦日から引き続き遅くまで起きておりましたから、睡眠時間は3時間半。もぅ眠たいのなんの(^-^;
 ですが、元旦恒例の初日の出参拝ですから、そんな事は言っておられません(^-^)

 起床し、洗顔前に外に出ますと、風もありませんし温かそうな穏やかな一年の始まりでありました(^_^)v
 少し朝刊に眼を通し洗顔。
 ノンビリと過ごしておりましたら、アッと言う間にA.M.6:00。

 着替えを終え時間はと見ますと、A.M.6:20。
 そろそろ家を出ませんと…
 我が家を出ましたのはA.M.6:30。
 これまたいつものように、洗谷「松尾神社」下の福山電子㈱sanの駐車場に車を駐めて、妙見神社への参道を上らなければなりません。
 福山電子㈱sanへ車を駐めますのは、勿論、無断駐車なのであります(^-^; 誠に申し訳ございませんですm(_ _)m

 前方には若者5~6名のグループが先行です。女性も交えた賑やかな気さくな会話から同級生の皆様かも分かりませんねぇ~
 今から急な石段を上がって行かなければなりませんから、若者の皆様にはかないません。後方からノンビリと付いて上がります事に(^.-)☆
 ですが、常日頃からジョギング・ウォーキングでそれなりに鍛えておりますGONsanですから、若者グループには負けていませんでしたネ(^_^)v

 若者の皆さん、妙見神社まであと少し…の段階で暫し休憩タイムです。
 不本意ながら、この間にGONsanは追い越してしまいまして、一足先に妙見神社にと到着です。
 神社境内には、既に数名の方達が…

 神社境内を通り過ぎますと、また反対側の石段を下りて鐘楼方向へ。
 鐘楼下の崖縁がGONsanの定位置なんであります。
 まずは三脚を組みカメラをセット。凡て準備が整いました段階で時間を確認しますと、まだA.M.6:55でありました。
 確か、昨年初日の出を拝みましたのはA.M.7:06でしたような…いつも慌てて我が家を出まして、息を切らしながらこの場所までヤッて来るのですけど、今回は先行の若者グループに付いて上がって来ました関係か、随分楽な行程でありました。
 でも、日の出までは未だ10分程度待たなければなりません。
 この待ち時間が、毎回ですけど、随分長く感じられてしまいます。

 今回は、A.M.7:06を過ぎましても日の出はありませんで、ヤッとチラッと顔を覗かせましたのが、A.M.7:18でありました。
 昨年よりは、10分ばかり遅かったようですねぇ(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

12/17(土)は「LUXEATERふくやま2016」に出掛けて来ました(^.-)☆(6)

01-720
02-720
01-720-555

 こぅした書道パフォーマンスは、演じておられる方達も勿論楽しいでしょうけど、拝見しています者にとりましても仲々楽しいものですねぇ(^.-)☆
 昨年の1月でしたか…福山競馬場跡地で開催されました『とんど祭り』でも明王台高校の生徒さん達が書道パフォーマンスを披露。

 この時にはステージ上で書道ですから、書いておられます時には観客には全く見えません。
 ですが、出来上がりました大作を観客に見えますよう立てられました時には、あまりの出来栄えの素晴らしさに観客の皆様も絶賛(^_^)v
 GONsanも感動でした\(^o^)/
 「LUXEATERふくやま」でも、昨年、一昨年、そしてその前年…と3年連続で拝見しておりますけど、どれも皆素晴らしいですねぇ~

 こぅした書道パフォーマンスを拝見しておりますと、書道が好きでない方でありましても、書道の素晴らしさを体感されるものと思います。
 今では全国的にこぅした書道パフォーマンスは開催されていますようですけど、始まりましたのはいつ頃からなのでしょうねぇ~
 もぅ随分前に、高校の書道部をテーマにした映画がテレビで放映されておりまして、たまたまGONsanもその放映を観ておりました。
 多分、この映画がきっかけで全国的に広がりましたのかも…

 か、どぅか分かりませんけど、それではWEB上でお勉強です(^.-)☆
 「書道パフォーマンス」で検索してみますと、うん、うん、ありますねぇ(^_^)v

 ◆書道パフォーマンス甲子園

 書道パフォーマンス甲子園(しょどう-こうしえん)は、毎年、愛媛県四国中央市の四国中央紙まつりに行われる学生大会である。大会の正式名称は全国高校書道パフォーマンス選手権大会。
 高校書道部員10人程度でチームを組み、4m×6m四方の巨大な紙の上を流行の音楽に合わせて手拍子やダンスをしながら書道をする、文字通りパフォーマンス書道日本一の高校を決める大会である。

 ・変遷

 もともとは、愛媛県立三島高等学校書道部が市内のショッピングモールなどで音楽にあわせて大きな紙に歌詞を揮毫する「書のデモンストレーション」として披露していたものが好評だった為、地元の祭り「四国中央紙まつり」のメインイベントへと発展した。
 この書道パフォーマンスの模様をテレビで全国放送したところ高視聴率を記録した為、日本テレビも「書道ガールズ甲子園」という大会を開催するようになった。そしてついに、高校書道パフォーマンスの発祥と言われている愛媛県立三島高等学校書道部をモデルに、『書道ガールズ!! わたしたちの甲子園』という映画が日本テレビによって作られることとなった。

 それまで3~5校/回だった大会参加校が、映画が公開されてからは一気に18校にまで急増し、第3回大会では予選審査で12校に絞り込まれた。また、本選の観客が多くなることを見越して、大会側も開催場所を栄町商店街から川之江体育館に変更したが、当日には体育館に入りきれない人で溢れ返るほどの盛況ぶりとなった。ただ、川之江体育館には空調設備が無く、大会開催に相応しくないという事で、2013年からは会場を伊予三島運動公園体育館に変更となった。
 こうして、愛媛県立三島高等学校書道部員達の四国中央市の活性化の為に始めた活動が、予想を遥かに超える効果をもたらし、更には日本国内に書道ブームまで巻き起こす結果となったのである。

 ・審査方法

 参加校の募集は例年5月ごろから始まり、予選はビデオ審査、本選は実技審査で行われる。予選の審査発表は6月下旬、本選の審査結果は各校のパフォーマンス終了後に発表される。審査方法は、審査員5名程度による採点・評価で、書の美しさや演技の美しさ・躍動感が審査基準となる。

 …と、こんな経緯がありますようですねぇ~
 やはり、『書道ガールズ!! わたしたちの甲子園』という映画が、全国的な広がりに火を付けたようですねぇ~
 とにかく、何度拝見しましても「書道パフォーマンス」は実に楽しいですし、同時に感動もしてしまいますねぇ(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

12/11(日)は、久し振りに松山行きとなりました(^.-)☆(14)

01-720
02-720
01-720-555

 指差された「愛媛パコダ」の案内表示に従って進んで来たのですけど、「鎮魂」と書かれた建物に到着です。
 その建物の前には、何語か分かりません横文字で綴られました表示板(^-^;この建物が「愛媛パコダ」とでも記してありますのでしょうか…

 建物内部を覗きますと、洋風の建物にも拘わらず内部は純和風(^-^)
 一人の男性がお祈りと言うか読経中でありました(^-^)
 中には入りませんでしたけど、入りましたら良かったのかも…

 WEB上で「愛媛パゴダ」を検索してみますのですけど「愛媛パゴダ」を詳細に説明したモノは何にもありませんでしたネ(^-^;
 ただ、こんなページはありました(^.-)☆

 ◆愛媛パゴダ

 さて、指さす「愛媛パゴダ」へ進んでいると…ドーンっ!!!!! どうやらここが愛媛パゴダのようです(^-^)
 洋風??…教会???…と、ここはお遍路・石手寺、そんなわけありません。入口もなんだか洋風な感じですよね。
 壁もレンガでできているみたいですし…なんなんだろう…中に入れるみたいなので、入ってみましょう。

 おぉおおおwwwww中は外見とは違い和風wwwwwww
 調べてみると…パゴダ(pagoda) とは仏塔(ストゥーパ)を意味する英語だそうです。日本ではもっぱら、ミャンマー様式の仏塔のことを意味するみたいです。
 どんな物があるのか見てみると、1941年~1945年の4年の間続いたビルマの戦い(今のミャンマー)での
 戦没者の慰霊品などがありました…ビルマの戦いで多くの方が亡くなられたそうです。

 …と、こんな記載。
 ミャンマーで言う仏塔と言えばそぅなんでしょうし、慰霊館みたいなもんなのでしょうねぇ(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

12/17(土)は「LUXEATERふくやま2016」に出掛けて来ました(^.-)☆(5)

01-720
02-720
03-720
04-720
01-720-555555

 中央公園広場を一巡しまして、GONsanも「学びの館ローズコム」の3階へ上がってみる事に致しました(^.-)☆
 前回もそぅでしたけど、さすがに3階は大勢の皆様が訪れておられまして、結構な混雑です(^-^)

 そんな方々の隙間を見つけて、遠慮がちにガラス越しに眼下をパチリです。
 上からですと「福山城」がハッキリ分かります(^_^)v
 そして、3階では「書道パフォーマンス」の真っ最中(^.-)☆
 これまた隙間を見つけて割り込みです(^-^;

 演じておられます方達のご父兄・関係者の方々なんでしょうか…デジカメ・スマホのシャッター音が絶え間なく(^-^)
 まぁGONsanのような部外者・一般見物者もおられますでしょうから、関係者の方達ばかりでもないのでしょうけど…
 とは言いましても、演じておられますグループの出番が終了と同時に、会場内が閑散となりましたから、う~ん、やっぱり大半が関係者の皆様でしたのでしょうねぇ(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

あけまして おめでとうございます(^-^)/

WEB年賀03

 本年も宜しくお願い申し上げますm(_ _)m

12/11(日)は、久し振りに松山行きとなりました(^.-)☆(13)

01-720
02-720
01-720-55555

 ◆石手寺 三重塔

 石手寺は四国八十八箇所51番礼所であり、寺伝によれば728年に勅宣により大領・越智玉澄が伽藍を創建したという。
 特にその二王門は鎌倉期の傑作とも言われ国宝に指定されているほか、三重塔をはじめ、数多くの重要文化財を有する。

 (仏塔訪問日記)
 http://shirokokuho.shakunage.net/ishiteji.html

 この日は都合上、どうしても日帰りで決行しなければならなかったのだが、せっかく、大阪から高い高速代を払って松山市までやって来て、石手寺参拝だけで帰るのは、あまりにも勿体無い。そこで、観光コースに道後温泉本館と、松山城も加えて日帰り松山観光はなかなか充実したものになった。

 日帰り旅行のメインである三重塔に関しては、鎌倉時代後期建造と、古い仏塔が多くない四国においてはずば抜けて古い歴史を持つ。
 和様で均整の取れたその塔は、派手さは無いが、鎌倉期の仏塔の特徴をよく示しており、重要文化財でありながら、国宝クラスの名塔といえるだろう。
 ただし石手寺は、四国有数の名刹であると同時に、日本有数のB級スポットとしての裏の顔も併せ持つ。
 詳しくは『石手寺奥の院』で。
 あやしい建造物や像の数々の前では、貴重で古い歴史を持つ三重塔のほうが、逆に場違いに見えてしまった。
 四国有数の古刹である石手寺は、一体いつからこういう方向性に走ってしまったのか、なかなか興味の尽きぬところである。

 -- 初回訪問&撮影日 2011年03月28日 --

 石手寺・三重塔をWEB上で検索致しますと、↑↑こんな記載がありました(^.-)☆

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

12/17(土)は「LUXEATERふくやま2016」に出掛けて来ました(^.-)☆(4)

01-720
02-720
03-720
01-720-5555555

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

12/11(日)は、久し振りに松山行きとなりました(^.-)☆(12)

01-720
02-720
01-720-5555555

 仁王門へと続きます比較的長い回廊を抜けますと、スグ右手に存在しますのが「横谷山 地蔵院」。

 ◆「石手寺」塔頭 横谷山 東河寺 地蔵院(おうこくさん・とうがじ・じぞういん)

 本 尊:地蔵菩薩
 宗 派:真言宗 豊山派
 開 基:聖徳太子
 所在地:愛媛県松山市石手2丁目9-21

 推古天皇4年に聖徳太子が道後温泉に行啓した際、お供の葛城氏および僧・恵聡法師とともに太子に同行した恵明法師が、太子の命により横谷の山中に建立した寺院が起源。天平年間(729~50)孝謙天皇の勅願により景雲大法師によって伽藍が整備された。その後、天台宗の寺院として「地蔵院東河寺」と改め学僧の勧学道場となった。
 南北朝時代には南朝方の拠点となったため戦火により焼失。のち河野氏によって地蔵院および毘沙門堂が現在地に移転、再建されて現在に至る。毘沙門堂はのち移転し「玉善寺」の本堂となっている。
 当寺の住職は代々石手村「大山積神社」の別当職を司り、「石手寺」住職代々の隠居寺でもある。

 伊予十三仏霊場 5番札所

 …と、こんな地蔵院のようであります。
 少しだけ地蔵院にお参りし、そして仁王門。仁王門をくぐると正面に本堂。石段では巨大な五鈷杵が金色に輝いておりました(^.-)☆
 境内は観光客で一杯…と言うほどでもありません(^-^)「お遍路が少数派になってしまうのはここぐらい」と表現される方もおられましたネ(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

5/25(日)の全国高校駅伝男子…世羅高校の3連覇ならず残念でした…

01
02

 全国高校駅伝女子は、残念ながら少ししかテレビ観戦は出来ませんでしたが、午後の男子駅伝の方はズッとテレビの前でありました(^.-)☆
 が、世羅高校の3連覇ならず残念でした…2連覇もそうなんですけど、3連覇は仲々(^-^;

 それにしましても、優勝しました倉敷高校。39年連続39回出場しましてヤッと手に出来ました優勝ですから、さぞ嬉しいものと思います。
 「優勝おめでとう!!」と、声を大にして祝福の祝福をお届けしたい気持ちですネ(^.-)☆

 ◆高校駅伝39年連続出場で初 倉敷Vに勝又監督の“生活指導”

 --- 日刊ゲンダイ 2016年12月26日 ---

 男女の全国高校駅伝競走大会(京都)が25日に行われ、女子は大阪薫英女学院(大阪)が2年ぶり2回目の優勝、男子は4区でトップに立った倉敷(岡山)が初優勝。3連覇を狙った世羅(広島)は7位に終わった。ちなみに、7区間42.195キロを走る男子の優勝タイムは2時間2分34秒だった。

 岡山県内では敵なしの倉敷も、過去の最高成績は11年の2位。昨年も3位に甘んじた。全国高校駅伝に39年連続39回出場して、ついに頂点に立った勝又監督は「感無量。39回目にしてやっと優勝できたのは、温かい声援のおかげ。個人ではなくチーム一丸の勝利。総合力で勝ち取ることができた」と言った。

 ある学校関係者が言う。

 「うちの陸上部員は寮で生活しており、勝又監督は練習より生活面の指導が厳しいことで有名です。挨拶の声が小さい、寮にゴミが落ちている、玄関のスリッパが乱れていると、時には烈火のごとく怒る。駅伝は、たすきをつなぐ団体競技。常に人のことを考えて生活しろということです。大会の走りで自分が『貯金』をつくれば、後続の走者は楽になりますから。強豪校の野球部やサッカー部の合宿所を見ても、玄関の靴はどこもきれいに揃っている。監督は、心の乱れは必ず試合に影響することを選手に教え込んでいます」

 長年の生活指導が実を結んだということか。

 …と、こんな記事もありましたけど、う~ん、そぅなんですねぇ(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

12/17(土)は「LUXEATERふくやま2016」に出掛けて来ました(^.-)☆(3)

01-720
02-720
03-720
01-720-5555555

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
ギャラリー
  • 2/18(火)は、箕島の「みろく大霊園」から瀬戸内を眺望でした(^.-)☆(3)
  • 2/18(火)は、箕島の「みろく大霊園」から瀬戸内を眺望でした(^.-)☆(3)
  • 2/18(火)は、箕島の「みろく大霊園」から瀬戸内を眺望でした(^.-)☆(3)
  • 2/18(火)は、箕島の「みろく大霊園」から瀬戸内を眺望でした(^.-)☆(3)
  • 2/18(火)は、箕島の「みろく大霊園」から瀬戸内を眺望でした(^.-)☆(3)
  • 2/18(火)は、箕島の「みろく大霊園」から瀬戸内を眺望でした(^.-)☆(3)
  • 2/18(火)は、箕島の「みろく大霊園」から瀬戸内を眺望でした(^.-)☆(3)
  • 2/18(火)は、箕島の「みろく大霊園」から瀬戸内を眺望でした(^.-)☆(3)
  • 2/18(火)は、箕島の「みろく大霊園」から瀬戸内を眺望でした(^.-)☆(3)
プロフィール

 ・名前 GONsan
 ・年齢 大人
 ・性別 男子
 ・地域 広島県福山市
 ・星座 牡牛座


GONsan's ホームページ 「日本全国通過旅」


Since '00/04/19  ブログパーツUL5




↓ 何となく笑えます(^.-)☆








↓ 落書きですけど、お上手ですネ(^_^)v









↓ 今は亡きGON子です

お天気ノート


  • ライブドアブログ