GONsanの“気まぐれ独り言”


GONsanがこよなく愛します芦田川には、こんなおばけフナが生息しております(^.-)☆



 これは、夕方、ゴンchanと散策時の芦田川河川敷の一コマなんです。
 何でもない景観ですけど、芦田川近くに暮らしていますGONsanですから、こんな景観に心は癒やされます。
 これでもか、これでもかと、芦田川の景観を飽きもせず撮り続けておりますが、今からも、これからも、ズッと撮り続けて行きます事でしょうネ(^-^)/

2018年「水呑学区あれあい文化祭」(^.-)☆(11)

01-720
02-720
03-720
04-720
02-720-555

 体育館内には、皆様の力作が並んでおりまして、それなりに見応えがありました(^_^)v
 嫁さんの作品も並んでおりましたから、暫し注視(^.-)☆
 ですが、何にも言っておりませんでしたから、危うく見落とすところでありました。
 たまたま覗き込みまして、お名前を確認しましたら嫁さんでしたから、少しビックリ(^-^)本当に見落とすところでありました(^-^;

 書道にしても絵画にしましても、こんなに描けますと楽しいでしょうねぇ~
 GONsanなんぞは、こうしたセンスは全く持ち合わせておりませんから、ただただ感心しますのみ。と同時に、羨ましさも生じます(^.-)☆

 皆さん、イィご趣味をお持ちですネ(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

2018年「水呑学区あれあい文化祭」(^.-)☆(10)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
02-720-555

 浜貝塚での説明を聴き終えますと、次は「札場跡」「大法界石」に到着です。
 ここでもまた、岩田sanから詳しいお話が…依然として、大変話し上手な岩田さんであります。
 史跡巡りは、一応、この「大法界石」でオシマイです(^.-)☆

 ここからは、スタート地点の井上記念館に戻りまして、ここで解散。スタート時とは一変し結構賑わっておりました。
 時間を確認しますと、A.M.11:46でしたから、約2時間弱の今回の史跡巡りとなりました。
 それでは今から、水呑小学校校庭に行ってみたいと思います。
 ステージでは歌謡ショーが開催です。

 どなたか存知あげませんのでプログラムを確認しますと『Singer Oto』sanでありました(^_^)v
 『Singer Oto』sanと言われましても、一層、存知あげません。早速、WEB上で検索です。すると、こんな記載が…

 ◆Singer Oto (@oto.nyanko)

 広島県出身。4歳からクラシックピアノ、10歳からフルートを始める。現在福山市を拠点に歌手となる。J-pop、アニソン、歌謡曲、よさこいなど幅広いジャンルを歌う。
 2017.7/29♪1stMCタカラモノ発売2018.2.11♪2ndMCDance on the Beach発売

 ふ~ん、Singer Oto san は福山市のご出身なのでしょうか…
 暫し拝聴の後、今度は体育館内に展示の作品展を拝見しますことに。

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

2018年「水呑学区あれあい文化祭」(^.-)☆(9)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
01-720-555

 豊年橋の次は、一つ上手に存在します安政橋に到着です。創設は「安政元年」ですから「豊年橋」より1年前となりますネ(^.-)☆
 豊年橋の方が古いのかと思っておりましたら、安政橋の方が古いようです。知りませんでした(^-^;
 当時は、この橋が架けられまして豊年橋同様に、地域の皆様にとられましては、大変便利になったものと思います。

 安政橋の一つ上手には、今年、また一つ橋が架かりました。出来たばかりですけど、これは現代人のGONsan達が多少便利となりました。

 次は、水呑郵便局跡。
 そぅでしたネ、ここには、GONsanが小学生時代には郵便局が存在しました。次第に記憶から消えつつありますけど、う~ん、郵便局がありましたねぇ~
 そして、スグ近くに『浜貝塚』が。
 WEB上で「浜貝塚」を検索致しますと、こんな記載が…

 ◆水呑町の洗谷・浜貝塚(縄文早期の可能性はあるか?)

 ①貝塚の説明看板新設計画

 私が住んでいる福山市水呑町には、縄文貝塚遺跡の洗谷貝塚と浜貝塚がある。浜貝塚の東側は現在住宅地となり海から遠ざかっているが、江戸時代までは瀬戸内海と接する海岸線に立地していた。
 浜兩貝塚は昭和八年七月、水呑小学校の橘高武夫先生によって同一時期に発見された。最初の発掘調査は同月の三十日と三十一日、浜貝塚が同日に実施された珍しい貝塚である。
 発掘の成果は、浜貝塚から出土した土器が縄文後期と晩期が多かったことから縄文後期の貝塚と認定されてきた。貝塚の発見が他の遺跡と比較して遅かったためか、話題となる新発見や特徴も見当たらず、文化遺産としての評価が低かったためか史跡としての指定も行われず、説明看板も設置されるに至らなかった。
 説明看板の無いことを打開しようと、水呑町の民俗保存部会では本年度に看板の予算を計上し秋の文化祭までに完成させるよう計画された。そうした経緯から私に対して、貝塚関係記録の収集と分散遺物の調査並びに資料作製の支援要請があった。

 ②浜貝塚の縄文土器鑑定

 平成二十一年六月二十七日・二十八日の両日、東広島市の廣島大学構内文学研究棟において、「中四国縄文研究会二十周年記念大会。第二回西日本縄文文化研究会・環瀬戸内地域の打製石器石材利用」が、中四国縄文研究会。関西縄文文化研究会・九州縄文研究会によって合同開催された。
 大会の準備を進められたのは、洗谷貝塚の「集積遺構」から、中・四国地方の縄文後期の石器製作技術を解明され、洗谷型剥片剥離技術を学界に発表された廣島大学の竹広文明教授である。日本を代表される縄文文化研究の大家の集まりなので、私も大会に参加し浜貝塚の縄文土器の鑑定を行って頂けたら好都合と、願望を秘め竹広教授には無理は承知で大会に参加させていただいた。
 大会二日目の二十八日午後、第二部の合同討論シンポジューム「環瀬戸内地域の打製石器石材利用をめぐって」が開催されシンポジュームの司会を、京都大学の千葉豊教授と小南裕一教授が行われた。
 大会終了後同会場で、私が持参した土器の鑑定を司会された千葉教授にお願いしたところ快く引受けて頂いた。鑑定の結果は縄文時代後期・晩期の土器以外に、「縄文時代前期の磯の森式土器剥片十一個と、縄文時代中期の里木式土器剥片三個」があると鑑定していただいた。私が内心想定していた通り、浜貝塚は約六千年も以前から縄文人が定住していたことが明らかになった。
 浜貝塚の中心部は、江戸時代から鞆福山街道となっていたらしく、周辺地は宅地変更が早くから行われると同時に、江戸時代後期になると宏大な新田開発のため貝塚破壊は進行し貝塚の境域は不詳となった。浜貝塚の周辺地においては洗谷貝塚と同様、縄文早期土器の出土の可能性も夢ではなくなった。 

 …と、こんな記載でありまして、水呑のこの地区には約六千年も以前から縄文人が定住していたことが判明とはチョッと感激ですけど、6,000年も昔とはあまりにも大昔過ぎて想像すら出来ません(^-^;
 ですが、何となく感激しますGONsanなのであります(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

2018年「水呑学区あれあい文化祭」(^.-)☆(8)

01-720
02-720
03-720
04-72006-720
05-720
01-720-555

 鉄橋跡を去りますと、次は中村町内会の集会所横の「豊年橋」に到着です(^.-)☆
 豊年橋は、安政2年の大豊作を祝って創られ「豊年橋」と命名されましたとか…でも、安政2年と言われましても西暦でなくてはよく分かりません(^-^;
 西暦では、安政2年は1855年のようですネ。と言う事は、確かに、今から163年も昔となりますねぇ~

 当時は、この橋が創られますまでは、水呑川を渡りますのに「うつみやストア」sanまで大廻りしなくてはなりませんから、豊年橋の新設は随分便利に感じられたものと思います。
 今では小さな橋としか思えませんけど、当時は大変便利で住民の皆様には有難い存在でしたのでしょうねぇ~
 近いうちに、道路拡幅により橋も架け替えられると聴いていますけど、いつになりますのでしょうネ…

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

2018年「水呑学区あれあい文化祭」(^.-)☆(7)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
01-720-555

 今回の史跡巡りでご案内頂きましたのは、鍛冶屋町内会の岩田san。仲々ご説明・話し方がお上手です。
 どのようにしてこんな話法を身に付けられましたのか、機会がありましたらお尋ねしよう…と思っていましたけど、う~ん、残念ながらそんな機会はありませんでしたネ。
 鍛冶屋公園と「南新田唐樋門の石」の説明が終わりますと、水呑川土手沿いを「鞆鉄道の鉄橋跡」へ。
 鞆鉄道は、GONsanが幼稚園児まで走っていましたのですけどねぇ(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

今日から12/25まで「LUXEATER 2018」の開催ですネ(^.-)☆

01-720
02-720
03

 う~ん、今夜から12/25まで「LUXEATER 2018」の開催ですネ(^.-)☆スッカリ忘れておりました。
 これも、気が向きましたら出掛けてみましょうか(^-^)//"

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

明日・日曜日は、笠岡の干拓地で航空ショーの開催ですか…

01-720

 これは、今朝の中国新聞の記事ですけど、ふ~ん、明日・日曜日は笠岡ふれあい空港で『大空と大地のカーニバル』の開催ですか…
 明日の天候はどぅなんでしょうねぇ~
 温かそうで気が向きましたら、出掛けてみましょうか…
 ここ数日、勤務の方で疲労気味のGONsanですから、自宅でノンビリと過ごしたい気持ちもあるのですけど…気晴らしに出掛けてみたい気も致しますし…

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

2018年「水呑学区あれあい文化祭」(^.-)☆(6)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
07-720
08-720
01-720-555

 松尾神社とお別れしますと、次は「大覚堂」に向かいます。日蓮宗の「大覚大僧正」を慕って明治16年に法塔を、そして大正10年にお堂が建立されましたようですネ(^.-)☆
 窓ガラス越しに見えます法塔が仲々ユニークですネ(^-^)/
 大覚堂を後にしますと、鍛冶屋公園と「南新田唐樋門の石」に向かいます。

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

2018年「水呑学区あれあい文化祭」(^.-)☆(5)

01-720

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

2018年「水呑学区あれあい文化祭」(^.-)☆(4)

01-720
02-720
03-720
04-720
05-720
06-720
02-720-555

 松尾神社にと到着しますと、まずは眼が向きますのが神社に隣接のこのお宅(^.-)☆
 いゃぁ、凄い状況ですねぇ~障子が破れたまま…と言う事は、ひょっとしたら空き家なのかも…

GONsan のホームページ ↓
日本全国通過旅 (http://gon.mbsrv.net/)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
ギャラリー
  • 大空と大地のカーニバル2018(^.-)☆(2)
  • 大空と大地のカーニバル2018(^.-)☆(2)
  • 大空と大地のカーニバル2018(^.-)☆(2)
  • 大空と大地のカーニバル2018(^.-)☆(2)
  • 大空と大地のカーニバル2018(^.-)☆(2)
  • 大空と大地のカーニバル2018(^.-)☆(2)
  • 大空と大地のカーニバル2018(^.-)☆(2)
  • 大空と大地のカーニバル2018(^.-)☆(2)
  • 大空と大地のカーニバル2018(^.-)☆(1)
プロフィール

 ・名前 GONsan
 ・年齢 大人
 ・性別 男子
 ・地域 広島県福山市
 ・星座 牡牛座


GONsan's ホームページ 「日本全国通過旅」


Since '00/04/19   ブログパーツUL5




↓ 何となく笑えます(^.-)☆

















↓ 今は亡きGON子です



  • ライブドアブログ